マガジンのカバー画像

福島県南相馬|中のひと、外のひと

5
📍みなみそうま移住相談窓口よりみち 移住コンシェルジュ6名(中の人)と南相馬を訪問した人たち(外の人)とが、それぞれの視点で南相馬での生活や体験を切り取っていきます。 🔗より… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

外のひと|25歳、道半ば。

mysh_magazineをご覧の皆様、いつもありがとうございま👏 mysh_magazineでは、MYSHに携わってくださる方々一人ひとりにスポットライトを当てて、ご紹介していく企画をスタートします。 今回は、「りかこさん」です。 昨年度開催した南相馬仕事づくりセミナー並びに、南相馬の未来を考えるワークショップにご参加いただき、今回はセミナーやプログラムについて、またMYSHのプログラムを通じて描くこれからの未来について文章にしていただきました。 25歳、道半ばこんに

スキ
9

外のひと|自分が住んで楽しいまちづくりを

mysh_magazineをご覧の皆様、いつもありがとうございます👏 mysh_magazineでは、MYSHに携わってくださる方々一人ひとりにスポットライトを当てて、ご紹介していく企画をスタートします。 記念すべき第1弾は、南相馬市への移住を検討されているまつのさん☕️です。 昨年度開催した南相馬仕事づくりセミナー並びに、南相馬の未来を考えるワークショップにご参加いただき、今回はセミナーやプログラムについて、またMYSHのプログラムを通じて描くこれからの未来について文

スキ
13

南相馬の外の人|「今」を味わう街、南相馬(景色・文化・人情)

書ている人北園 元気(きたぞの げんき) 初めまして、北園と申します。 この度、Startup Hub Tokyoで起業家コンシェルジュをしてMYSH合同会社代表の向井 裕人さんから南相馬での地方創生の取り組みをお聞きし、 ・地方創生と言う視点に非常に興味があったこと。 ・地方での起業も視野に入れていることから是非インターンとして学ばせて頂きたい。 と思い、MYSH南相馬支社にて2ヶ月間インターンをさせて頂く事に致しました。 南相馬に対して被災地や原発に近い場所の一つとい

スキ
5

帰るところがある。|南相馬出身の私が地元に戻りたい理由(インターン生レポ)

書いた人 こんにちは。あやです。 今回はじめてのnote投稿です。 つらつらといいたいことを書いたので 「あーこういうこといいたいんだろうなあ」ぐらいのニュアンスで受け取ってくれれば幸いです。   私の過去について軽く紹介します。 私は2001年に南相馬で生まれ、2011年の東日本大震災により避難のために「子どもだけでも。」と、私と2人の姉だけで県外へ避難しました。 9歳のことです。 その後南相馬で仕事がある父を残して母と合流し、震災後1年間で各地を転々としました。 最終

スキ
26

地方移住|私が南相馬で暮らす理由。

みなさんこんにちは。MYSH合同会社南相馬支社長、みなみそうま移住相談窓口よりみち代表の後藤彩(あやか)です。 熊本県出身、東京生活を経て、社会人3年目に福島県南相馬市に移住して10ヶ月。「なぜ、南相馬で、そんなに面白そうな仕事をしているの?」と訊かれる機会が増えました。 そこで南相馬での当たり前の生活をこれからnoteに綴っていきたいと思います。まずは今の仕事と暮らしの根底にある「なぜ南相馬か、なぜここにたどり着いたのか」について紹介したいと思います。 わたしは実践者

スキ
55