Naoko Tanijiri 谷尻直子

料理家 / HITOTEMA主宰 ファッションのスタイリストとして活動した後 食の世界に軸を移し活動を開始。 渋谷区代々木上原にある「HITOTEMA」という予約制レストランを運営し、 食や器を中心としたライフスタイルに関わるプロジェクトを行う。 www.hai-ilo.com

Naoko Tanijiri 谷尻直子

料理家 / HITOTEMA主宰 ファッションのスタイリストとして活動した後 食の世界に軸を移し活動を開始。 渋谷区代々木上原にある「HITOTEMA」という予約制レストランを運営し、 食や器を中心としたライフスタイルに関わるプロジェクトを行う。 www.hai-ilo.com

    マガジン

    • HITOTEMA倶楽部

      「HITOTEMA」は、渋谷区にある週一回のみオープンするレストラン。レシピ本やホームパーティと違って、お店というのはお食事代金を頂きます。それはたいへん緊張感のあることですが、これまで6年半、なんとか営んで参りました。そんな変わった業態でお店を続けてきた中で、お客様からお褒め頂いたレシピを公開致します。仕事のみならず一方では、一児の母として、多忙な夫と暮らす妻として、家族とのリアルな日常があります。レストランで作るメニューのほか、少しチカラを抜き、効率も重視したレシピが「谷尻家の食卓」。“全部手づくりしたいけどそうもいかない。けれど添加物はなるべく避けたい”そんな方へ向けてお届けしていきます。内容カテゴリーは5つ。 1:HITOTEMAのレシピ公開(月に2品以上)、2:谷尻家の食卓、3:役立つ子育ての知恵と工夫、4:日々をしなやかに、あるがままに生きるためのコツ、5:旅のtips

    ストア

    • 商品の画像

      HITOTEMAのひとてま第二幕

      English follows : 1冊目から2年が経過し、2021年に2冊目を刊行。この2年間に2000名ほどのお客様にお店にお越し頂き、そこでお出ししたメニューの中で50品目程度をチョイス。2014年から続くHITOTEMAのコンセプトである「現代版おふくろ料理」醤油や味醂、味噌などの日本の昔ながらの調味料を主軸にしたメニューに、薬膳や植物療法などの国内外の知恵をふんだんに取り入れたレシピで構成。巻頭巻末やそれぞれのページにおける言葉は、読み物としても。贈り物の場合リボン掛けを致しますのでお知らせください。〈送料について〉通常ゆうパケットにて発送しております。価格370円うち、300円お客様ご負担となります。〈HITOTEMA公式サイト購入特典〉・サインご希望の方はその旨ご記入ください。発送日をお伝えの上、発送を行います。+++++++This is a bilingual photo recipe book, under the concept of Japanese home- cooking, using soy- source, MISO, SAKE those kind of traditional Japanese seasoning and ingredients, we added some knowledge& idea to making a cook to find easy and tasty way. It's written in English& Japanese. If you want to purchase it in your country, you can pay through paypal. then we can send it to your country.let us know your e-mail add and then we will send an invoice.Thank you.
      ¥4,180
      HITOTEMA
    • 商品の画像

      HITOTEMAのひとてま

      English follows: レストラン「HITOTEMA」で人気の55品のレシピを日英両表記で紹介。新しいけれど懐かしい「現代版おふくろ料理」をコンセプトに、昔ながらのお醤油やお味噌を主に使用しつつ、現代ならではの知恵と工夫、そして海外由来のエッセンスを少し加えて飽きない食卓を目指してきたHITOTEMA。延べ4000人のお客さまにお食事を召し上がっていただいた経験をもとにレシピ構築。「ヒトテマ」は「一手間かけましょう」ではなく「一手間しかかけなくていい」そんな、家庭でも繰り返し作れるシンプルな原材料とシンプルな工程、素朴の美しさを切り取った一冊です。〈送料について〉1冊の場合、通常ゆうパケットで発送しております。費用370円のところ、300円ご負担頂いております。〈HITOTEMA公式サイト特典〉ご希望の方にサイン入りでお送りしています。その旨ご記入ください。発送日をお伝えの後、発送を行います。+++++++HITOTEMA NO HITOTEMA : Hitotema means one small touch. one touch makes big difference in your life, not two ( too much ) not zero, but one.we show off 55 recipes made of one Japanese mother Naoko Tanijiri, who are from Tokyo Japan. It's written in English & Japanese both. If you want to purchase it from overseas, we can send an invoice through e-mail and you can pay through paypal.
      ¥4,180
      HITOTEMA
    • 商品の画像

      HITOTEMA tote bag

      English follows : 野菜も、飲料や調味料のボトルもばっちり入る、大きめサイズのトートバッグです。しっかりしたコットン100%の生地は、洗える素材。手持ちはもちろん、肩掛けもしやすい取っ手が一体型になったシンプル構造。内ポケットは、スマートフォンやお財布が入るサイズでバッグの中で行方不明になる心配がありません。使わないときは、内ポケットにバッグ全体を収納できるポータブル仕様。HITOTEMAオリジナルデザインのレタリング。"Remember you are loved."「愛されていることを忘れないで」〈送料について〉1点の場合は通常ゆうパケットで発送しております。370円のうち、200円お客様ご負担となります。+++++++our original cotton tote bag, It's packable.There is small pocket inside to put your mobile or the wallet.
      ¥2,200
      HITOTEMA

    ウィジェット

    • 商品の画像

      HITOTEMAのひとてま第二幕

      English follows : 1冊目から2年が経過し、2021年に2冊目を刊行。この2年間に2000名ほどのお客様にお店にお越し頂き、そこでお出ししたメニューの中で50品目程度をチョイス。2014年から続くHITOTEMAのコンセプトである「現代版おふくろ料理」醤油や味醂、味噌などの日本の昔ながらの調味料を主軸にしたメニューに、薬膳や植物療法などの国内外の知恵をふんだんに取り入れたレシピで構成。巻頭巻末やそれぞれのページにおける言葉は、読み物としても。贈り物の場合リボン掛けを致しますのでお知らせください。〈送料について〉通常ゆうパケットにて発送しております。価格370円うち、300円お客様ご負担となります。〈HITOTEMA公式サイト購入特典〉・サインご希望の方はその旨ご記入ください。発送日をお伝えの上、発送を行います。+++++++This is a bilingual photo recipe book, under the concept of Japanese home- cooking, using soy- source, MISO, SAKE those kind of traditional Japanese seasoning and ingredients, we added some knowledge& idea to making a cook to find easy and tasty way. It's written in English& Japanese. If you want to purchase it in your country, you can pay through paypal. then we can send it to your country.let us know your e-mail add and then we will send an invoice.Thank you.
      ¥4,180
      HITOTEMA
    • 商品の画像

      HITOTEMAのひとてま

      English follows: レストラン「HITOTEMA」で人気の55品のレシピを日英両表記で紹介。新しいけれど懐かしい「現代版おふくろ料理」をコンセプトに、昔ながらのお醤油やお味噌を主に使用しつつ、現代ならではの知恵と工夫、そして海外由来のエッセンスを少し加えて飽きない食卓を目指してきたHITOTEMA。延べ4000人のお客さまにお食事を召し上がっていただいた経験をもとにレシピ構築。「ヒトテマ」は「一手間かけましょう」ではなく「一手間しかかけなくていい」そんな、家庭でも繰り返し作れるシンプルな原材料とシンプルな工程、素朴の美しさを切り取った一冊です。〈送料について〉1冊の場合、通常ゆうパケットで発送しております。費用370円のところ、300円ご負担頂いております。〈HITOTEMA公式サイト特典〉ご希望の方にサイン入りでお送りしています。その旨ご記入ください。発送日をお伝えの後、発送を行います。+++++++HITOTEMA NO HITOTEMA : Hitotema means one small touch. one touch makes big difference in your life, not two ( too much ) not zero, but one.we show off 55 recipes made of one Japanese mother Naoko Tanijiri, who are from Tokyo Japan. It's written in English & Japanese both. If you want to purchase it from overseas, we can send an invoice through e-mail and you can pay through paypal.
      ¥4,180
      HITOTEMA
    • 商品の画像

      HITOTEMA tote bag

      English follows : 野菜も、飲料や調味料のボトルもばっちり入る、大きめサイズのトートバッグです。しっかりしたコットン100%の生地は、洗える素材。手持ちはもちろん、肩掛けもしやすい取っ手が一体型になったシンプル構造。内ポケットは、スマートフォンやお財布が入るサイズでバッグの中で行方不明になる心配がありません。使わないときは、内ポケットにバッグ全体を収納できるポータブル仕様。HITOTEMAオリジナルデザインのレタリング。"Remember you are loved."「愛されていることを忘れないで」〈送料について〉1点の場合は通常ゆうパケットで発送しております。370円のうち、200円お客様ご負担となります。+++++++our original cotton tote bag, It's packable.There is small pocket inside to put your mobile or the wallet.
      ¥2,200
      HITOTEMA
    • もっとみる

    最近の記事

    お客様とお店

    お客様にも、お店側にもそれぞれの正義がある。 「あれれ?ものすごく態度の悪い方だなぁ!」と思ったら、単純にその日4時起きで、疲れが急にでてしまっただけ、という事実があったり。 突っ込む人は「それを大人なら態度にだすなよー」と突っ込むかもしれない。でも、プライベートの時間なんだもの、それは望めないことだよね! 食事の提供が遅れる。稚拙な接客だ、ワインについて知らないのに言わされている感じでプロフェッショナルを感じない。美人だけど出し方が雑で愛を感じない、などなど。お客様側

      • ランジェリー

        見た目で判断してはいけない。 それは一理二理、あると思います。 資産家の方が必ずしも良い車や、良い時計を身につけている訳ではない。 ただ、お部屋が汚いのが苦手です。 全てのものはシンメトリーに並んでいて欲しいし、 クッションやソファーがシミだらけなのも、 あまり心地が良くありません。 ラグジュアリーというのは、 清潔感。 主人の住んでいた広島の長屋は、狭かったけど、おばあちゃんがいつも手入れをして、清潔だったと言います。 御手洗いもぴかぴかで、床掃除も毎日だったと。

        • 年末に向けての食品整理整頓のすすめ!

          年末に向けて、そろそろ、冷蔵庫の中、 食材ストック棚を整理整頓していきませんか?(一緒にやろう!) まずは、余りがちなアイテム 「ゆずこしょう」 「マスタード」 「ドライフルーツ」 「お茶系」 順番にやっつけていきましょう〜。 第一弾は最近ぐん!と美味しくなってきた旬のりんごと、買ったもののそのまま時間だけが経過してしまったドライフルーツを使ったメニューを一品ご紹介します。 かかる時間は材料カットから完成までで25分位。 材料カット5分 計量3分 煮込み 20分

          • 味が濃いものがすき、と言う人に

            なぜ味付けを濃くしてしまうのか。 それはずばり!旨味が少ないから。 塩や醤油、味噌や砂糖が足りないのではなく、本当は「旨味」が足りない。 なのに、旨味を出す行為や、旨味のある調味料を用意するのを省いてしまう場合に、この様なことが起こる。 味付けを濃くすると、太る。 塩辛ければ、甘いものを求める。 そうして「しょっぱい甘い」「しょっぱい甘い」の繰り返しをしてしまう。 何か足りないな、というのには 塩や醤油、味噌や砂糖ではない「旨味」「風味」を補う方法を行うのが正しいこ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • HITOTEMA倶楽部
            Naoko Tanijiri 谷尻直子
            ¥980 / 月
          • Leggiero(レジェロ)|レシピ監修者谷尻直…
          • 【ヒトテマの屋上菜園】 01.プランターと土
          • 【ヒトテマの屋上菜園】 02.在来種の種蒔き
          • 【ヒトテマの屋上菜園】 03.苗の間引き
          • 【ヒトテマの屋上菜園】 04.冬野菜の収穫

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            2022年12月のHITOTEMA お献立 先行公開

            11月ももう後半。 11月は、いくらが登場し、牡蠣も美味しくなって、 柑橘が沢山顔をだしてきたので、 みかんと麹、氷のみで作り上げるウェルカムドリンクや、天然かんぱちを玉葱醤油で召し上がって頂くなど、少し他では無いようなものをと工夫しつつ、奇をてらわないように、伝統的な調味料、調理法を大切に考えながら支度をした。 来月の献立を考えており、まだ試作段階なので変更もあるが、 ここnoteで先に公開したい。 読者の皆さま、楽しんで頂けたら嬉しいです。

            年末に向けてミニマライズ

            みなさん。こんにちは! 11月になりました。 あと、残り二ヶ月を切りましたね。 年末というと、クリスマスや大晦日、新年の年越しなど、 エキサイティングで 楽しいイベントも目白押しですが、 大掃除や断捨離など、厳しくもその後心地良い「筋トレ」のようなイベントも目白押しです。 さて、私は食の仕事をしておりますので、 食の断捨離を今月から行っていきたいと考えています。 ストック棚に入れるだけ入れておいて 「そのまま放置系」の食材、調味料、お酒、ありませんか? その辺を今月来

            好きでいてもらえる自分を作りあげる

            夫婦関係について 仕事ができて優しい夫なので、 相対的に素敵な旦那さんを持ったなと思っている。 なので、旦那さんに好かれたいと思っている。

            仕事を増やす人減らす人

            下手にアルバイトさんを増やすと、仕事は減らず、むしろ増える。 できる人が起用できれば、 仕事は広がる。 つまり仕事は決して減らないんだけどね。 仕事ができるということは 発想力があること と 表現力があること その2つ。 表現力に含まれるのは更に2つ。 「作る技術」と「伝える力」。 まとめると、 発想力と表現力があり、人にどんどん会って自分の特徴を伝えることが出来れば好きな仕事で生きていけるんだと思う。 ある人はこういった。 やりたいことが明確な人よりも、「や

            今月のHITOTEMA

            いつもHITOTEMAでは、開店当初から作り続けている麻婆豆腐以外に、1品メインを選べるように心がけている。

            人疲れに気がつこう。協調性ばかりが良いことではない。

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            歳をとるという事

            年齢を重ねることに、 柔らかく優しくなりたい。 最近の気づきは、女性の歳の取り方について。 昔は、自由奔放な態度や、毒舌、多少の荒い言葉遣いが「少女のような放漫さ」となって、可愛いく思えた。 ただ、年齢重ねてそれをやってしまうと、 「オバチャンのような図太さ」 になってしまうから、気をつけないといけないなと思った。 大人になるごとに、食事中の声は小さくしないといけないなとも思うし、 タクシーの中でタクシーの運転手さんがまるで居ないかのように大声で噂話をするのも心地が悪

            いまとこれから

            今、どこにいるのか、 以前、どこにいたのか、 これから、どこにいきたいのか、 そんな金曜日でした。

            献立の組み方 私のスタイル

            玉ネギと柑橘のドレッシング 

            9月の銀杏使いについて

            朝晩は涼しくなり、秋を感じる。 ゴーヤやとうもろこしの値段が上がった。メロンがいなくなった。 その代わりに 先週までなかった銀杏が、八百屋さんにようやく並ぶようになった。 今日は、見つけたのが嬉しくて、 銀杏ご飯、または蟹と銀杏のご飯にしようと思う。 面倒な銀杏だけど、これを使うとほとんど力を入れず、銀杏のサイズも関係なく簡単に剥けてとてもいい。 おすすめ銀杏剥き ↑銀杏を挟んでにぎるだけ

            成功ってなんでしょう?スタッフの女の子に答えたこと。

            成功ってなんでしょうか? そんな質問があった。 「あくまで私の考え方だけど、私の中で成功というのは自分が好きだと思うことを仕事にでき、それで人を喜ばせる事が出来ること。」 「自分の表現のために欲しいと思うモノやヒトを近くに存在させることができること。」 「行きたい、見たいと思う野心があり、それを実現できること。」 「それが社会的な意味を持つこと。」 それが私としての成功だと思ってるの、と答えた。 こだわりが強いと、こだわりの強い人しか寄ってこなくなるけれど、その