MYSH合同会社

my wish, fun and contemporary 自己実現を楽しく格好良く、…

MYSH合同会社

my wish, fun and contemporary 自己実現を楽しく格好良く、そして日本を元気にしたい。 https://mysh.tokyo/

マガジン

  • 福島県南相馬|中のひと、外のひと

    • 51本

    みなみそうま移住相談窓口「よりみち」が運営するマガジン📖 ▪️ #よりみち奮闘記 よりみちの「中の人」がお届けする奮闘記。地方で働く、暮らすなかでの思いを発信していきます。 ▪️ #南相馬訪問体験記 よりみちのプログラムを通じて、南相馬を訪問した「外の人」たちの訪問体験記。このまちでしかできない体験や人との交流などを通じて、感じたこと、思ったこと記事にのせて、発信していきます。 ▪️ #よりみちレポート よりみちやMYSHが南相馬で運営するプログラムやイベントのレポート。 みなみそうま移住相談窓口よりみちHP:https://minamisoma-yorimichi.jp/

  • MYSHが挑む地方創生|自分の楽しい格好良いを日本の元気に

    MYSH合同会社|(まいっしゅ) 〜my wish, fun and contemporary〜 「自分の楽しい格好良いを日本の元気に」を合言葉に、 まちづくり事業に取り組んでいます。 ■MYSHの取り組み ■イベントレポート ■地方への想い そんなわたしたちの活動をnoteにて発信していきます✍️

  • みなみそうま事業化実現プログラム

    「南相馬市・事業化実現プログラム」に関する記事をまとめました。参加者の、参加したきっかけや、プログラム中の葛藤や変化、これからの思いなどが綴られています。 【南相馬市・事業化実現プログラムとは?】 チャレンジの余白があるまち・福島県南相馬市をフィールドに、自分の人生の解像度を上げ、仲間と共にやりたいことを実現していく3カ年のプログラムです。 2021年より1期生がスタート。地方で働くことに関心を持つ若年層を集め、現地視察により、ビジネスの種を発見、自分自身がやりたい“仕事”で解決するワークを実施。その後はビジネスメンターサポートによるビジネス性検証を実施を行い、現在実行に向け取組んでいます。

最近の記事

移住者・起業家・新事業を創出|南相馬市事業化実現プログラム1期生終了

夫婦移住でのカフェ開業や、南相馬で法人登記したコンサルティング会社、空き家活用事業など、地域に根差す起業家や複数の事業を生み出した南相馬市の「事業化実現プログラム」。1期生は、2024年2月に3カ年にわたるプログラムの最終成果発表会を終え、これからそれぞれの事業を自立的に進めていきます。 南相馬市・事業化実現プログラムとは? チャレンジの余白があるまち・福島県南相馬市をフィールドに、自分の人生の解像度を上げ、仲間と共にやりたいことを実現していく3カ年のプログラムです。 20

    • 出会いとつながりのまち、南相馬で。  #よりみち奮闘記

      皆さん、こんにちは。 MYSH合同会社マネージャー、 みなみそうま移住相談窓口よりみち 移住コンシェルジュの足立です! 今回はわたしが南相馬での暮らしを始めることになったきっかけや、 南相馬での暮らしや子育ての様子についてお話したいと思います。 予想もしなかった南相馬への引っ越し 最初に南相馬へ引っ越すことが決まったのは、第一子の妊娠中でした。 それまでは、東京で新卒から勤めていた人材コンサル会社で営業や法務の仕事をしており、育休後も復帰するんだろうなと考えていまし

      • 「やりたい夢が叶うまちみなみそうま」|#よりみち奮闘記

        こんにちは。 よりみちの小南です。 前回は南相馬にきたきっかけや何をやっているのかという記事を書かせていただきました。 今回2回目の投稿は、よりみちの”畑隊長”として南相馬での生活について、なぜ畑をやっているのか、MYSH畑のこと、南相馬の暮らしについて、1年を振り返りながら書いていきます。 前回の記事はこちら↓ みなみそうまでの暮らし みなさんは、地方での暮らしと聞いてみなさんはどんな日常を想像するでしょうか。 地方に来たら、広い一軒家で、庭に畑があって、野菜を育

        • 泣きたくなるまち、みなみそうま#南相馬訪問体験記

          初めまして、杉山真由と申します。 私は、長野大学の3年生です。 この度インターンシップで初めて南相馬市を訪れ、そして今初めてnoteを書いています。 人に伝える文章は迷いに迷ってしまうタイプなので、迷走しないように少し勢いを大切にしながら綴ろうと思います。 初めまして、自己紹介をします。 はじめに、私がどんな人間なのか、何をしているのかを簡単にお話しします。 私は静岡県御殿場市出身で、実家は米農家です。 富士山と田んぼに囲まれて、いわゆる何もない田舎で育ちました。そして今

        移住者・起業家・新事業を創出|南相馬市事業化実現プログラム1期生終了

        マガジン

        • 福島県南相馬|中のひと、外のひと
          51本
        • MYSHが挑む地方創生|自分の楽しい格好良いを日本の元気に
          9本
        • みなみそうま事業化実現プログラム
          12本

        記事

          #レポート|福島県浜通り地域の新たな関係人口創出をめざす!~福島県浜通りの名産品開発と関係人口づくりへの取組み~

          みなさん、こんにちは。 石川県能登半島の畜産農家出身、「食」を通じて地域を元気にしたいと考えているレポーターの「やちこ」です! MYSH合同会社では2023年、福島県南相馬市と双葉町にて「浜通りの名産品開発と関係人口づくりへの取組み」を行いました。 2022年に「シェアファームツアー」として始まったこの事業。 昨年は地域の方と運営するMYSH畑を生かす方法を考える視察・ワークショップを行いました。 今年は主に首都圏から、地方での繋がりに興味があるオフィスワーカー、海外や

          #レポート|福島県浜通り地域の新たな関係人口創出をめざす!~福島県浜通りの名産品開発と関係人口づくりへの取組み~

          初めての地方ぐらし・初めての南相馬#地方暮らし体験PG

          はじめまして! 武蔵野大学アントレプレナーシップ学部1年の金城徹大です。 今回、「地方暮らし型」体験プログラムに参加し、福島県南相馬市に2泊3日で滞在しました。 新たな発見があった南相馬での3日間をこれから綴っていきたいと思います。 1.南相馬市を知ったきっかけ僕が南相馬のことについて知ったのは、大塚のSo-Laで行ったイベントがきっかけでした。 そこでは、南相馬の東日本大震災からの現状と、起業家の誘致に力を入れていることについて学び、そこから南相馬をより良くするための提

          初めての地方ぐらし・初めての南相馬#地方暮らし体験PG

          飲食店起業を志す私の南相馬滞在記 #カフェ起業型体験PG

          みなさん、はじめまして! 東京で自営業を営んでいる石田といいます。 今回は南相馬で行われた「カフェ企業型体験プログラム」に参加させていただいたので、その時の学びをみなさんにお伝えしたいと思います。 はじめにまず、今回の参加動機ですが、元々僕は自身で八百屋を始めようとしていたところでした。 仕事で東京近郊の100件程の八百屋さんを回る中で、自分でもやってみたいと思い、始めるなら自分が1番素敵だと思うお店で勉強してからと考えて、週末に八百屋さんで修業をしています。 八百屋と

          飲食店起業を志す私の南相馬滞在記 #カフェ起業型体験PG

          大学生が南相馬で感じた「夢と自由」#地方暮らし体験PG

          こんにちは!広島県出身の京都産業大学 生命科学部 産業生命科学科4年の井上圭人です。 普段は、大学で生物や科学の技術を一般社会に広げていくための方法などを勉強しています。 また、音楽が大好きで、そのつながりでMVを作りたいと思い、来年からは映像制作のお仕事をする予定です。 はじめに2023年10月25~27日の間、南相馬市でまちづくりについて考えるプログラムを同じ研究室のメンバーとともに行いました。 この体験記を通じて、そのプログラムで体験したことや自分自身の気づき、お

          大学生が南相馬で感じた「夢と自由」#地方暮らし体験PG

          「南相馬からの手紙-会いたい人たちに伝えたいこと-」福岡に帰った同志へ#よりみち奮闘記

          南相馬と横浜で2拠点生活をしているMYSH合同会社の和泉 華子(いずみ はなこ)です! 転職して南相馬にやってくる事になった経緯はこちら↓ 前回の自己紹介では、私が歩んできた道をざっと書かせていただきました。 今回はその時に出会った人たちとの思い出とともに、南相馬との共通点やおすすめしたい事をお届けしたいと想い、4通の手紙を書きました。 1通目はこちら↓ 2通目はこちら↓ 3通目はこちら↓ 今回はいよいよ、最終回の4通目となります。 福岡に帰った同志よ、今も戦

          「南相馬からの手紙-会いたい人たちに伝えたいこと-」福岡に帰った同志へ#よりみち奮闘記

          また行くよ、南相馬#南相馬訪問体験記

          はじめまして! 長野大学社会福祉学部4年の工藤千佳です。 私は今回、「社会課題解決型」プログラムに参加させていただきました。 10月7日~9日の3日間というとても短い期間でしたが、たくさんの思い出と気づきを南相馬市で得ることができました! 今回は私が南相馬市で体験したこと、そこから感じたことをお伝えしたいと思います。 1、 プログラムに参加した理由私が南相馬市を訪れたのは、今回で2回目です。 初めて訪れたのは、今年の8月。 大学のサークル活動の震災学習で訪れました。

          また行くよ、南相馬#南相馬訪問体験記

          南相馬からの手紙-会いたい人たちに伝えたいこと-「ドイツ出身の彼は私より日本に詳しい?!日本文化が大好きな君へ」|#よりみち奮闘記

          南相馬と横浜で2拠点生活をしているMYSH合同会社の和泉 華子(いずみ はなこ)です! 転職して南相馬にやってくる事になった経緯はこちら↓ 前回の自己紹介では、私が歩んできた道をざっと書かせていただきました。 今回はその時に出会った人たちとの思い出とともに、南相馬との共通点やおすすめしたい事をお届けしたいと想い、4通の手紙を書きました。 1通目はこちら↓ 2通目はこちら↓ 今回は3通目となります。 ドイツ出身の彼は私より日本に詳しい?!日本文化が大好きな君へヘニ

          南相馬からの手紙-会いたい人たちに伝えたいこと-「ドイツ出身の彼は私より日本に詳しい?!日本文化が大好きな君へ」|#よりみち奮闘記

          外からの人と地元の人が共生する町・南相馬#南相馬訪問体験記

          こんにちは!関西出身、大学2年生のはなりです。 現在、大学では、まちづくりや地域社会について学んでいます。 同じ大学の友人に誘われて、地域の方々と実際に交流してみたいと思い、今回の体験プログラムに参加しました。 初めてのフィールドワークで、不安と緊張がありましたが、非常に充実した3日間でした。 そこで、今回は3日間滞在して発見した「南相馬の魅力」を、体験プログラムの感想と共にご紹介したいと思います。 1.体験プログラムで一番印象に残ったこと私は「社会課題解決型プログラ

          外からの人と地元の人が共生する町・南相馬#南相馬訪問体験記

          南相馬市で人生が大きく変わった話#訪問体験記

          こんにちは!このnoteをご覧いただき、ありがとうございます!! 大阪に住みながら、京都の大学院生をしている富岡瑠加と申します!! 今回は9/23~25のまちづくり実践型体験プログラムに参加させていただきました! 実は事業化実現プログラムでもお世話になっており、南相馬市に来るのはこれが2回目でした! そんな僕が今回の体験プログラムで感じたことは三つあります。 ① 「つながり」の大切さ ② 「まちづくりとは」の考え方の変化 ③ 自然環境の素晴らしさ この三つについて、お

          南相馬市で人生が大きく変わった話#訪問体験記

          南相馬からの手紙-会いたい人たちに伝えたいこと-「台湾で出会ったみなさまへ」|#よりみち奮闘記

          南相馬と横浜で2拠点生活をしているMYSH合同会社の和泉 華子(いずみ はなこ)です! 転職して南相馬にやってくる事になった経緯はこちら↓ 前回の自己紹介では、私が歩んできた道をざっと書かせていただきました。 今回はその時に出会った人たちとの思い出とともに、南相馬との共通点やおすすめしたい事をお届けしたいと想い、4通の手紙を書きました。 1通目はこちら↓ 今日は2通目をお届けします✉️ 台湾でカッコ良く仕事をする。。を学ぶ。優しくてカッコ良い人たちへキング、ジャッ

          南相馬からの手紙-会いたい人たちに伝えたいこと-「台湾で出会ったみなさまへ」|#よりみち奮闘記

          「自分のまち」を見つけた3日間、あたたかいまち南相馬で過ごした大学生の体験記|#訪問体験記

          みなさん初めまして!大学3年生のめりです。 普段は茨城県つくば市在住、筑波大学で障害科学を学んでいます。 このプログラムで初めて南相馬を訪れた私。 南相馬という場所は私にとって全く新しい土地で、親戚がいるわけでも、大学の専攻に関係があるわけでもありません。 そんな私が今回体験プログラムに参加したきっかけは、今回で南相馬を訪れるのは3回目という友人あいりさん(あいりさんのnote記事もあるのでぜひ!!)の紹介でした。 あいりさんのnote記事はこちら↓ 「自分のまち以外

          「自分のまち」を見つけた3日間、あたたかいまち南相馬で過ごした大学生の体験記|#訪問体験記

          帰りたくなるまち「南相馬」|#訪問体験記

          はじめまして、筑波大学障害科学類3年の作山茉紘(さくやままひろ)と申します! 私は友人の紹介で南相馬まちづくり実践型体験プログラムに参加しました。 初めは「美味しいものが食べられて、それに加えて乗馬や野菜収穫などの体験もできる」と食べ物とアクティビティにつられて、大学3年の夏休み最後の思い出になるだろうと旅行感覚で南相馬を訪れました。 実際にプログラムを終えて、楽しい体験ができ思い出が作れたのはもちろん、「まちづくりとは何か」といった学びを得ることもでき、とても濃い3日間

          帰りたくなるまち「南相馬」|#訪問体験記