とろとろ感が美味しい。トマトの中華風スープ
見出し画像

とろとろ感が美味しい。トマトの中華風スープ

トマトが甘い時期に。
とっても簡単に作れてしっかりおいしいトマトを使った中華風のとろとろスープです♡

食欲がない日の朝に。時間がないけどちゃんと食べたいランチにも。

生野菜が苦手なお子様もスープにするともりもり食べてくれることがありますよ!!

画像2

●材料●
トマト(大) 1個(3cmカット)
鶏もも肉 150g(一口大にカット)
きゅうり 1/2本 *今回は八戸の伝統野菜、糠塚きゅうり使用。
もちろん、普通のきゅうりでも美味しくできます。

水 800cc
中華スープの素 小さじ1
酒 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
片栗粉 大さじ1
ごま油 小さじ1
塩、こしょうお好みで
卵 1個(わりほぐしておく)

⑴ トマトは3cm角(ミニトマトなら半分に)、
きゅうりは1cm角、鶏もも肉は一口大にカットして、
片栗粉をまぶしておきます。

画像3

画像4

⑵ 鍋に、水、酒、中華スープのもとを入れて火にかけます。
煮たったら、鶏肉、きゅうり、トマトを入れます。

画像7

画像5


⑶ しょうゆを加えて、塩、こしょうで味をととのえたら、溶き卵を入れてひと混ぜして、ごま油をたらしてできあがり。

画像6

画像8

トマトの甘酸っぱさと、たまごの優しい甘みがごま油でひとつにまとまって。とろとろするするたっぷり食べられます。
からだも温まるスープが簡単に。

夏野菜の定番トマトは、その酸味のある味わいももちろん、熱を入れることで"とろとろとした食感"もまた魅力です。夏だからこそ、トマトのあったかレシピで、からだの中から元気に!

note ノート 記事見出し画像 アイキャッチ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
旅する料理家♡人生のレシピを作る!なぎさ なおこ
青森県八戸市在住。世界を旅する食育料理家。病気、怪我の予防の身体を食で育むがコンセプトの「なぎさカフェ」オーナーシェフ。2015年料理本グルマン世界料理本大賞のウーマンシェフ部門で世界2位受賞。全国各地の店舗プロデュースやコンサルティングをしながら全国食べ歩きが趣味。2児のママ