西平 麻依 /まいも

共著『でも、ふりかえれば甘ったるく』リトルプレス『アイスクリームならラムレーズン』ZINE『ロマンティックはつづく/Romantic Bites.』『ドリーミングガール・ダイアリーズ』 Web https://maimo.jp 連絡先 maimonote@gmail.com
固定されたノート

Hello, 西平麻依です。

このnoteを読んでくださってありがとうございます。noteを始めた頃、スキやフォローをしてくださる数名のかたに向けて懸命に文章を書いていました。それと同じ気持ちで現在...

【掌編】 遠いところから来た人

アオイは花屋の前にいる。朝露をまとった花々は光のようにかがやいている。靴音や電車の音がせわしなく行き交う。   桜にコスモス、ひまわり、椿。昔はそれぞれの季節し...

秋の深まりはシャーベット・モードで

「夏の終わりって泣きたくなる」 小説も読まない、映画も観ない、美術館など行ったことのない私のかつての恋人が、初めて口にした一行の詩だ。 それがいつの会話だったの...

アメージング・スパイダーの手紙

秋の始まりの風はまろやかで、甘い。 風は捨てきれなかった夏の熱を含んだまま行先を決めきらず、やわらかく流れて、枝分かれしていく。 朝起きてベランダに立って、そん...

夏の列車に手を振る

濡れた夏草の匂いも、中華料理店の裏手のムッとする暑さも、カランと音を立てて溶ける氷も、たぶんみんな去ってしまった。 カレンダーに「夏の終わり」は記されていなくて...

王女の命令と、いつか片付けなくてはいけないもの

夏の朝、よく冷えた部屋でひとりコーヒーを飲んだりしていると、ソファから手を伸ばしたあたりに、記憶の泡がゆらゆら浮き上がってくる。 湖底にしずんだいくつかの宝箱が...