中久喜 匠太郎

ネット予備校「N予備校」講師/”earthy” Vo&G/唎酒師/コーヒーインストラクター2級/ビアテイスター/福島県富岡町「とみおかアンバサダー」/意識は低い系です。ご安心ください。

中久喜 匠太郎

ネット予備校「N予備校」講師/”earthy” Vo&G/唎酒師/コーヒーインストラクター2級/ビアテイスター/福島県富岡町「とみおかアンバサダー」/意識は低い系です。ご安心ください。

    最近の記事

    距離感

    中1日でふたたび富岡に。今回のミッションはインターン生対象の講演会。 講演会といってもそんな堅苦しいものではなく、インターン生の質問にとみおかアンバサダーの立場で答え、話をする、という比較的ゆるいもの。これなら丸腰でいいだろう、ふふん、と思っていたらとみおかプラスの担当の方から… 「過去にかなり実績を出してるプログラムです」 「学生さんの熱量、すごいですよ」 「勉強会では質問がバンバン飛び交い、たじたじでした。。」 と、怒涛の3連発。恐れをなして急遽常磐線の中で準備

      • 2022年3月11日

        「記憶」って何でこんなにもろいのだろう。あらためてそう感じた日。 10日に富岡入りして、富岡産米日本酒の新酒試飲会。たくさんの方々に「萌」の開発秘話と魅力をたっぷりプレゼンしてきました。11日は朝は夜ノ森駅の清掃。それから「富あかり」の会場に移動して町の皆様と竹灯籠の設営。そしてあわただしく迎えた14時46分に黙祷。1分たったらすぐに作業に戻り、点灯、開場、撤収で21時すぎ。それから打ち上げ会場に移動してこれからの町のことを遅くまで語りたおす。 素晴らしい2日間でした。久

        • 震災10年。ポッドキャストで語らせていただきました。

          アメリカで活躍するジャズ音楽家である石川雅愛さん(福島県出身)のポッドキャスト「おとなふとき」にお招きいただき、東日本大震災と原発事故について語らせていただきました。石川さんの素敵なピアノ演奏に導かれて静謐な時間が流れる、素晴らしい番組です。ぜひお聴きください。 https://www.buzzsprout.com/1674640/8044146 私が福島、中でも特に富岡町に足を運ぶようになった経緯。石川さんとの出会い。今の富岡町の様子と私の活動。石川さんの福島浜通り地域

          • とみおかアンバサダー活動➆~「萌2021」始動!(元投稿:2020年10月25日)

            時はややさかのぼるのですが。コロ●のせいで実に半年間という中久喜的にはありえないブランクを強いられた後、ついに富岡町に上陸できました!町の皆様、とみおかプラスの方々のもとに、私達とみおかアンバサダーに加えて、富岡町の過去のインターン生も集結!  今回のミッションは主に二つ。 ① 2021年版「萌」の酒米の収穫と農業体験 ② 「萌」にあう食事の試食会と懇親会 ですが、中久喜は不覚なことに、前日これまた半年ぶりに上陸したいわきの夜ではしゃぎすぎてしまい、朝起きられなくて①には

            とみおかアンバサダー活動⑥~萌・完売御礼!(元投稿:2020年4月18日)

            福島県富岡町の方々と、私達全国十数名のとみおかアンバサダーの手によって生まれた富岡町の日本酒「萌~KIZASHI~」。おかげさまで3月出荷分の3500本を完売できました。ご愛飲いただいた方々に心から御礼申し上げます。 3月11日に発売を開始して、約1か月で3500本を完売。数字にいまいちぴんとこなかったのですが、そうか一日に100本買っていただいたのだと気づいたら、そのありがたさが全身で理解できました。富岡町内の限定発売。コロナ禍のため町を訪れる人は減少。ビハインドは無数に

            とみおかアンバサダー活動➄~常磐線再開通(元投稿:2020年3月17日)

            3/10~3/15のたっぷり6日間、富岡町で過ごしてきました。 3/10…夜の森地区避難指示解除(一部地域)、富岡町インターン生のプレ発表会&お疲れ様会 3/11…日本酒「萌」発売。プレゼント用のお米の袋詰め 3/12…「萌」町長プレゼン、富岡駅のさくらステーションKINONEで販売会 3/13…インターン生の全体発表会、代行バスの最終運行お見送り 3/14…常磐線再開を祝って沿線を桜色に染めるプロジェクト、常磐線富岡~浪江間乗車、地元農家さんのお宅で大宴会 3/15…帰宅

            とみおかアンバサダー活動④~「萌」ついに発売!(元投稿:2020年3月11日)

            【とみおかの日本酒「萌〜KIZASHI〜」💐本日発売!!】 ― 富岡、前へ。未来へ。― 「5月になるとツツジが本当にきれいなんだよお」 手入れをされることもなく生い茂るツツジの木を二人でバリケード越しに眺めながら、夜の森地区の区長さんは目を細めて語ってくれました。2014年。避難指示が解除される3年前のことです。 夜ノ森駅のホームを絢爛に彩るツツジの花。そこに吸い込まれるように止まる各駅停車。見たことのないその景色が、気づいたら私の心の中で富岡町の原風景になっていまし

            とみおかアンバサダー活動・番外編

            私の友人であり、アメリカでジャズのミュージシャンとして活躍している石川雅愛さんと、福島浜通り地域の旧警戒区域内を見学ツアーしてきました。(English version below) 石川さんは福島県会津若松市出身。大学卒業後に渡米し、現地の大学で教鞭をとるかたわらジャズの作曲家・プレイヤーとして活動されています。昨年にはご自身初のオリジナルアルバム「Dialogue」をアメリカでリリースされました。会津若松市出身ということもあって震災後の福島県に対する想いはとても強く、「祈

            とみおかアンバサダー活動③~富岡発日本酒新銘柄を立ち上げる!

            今回のアンバサダー活動のメインイベントは「富岡の酒米を使った日本酒の立ち上げ」。私達とみおかアンバサダーは「名前」「ラベル」「コンセプト」の立案にかかわらせていただきました。12月に現地ミーティングを行い、それを受けてアンバサダー間で案を出し合って、ひたすらそれをブラッシュアップしていきました。いや~本当に中身の濃い日々でした。 そして昨日(1/19)の現地ミーティングでついに!名前とラベルが決定しました!! しかーし、現時点ではまだ何もつまびらかにできません。悪しからず。

            とみおかアンバサダー活動② ~酒米栽培視察&農業体験~

            富岡町で営農を再開し、酒米「さくら福姫」の栽培を開始した渡辺伸さんの農場とご自宅を訪問しました。(訪問日:12月7日)  富岡町は2017年4月の避難指示解除後、東京農工大学と連携して最先端の技術と知見を導入して、先進的なオーガニック作物の生産に取り組んでいます。大学のデータによると営農を再開した面積は、2019年には水稲が16ヘクタール、野菜が1.6ヘクタール、ワイン用葡萄が27アール。2010年の水稲作付面積は563ヘクタール。震災前と比べるとさすがに圧倒的に少ないです

            とみおかアンバサダー活動① ~とみおかワインプロジェクト視察~

            富岡町でワイン用ブドウを栽培して、ワインを作っちゃおう!というプロジェクトを率いている「とみおかワインドメーヌ」代表の遠藤秀文さんのお話をうかがってきました。 このプロジェクト、僕は前から知っていて、Facebookページでいつも情報を追っていました。 https://www.facebook.com/tomioka.wine/ 初めて知った時の印象は今でもはっきり記憶しています。「ととととととと富岡でワイン????」震災前に始まっていた産業ではありません。完全に新しい試

            とみおかアンバサダー活動・プロローグ

            震災後に通い続けている福島県富岡町で、「とみおかアンバサダー」の役割をこのたび拝命いたしました!全12名のアンバサダーの一人として、町の現状、取り組みなどについて様々な発信をしていきます。 といっても、昔からのFBつながりの皆様には何の新鮮味もありませんよね笑 そこでもう一つ、きっと皆様の目が❤、いや、🍶になる報告を。 富岡町で立ち上げられる日本酒新銘柄の、コンセプト・ネーミング・ラベルなどの立案とメイキングに携わることになりました! というわけでこの土日の2日間、富岡