見出し画像

米国視察レポ ホールフーズ・マーケット

ファイナンシャルプランナーの吉岡奈美です。
2017年に訪れたテキサス州 オースティンは、いわゆるグルメ・スーパーマーケットとして人気のホールフーズ・マーケットの本拠地でもありました。研修の合間に 見学してきた様子をレポします。

店内に続く通路から、さっそくオーガニックを前面に打ち出したディスプレイが迎えてくれます。

画像1

アマゾン社の大きなロッカー

画像2

来年から日本にも「Amazon Hub ロッカー」として設置が進められることになったようです。

オースティンへ出かけた2017年は、ちょうどアマゾンがホールフーズ・マーケットを買収した年でした。店内にはアマゾンギフトカードも。

画像3


グルメ・スーパーマーケットの名の通り、オーガニック食品も数多くあり、ナッツ や お菓子だけでなく はちみつ や オリーブオイルなども量り売りで買うことができます。

画像4

画像7

ピーナツバターはその場でミキサーに。

画像5

コーヒー豆の種類も豊富

画像6

生鮮食品コーナー

画像8

画像9

もちろんスイーツコーナーも充実しています

画像10

量り売りになっていれば 新鮮なうちに食べられる分だけ買うことができるので食品ロスを減らす効果がありそうですし、過剰包装を抑えることにもつながっているような気がします。

パッケージされたオリジナルブランド品のマカロニチーズも簡易包装されていました。


サプリメントやオーガニック化粧品も揃っています。

画像11

画像12

地産地消もテーマにしているホールフーズ・マーケット。現地の人がデイリーユースするオーガニック化粧品は、お値段もお手頃でお土産にも人気があるそうです。


写真を取り損ねてしまったのですが、デリコーナーもとても広くて 充実していて 見ているだけでも楽しくなります。

昨年 ニューヨークのお店に夕方行ったときには、デリコーナーで夕飯の買い出しをする多くの地元の人でにぎわっていて、まるで市場にでもいるような活気を感じました。


これは まったく個人的な感想ですが、アメリカで果物を食べると どれも新鮮でおいしいと感じます。特にバナナ。運搬船のなかで熟成されて店頭に並べられる日本ではなかなか味わえません。

画像13


旅先のスーパーには その国の文化や流行っているモノやコト、物価水準など 多くの情報が詰まっています。

直近で訪れたのが 米国内でも特に景気のいいテキサス オースティンや ニューヨークだったからかもしれませんが、健康志向で豊かな生活を垣間見ることができました。

シカゴでもぜひ行ってみようと思います。


==================

”ライフブック”は一人ひとりの将来の夢や目標に対して、お金の面の悩みをサポートし、その解決策をアドバイスする日本で唯一のサービスです。

ほったらかさない継続したサービスで、これから資産運用を始めたい!という方にも、投資の基礎からしっかりとお伝えし、無理なくリスクをおさえた長期投資を一緒にサポート致します。ご興味ある方は、ぜひこちらのnoteもご覧ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいです!ありがとうございます。
4
【保険などの金融商品を売らないファイナンシャルサービス 2000万円マネー寿命時代を考えよう】 100歳まで安心してハッピーに生きられるお金の活かし方を一緒に考えるアメリカ仕込みのファイナンシャルプランニング ”ライフブック” で実行支援するCFP®️ 子育ておばサポ実践中
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。