ナオキ スギヤマ

こんにちは。スギヤマです。2018.5月から愛知県の知多半島で「とるたべる」という農園…

ナオキ スギヤマ

こんにちは。スギヤマです。2018.5月から愛知県の知多半島で「とるたべる」という農園をやらせてもらっています。畑のおもしろさ、おいしさを掘り起こしたい人です。

最近の記事

  • 固定された記事

「こんにちは、"とるたべる"です。」

こんにちは、スギヤマです。 「とるたべる」という農園を運営させてもらっています。愛知県の南知多町でいわゆる「無農薬、露地野菜、多品目栽培」という形での野菜づくりを行っています。 もともとは「畑の魅力をみんなに伝えたい」という気持ちで「農業体験」をメインに企画する「イベント屋さん」みたいなことをしていました。それで「とるたべる」という不思議な農園名がついているんですね。 「農業のすばらしさを伝えたい!」   ↓ 「でも農業で食べていくのは大変だ!」   ↓ 「農業をコンテ

    • 「堆肥舎をたてるよ!」簡易バージョン(前編)。

      こんにちは、とるたべるのスギヤマです。 堆肥舎を建てます。 今年の始め頃から取り組み始めた生ゴミコンポストのリサイクルコミュニティ"YACYCLE"(やさいくる)。こちらも循環が始まり、みんなからの一次処理品や、交換用の床材など、いよいよ仕込みの量が増えてきました。手狭なところではやりきれなくなり、ようやく重い腰を上げて「あー!もうつくろう!欲しい!」となりました。 ぼく自身は、なんとかかろうじて自分でビニールハウスを建てることができるくらいで、こうした「設計」みたいな

      • 「コンポスト。ゴミを循環の環(わ)にもどす。」

        こんにちは、スギヤマです。 こんど、「コンポスト」についてお話をしに行きます。場所は幸田町。ステキなレストランのモノローグさんへ。 「コンポスト」系の環境的なお話は好物なのですが、今回、中心で話したいのは、「ゴミを減らそう」という感じのものではなくて、「ゴミをみんなで循環しよう」という部分。 「コミュニティで、資源を循環できる」という部分が大好きな取り組みです。 もともと、何かを「消費する」という感覚があまり好きでなく。農薬やビニールマルチ、肥料や交雑種子などをあまり

        • 野菜とのキャッチボール

          にんじんの芽が少しずつ出てきました。 にんじんは発芽がむずかしくて、ここが揃うかどうかがとにかく大切で。 ちょっとだけ出てくれましたが、まだ“揃う”という感じではないのが心配。 今年は播種機がこわれ、手蒔き。種とりしたもの、ということもあって、余計に揃いが悪いんだろうな。 これから揃ってくるのか、はたまた蒔き直しなのか。少し様子を見ながらの判断です。寒くなる前に、揃えていきたいな。 ピーマンがあからんできました。 樹の熟成期。本当は長くとりたかったけれど、スタート

        • 固定された記事

        「こんにちは、"とるたべる"です。」

          23.8.11「今日の夏野菜セット」

          こんにちは、とるたべるのスギヤマです! いよいよ夏野菜セットが本格的になってきました。 現在、出荷上限に余裕がある状態ですので、スポット配送も可能です。ぜひこの機会にお手にとっていただけたらうれしいです。 夏の貴重な葉物野菜のひとつです。暑さと日照りに強く、無肥料、無給水で少しずつ大きくなってきてくれました。独特の香りとぬるぬるな食感がおもしろい、栄養たっぷりのお野菜で、おひたしや汁ものに向きます。環境負荷の少ない不耕起での栽培になります。 こちらも不耕起栽培で育ってく

          23.8.11「今日の夏野菜セット」

          堆肥づくりワークショップの開催

          はたけ会議、悲願の堆肥小屋が完成しました! 手掛けたのはtoricafeギャラリーも担当していただいている佐藤さん。(大好きです。)「単管パイプを組んだシンプルなつくりでお願いします。」と簡単にお願いしたつもりが、さすがプロ。枠組みはパイプでシンプルに作ってもらいましたが、肉付けはしっかり国産天然木にこだわった造りに。めちゃくちゃかっこいいです。佐藤さん、ありがとうございます!! このかっこいい堆肥小屋を活用すべく、堆肥仕込みのワークショップを開催します。今回はメンバーさ

          堆肥づくりワークショップの開催

          「恋人とデートを楽しむ感覚。」

          オクラとナスがたくさん採れはじめた。 オクラは数年続けている自家採種。前半いまのところうまくいっていて、少し嬉しい。去年は草だらけでめちゃくちゃ苦労したので、今年は成長を実感。タネを繋いで、経年で結果が良くなるというのは、やっぱり嬉しい。 ナスは、今までほとんど上手に作ってこれなかったのだけれど、いまのところ順調。 無肥料なので、後半9月頃にかけて徐々に安定していってくれると良いな。いまは木をつくるために、果実は摘果していっている。お漬けものにでもして食べよう。 **

          「恋人とデートを楽しむ感覚。」

          「アイガモン」

          後手に後手に。 「梅雨が来る前に、畑仕事だけでも終わらせとかなきゃ!」 田んぼの初期除草が大切なのは重々承知しつつも、見て見ぬ振りをして。 ジャガイモの収穫 タマネギの収穫 ニンニクの収穫 ラッキョウの収穫 夏野菜の植え付け 草刈り、草刈り、草刈り、、、 と、「雨が降る前に…!!」と、他のことをしているうちに、なんだかんだと過ぎ去っていってしまった、、。「6月」…。また来年会いましょう。 今年もほぼ「から梅雨」。ほとんど雨も降らずに、「梅雨入り」って感じがしない年で

          「畑に西野さん。」

          4/24。畑に西野さんが来てくれます。 3年ほど前。名古屋でシェア畑を始めた頃から、ずっと追いかけてる人のひとり。自分の中では「テレビの人」「本の人」。いわゆる「向こう側の人」として認識していた人。 それが前回の飲み会でたくさんお話させてもらう中で、「ぜひまた名古屋で!」と言ってくれて。「BBQやりましょ、BBQ!」 すかさず「畑で!畑でやっていいですか!!」となった自分。「いいじゃないですか、畑!」となり、今回の企画に。大好きな人が、大好な場所に来てくれる。なんとも幸

          「畑に西野さん。」

          「ポテチの道は畝立てから」

          はたけ会議2023の第一回目の全体作業日でした。 2組の新メンバーさんと、2人の見学者さんが来てくれて、にぎやかなはたけ風景となりました。 今日のメイン作業はじゃがいもの定植(ていしょく)。 種イモは事前にメンバーさんがカットしておいてくれたものを使います。 今回の種イモは「男爵」と「とうや」と「キタアカリ」。3種類を100kg購入しました。 愛知県では、じゃがいもは1年に2回育てることができます。前回の夏に植えた時は種イモのカットをしませんでしたが、春じゃがいもは

          「ポテチの道は畝立てから」

          「はたけ会議2023」のメンバー募集をはじめます。

          はたけ会議、4年目となる2023年のメンバー募集を開始します。 今年で4年目となるはたけ会議。 名古屋で飲食店を営む"toricafe"の岡田シェフと、知多半島で農家をしている、"とるたべる"のスギヤマの二人で運営をしています。 岡田シェフの 「なんか、名古屋の畑でおもろいことしたいから手伝ってよ。」 に対して、スギヤマの 「イイっすね、やりましょう!」 という、"無茶ぶり"と"安請け合い"からスタートしたこのはたけ会議。 もともと、自らが運営するイタリアンレスト

          「はたけ会議2023」のメンバー募集をはじめます。

          ビニールマルチをやめてみて、グッときたことの1つ。

          今年あたりから、「ビニールマルチ」を使っての栽培をほとんどやめてみました。 今までは基本的にビニールマルチありきでの栽培をしてきたので、かなり手探りしながらの挑戦なんですが、この真夏に差し掛かって、予想以上に「マルチ無し栽培」にしっくりきています。 圧倒的な保湿、保水力 何よりも「良いなぁ」「たまらなんなぁ」とにやけてしまうのが、「保水力」と「保湿力」。 このカンカン照りのクソ暑い毎日でも、畑を歩くと、服がビッチョリ濡れるほどに畑が水分を持っています。 これからの食

          ビニールマルチをやめてみて、グッときたことの1つ。

          「耕しつつ、野菜つくりつつ、徐々に、ゆっくり仲良くなってく」

          耕した。 「ほとんど畑を耕さない」と決めたのだけれど、こちらは、それとはまた別の畑。借りて間もない、まだ未熟な畑。なかなか時間をとってあげられないので、現状維持をしつつ、草刈りや耕うんをこなしながら様子を見ている。もう、借りてから2年ほどが経つけれど、なかなかクセがつかめない。むずかしい畑。 耕している途中に、タイヤがパンクした。またや。このトラクタで3回目。後輪、後輪と来て、次は前輪。とてもゴムが傷んでいるみたい。畑の深いところにハマり、抜け出すときに、タイヤが外れてチ

          「耕しつつ、野菜つくりつつ、徐々に、ゆっくり仲良くなってく」

          「いつもありがとう!」って言いたかっただけの長文。

          はたけ仲間。友だちとも、お客さんとも、ちょっと違う。「畑」や「野菜」を中心として、人生の一部を共有しているような、パートナーのような存在。畑の「苦しい」部分を一緒に楽しんでくれる。とっても貴重な存在。 今日も、遠くから、めちゃくちゃに暑い中、かぼちゃのネットをはがす作業や、じゃがいもの選別なんかを手伝ってくれた。報酬は、無い。一緒に過ごす時間だったり、畑での作業だったり、お昼ごはんだったりするのかもしれない。 ぼくたちの畑のあり方は、本当にお客さんたちに助けられて、支えら

          「いつもありがとう!」って言いたかっただけの長文。

          「自分のコントロールから、はなれた畑。」

          toricafe の岡田シェフと共同主催している、名古屋のシェア農園「はたけ会議」の全体作業日でした。 暑かったこともあり、一緒に動けたメンバーは、いつもよりちょっと少なめ。暑さに負けない猛者たちが集まりました。今年で2年目のもち米田植えチームと、畑での草刈りチーム。午後からは自分を入れての3人で居残り自主練。果菜苗(ピーマン、パプリカ、ナス)の定植タイムでした。 改めてなんですが、「はたけ会議」、やっぱりめちゃくちゃに素敵な場所です。野菜をつくるための畑、としてももちろ

          「自分のコントロールから、はなれた畑。」

          「こんな畑づくりはオススメしない。」その1

          「こんな畑づくりはオススメしない。」 その1「ビニールマルチを使わない」 「ビニールマルチ」。農業をやる上での、最強アイテムのひとつです。畑でよく見る、黒いビニールで、よく畝づくりに使います。 効果はその名の通り「万能」で、あらゆるメリットがあります。 ・保湿 ・保温 ・病害予防 などに効果がありますが、最大のメリットは、おそらく「雑草防除」。 この高温多湿のアジア特有の気候は、とにかく「雑草」がすごい。 種を蒔いても、苗を植えても、果樹を植え付けても、田植えをし

          「こんな畑づくりはオススメしない。」その1