mysh_magazine

my wish, fun and contemporary 自己実現を楽しく格好良く、そして日本を元気にしたい。 https://mysh.tokyo/

mysh_magazine

my wish, fun and contemporary 自己実現を楽しく格好良く、そして日本を元気にしたい。 https://mysh.tokyo/

    マガジン

    • MYSHが挑む地方創生|自分の楽しい格好良いを日本の元気に

      MYSH合同会社|(まいっしゅ) 〜my wish, fun and contemporary〜 「自分の楽しい格好良いを日本の元気に」を合言葉に、 まちづくり事業に取り組んでいます。 ■MYSHの取り組み ■イベントレポート ■地方への想い そんなわたしたちの活動をnoteにて発信していきます✍️

    • 福島県南相馬|中のひと、外のひと

      • 11本

      📍みなみそうま移住相談窓口よりみち 移住コンシェルジュ6名(中の人)と南相馬を訪問した人たち(外の人)とが、それぞれの視点で南相馬での生活や体験を切り取っていきます。 🔗よりみち移住コンシェルジュ:https://minamisoma-yorimichi.jp/concierge/

      • MYSHが挑む地方創生|自分の楽しい格好良いを日本の元気に

      • 福島県南相馬|中のひと、外のひと

        • 11本

    最近の記事

    事業化実現プログラム|”考える”から”実証”へ。そして”実現”に向けて歩む道。

    みなさん、こんにちは。MYSHやちこです。 現在進行中の「事業化実現プログラム」、今回は、10月に実施された研修会と半期報告共有会のレポートをお届けします✍️ MYSHと南相馬は、あなたの「やりたい」を全力で応援しています。 全体概要 10月2日(日)東京にて研修会、そして事業報告共有会が行われました。 オンライン参加者も含め総勢17名が参加、現地では南相馬市役所からもご参加頂きました。 このプログラムでは事業化に必要なマインド・スキルを獲得するために研修を実施して

    スキ
    1
      • 行けばわかる!行かなきゃ分からない!エリア別に見る南相馬の魅力と特徴|みなみそうまの外から

        「南相馬」と聞いて、何を思い浮かべますか? 馬、サーフィン、ロボット…  豊かな自然や産業に恵まれ、人同士の繋がりを大切にする南相馬は、とても暮らしやすい街です。 ただ、実際に南相馬で暮らすとなると、街の様子や周辺環境が気になるところですよね。 この記事では、神戸在住ライターが実際に南相馬を訪れてみて感じた、南相馬ならではの魅力や雰囲気をお伝えします。 お気に入りの場所を見つけよう !南相馬の3つのエリア南北に長い南相馬は、3つのエリアに分かれています。 市役所のあ

        スキ
        1
        • エミレーツ航空CAとして世界を飛び回り、また南相馬に戻って来た|みなみそうまの中から

          今回は、中のひと。 みなみそうま移住相談窓口 よりみち 移住コンシェルジュのミサキさんです。 南相馬で生まれ、南相馬で育った私 皆さんこんにちは。ミサキです。 私は、南相馬市出身で、地元の高校卒業後、いろいろな場所へ行き、 たくさんの時間を経て、2021年に南相馬に戻って来ました。 今回はそんな私のストーリーをお話しさせていただきたいと思います。 当時はまだ、「原町市」であった現在の南相馬原町区に生まれた私は、 高校卒業まで南相馬で過ごしました。   私の家族は、会

          スキ
          20
          • 馬とロボットが交差するまち、南相馬|みなみそうまの外から

            今回は、外のひと。 社会人向け仕事・暮らし体験プログラムにご参加いただいた麻生さん、なんと、学生時代にダークツーリズム分野の研究に取り組まれていたそうです。 馬とロボットが交差するまち、南相馬初めまして、麻生と申します。 この度9月17日から9月19日の3日間、南相馬市で開催された「社会人向け仕事・暮らし体験プログラム」に参加させていただきました。 さまざまな体験をさせていただいた中で感じたこと、考えたことについてお伝えできればと思っております。 私が今回のプログラムに参

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • MYSHが挑む地方創生|自分の楽しい格好良いを日本の元気に
            mysh_magazine
          • 福島県南相馬|中のひと、外のひと
            mysh_magazine 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            自由(南相馬の未来を考える民官学WS)|みなみそうまの外から

            今回は、外のひと。 南相馬で誰もが自分らしく子育てできる環境づくりを考えているりくさんです。 昨年度開催した南相馬仕事づくりセミナー並びに、南相馬の未来を考えるワークショップにご参加いただきました。 今回はセミナーやプログラムについて、またMYSHのプログラムを通じて描くこれからの未来について文章を書いてくださいました。 外のひと|自由(南相馬の未来を考える民官学WS)はじめまして、りくです。 私はMYSHの仕事づくりセミナーをきっかけに南相馬で事業化検討を進めるメンバ

            スキ
            17

            応援せずにはいられない!実験するという関わり方|みなみそうまの外から

            マガジン「福島県南相馬|中のひと、外のひと」では、移住コンシェルジュ6名(中の人)と南相馬を訪問した人たち(外の人)とが、それぞれの視点で南相馬での生活や体験を切り取っていきます。 今回は、外のひとシリーズ。 「南相馬仕事・暮らし体験プログラム」にご参加くださった「こむぎさん」に記事を執筆していただきました。 「応援せずにはいられない!実験するという関わり方」岩手県Iターン移住者、はじめての南相馬 私は2022年4月に東北に移住してきた。 現在は、岩手県大船渡市の地域お

            スキ
            24

            奈良県奥大和コミュニティマネージャー育成プログラム|地域の持続的発展を担うヒト・モノ・場所をつなぐHUB人材へ

            奈良県、奥大和地域。 それは、奈良県南部東部地域にある19の市町村から構成されている地域のことです。 わたしたちMYSH合同会社は、そんな奈良県・奥大和地域で、「奈良・奥大和コミュニティマネージャー育成プログラム」をスタートさせました。 コミュニティマネージャーって?奥大和に広がる新たな可能性とは。 奥大和は、県や地域住民の方々の取組で、地域内外の交流や移住体験を目的とした拠点がポツポツと増えてきて、近年は外から移住してきた方や地域の方が多様な取り組みを始めています。

            スキ
            20

            生まれ育った南相馬、外へ出たからこそ気がついたこの“まち”の魅力|みなみそうまの中から

            はじめまして、MYSH合同会社の伊藤ななと申します。 私は東京での4年間の大学生活を経て、はれて福島県南相馬市にUターンしてきた新卒1年目の23歳です。 今回は、私が本当にやりたかった仕事をやり始めるまでのストーリーを皆さんにお伝えさせていただければとおもいます。 舞台は、福島県南相馬市です。 4年間の東京生活、気がついたことがある 生まれも育ちも南相馬で、都会のキラキラ生活に憧れるミーハー田舎少女だった当時の私。 大学進学の際の選択肢は、「東京の大学」。それ以外あり

            スキ
            24

            25歳、道半ば。(南相馬の未来を考える民官学WS)|みなみそうまの外から

            マガジン「福島県南相馬|中のひと、外のひと」では、移住コンシェルジュ6名(中の人)と南相馬を訪問した人たち(外の人)とが、それぞれの視点で南相馬での生活や体験を切り取っていきます。 今回は、外のひと「りかこさん」です。 昨年度開催した南相馬仕事づくりセミナー並びに、南相馬の未来を考えるワークショップにご参加いただき、今回はセミナーやプログラムについて、またMYSHのプログラムを通じて描くこれからの未来について文章にしていただきました。 25歳、道半ばこんにちは! 東京都在

            スキ
            19

            自分が住んで楽しいまちづくりを(南相馬の未来を考える民官学WS)|みなみそうまの外から

            マガジン「福島県南相馬|中のひと、外のひと」では、移住コンシェルジュ6名(中の人)と南相馬を訪問した人たち(外の人)とが、それぞれの視点で南相馬での生活や体験を切り取っていきます。 記念すべき第1弾は、外のひと。 南相馬市への移住を検討されているまつのさん☕️です。 昨年度開催した南相馬仕事づくりセミナー並びに、南相馬の未来を考えるワークショップにご参加いただき、今回はセミナーやプログラムについて、またMYSHのプログラムを通じて描くこれからの未来について文章にしていただ

            スキ
            23

            レポート|食のプロと共に巡る!南相馬・福島浜通りの新たな可能性発掘1泊2日の旅

            みなさんこんにちは。MYSH合同会社やちこです。 私は、石川県能登半島の畜産農家出身。「食」と「農業」が大好きで、「食」を通じて地域を元気にしたいと考えています🥔🍆🍅 そんな私の初めてのnote投稿、8月に実施した「食のプロと巡る魅力発見ツアー」のレポートをお届けします。 「食のプロと巡る南相馬・福島浜通り魅力発見ツアー」 今回のツアー参加者は10名、首都圏で「食」に関連の深い方々に南相馬市に集まっていただきました。 料理人 管理栄養士 食に関するプロモーションに

            スキ
            21

            斜め横からのレポート|南相馬・仕事づくりセミナーは続編:事業化検討フェーズへ

            MYSH Magazineをご覧いただき、ありがとうございます。 #3は、前回の南相馬・仕事づくりセミナーの続編プログラムのレポート記事となります。 以前noteにてご紹介した2021年11月〜2022年2月にかけて実施した「南相馬・仕事づくりセミナー」は、年度を跨ぎ、「事業化実現プログラム」と形を変え、引き続き活動を行なっている最中です。 事業化実現プログラムでは、参加者の皆さんが、昨年度セミナーで立案した事業企画の事業化を「検討」し、実現することを目指しています。

            スキ
            14

            南相馬・仕事づくりセミナー|まちの課題解決 × 仕事を通じた自己実現を目指す。

            皆さん、こんにちは。今回は、MYSHの物書き担当CKが、2021度11月〜2月にかけて実施された「南相馬・仕事づくりセミナー」の様子をレポートします。 近年、場所や時間を選ばない働き方の普及が急激に進み、リモートワーク、週休3日制度、副業など新しい働き方を模索する企業が増えてきて、これに伴い、人々の「仕事」に対する価値観も変わってきました。 働き方が変化する時代に、新型コロナウィルスの感染拡大が発生し、これまでぼやっとしていた「自分の将来のキャリア」を見つめる機会が増えた

            スキ
            17

            MYSH STORY|これまでのMYSHと、これからの挑戦。日本酒Barからまちづくりへ。

            はじめまして、MYSH合同会社です。私たちは、地方の社会課題を解き、日本を元気にするために様々な取り組みを行なっている組織です。 文章を担当するのは、MYSHで物書きを担当しているものです。 今後noteを通じて情報発信をしていこうと思っているので、最初に少し会社の自己紹介をさせてください。 私どもMYSH合同会社は、2017年に設立された会社で、現在は「自己実現を楽しく格好良く、そして日本を元気にしたい」というミッションを掲げて活動しています。 組織自体の拠点は東京

            スキ
            29