村上 はな

1993年、静岡生まれ。都内在住。グラフィックデザイナー。夫とふたり暮らし。HSP。I…

村上 はな

1993年、静岡生まれ。都内在住。グラフィックデザイナー。夫とふたり暮らし。HSP。INFJ。ミニマリスト。 | デザイン事務所のアシスタント | ライフハックを2週に1本ペースでつづります | https://www.murakamihana.com | アフィリエイト未使用

マガジン

  • ミニマリスト

    ミニマリストな暮らしをまとめたマガジン

  • 暮らし・生活

    共働き夫婦の生活の知恵をまとめたマガジン

  • デザイン

    デザインについてまとめたマガジン

ストア

  • 商品の画像

    トリミングシティZINE

    街でときめいた形や色を観察して、おりがみで切り取った自主制作のトリミングシティシリーズを​本にして、まとめました。 <サイズ> 150mm×150mm 全20ページ(表紙、裏表紙含む) <配送について> 届くまで1〜2週間かかる場合もございますので予めご了承ください。 ポスト投函となります。(国内は送料込みのお値段です) <注意事項> ひとつひとつ手製本のため、商品ごとに玉留めの形が異なります。 あらかじめご了承ください。
    1,200円
    murakamihana
  • 商品の画像

    おはなキーホルダー

    大きめのタグキーホルダーです。 おはなを持ち歩いて、心も気分も晴れやかにいきましょう。 わたしらしく自由に。 <素材> アクリル リングカラー:ゴールド <サイズ> 本体(リング含む):H 85mm×W 40mm アクリルタグ:H 60mm×W 40mm <配送について> 届くまで1〜2週間かかる場合もございますので予めご了承ください。 ポスト投函となります。(国内は送料込みのお値段です) <注意事項> UVプリントのため、鋭利なモノで擦るとプリントが剥がれてしまう場合がございます。
    1,000円
    murakamihana
  • 商品の画像

    トリミングシティZINE

    街でときめいた形や色を観察して、おりがみで切り取った自主制作のトリミングシティシリーズを​本にして、まとめました。 <サイズ> 150mm×150mm 全20ページ(表紙、裏表紙含む) <配送について> 届くまで1〜2週間かかる場合もございますので予めご了承ください。 ポスト投函となります。(国内は送料込みのお値段です) <注意事項> ひとつひとつ手製本のため、商品ごとに玉留めの形が異なります。 あらかじめご了承ください。
    1,200円
    murakamihana
  • 商品の画像

    おはなキーホルダー

    大きめのタグキーホルダーです。 おはなを持ち歩いて、心も気分も晴れやかにいきましょう。 わたしらしく自由に。 <素材> アクリル リングカラー:ゴールド <サイズ> 本体(リング含む):H 85mm×W 40mm アクリルタグ:H 60mm×W 40mm <配送について> 届くまで1〜2週間かかる場合もございますので予めご了承ください。 ポスト投函となります。(国内は送料込みのお値段です) <注意事項> UVプリントのため、鋭利なモノで擦るとプリントが剥がれてしまう場合がございます。
    1,000円
    murakamihana
  • 商品の画像

    きまぐれハンカチ

    たたんだところでデザインが変わる、きまぐれなタオルハンカチです。 今日はどの柄を表向きにしようかな? 飽きやすいあなたにぴったりなタオルハンカチです。 わたしらしく自由に。 村上はなオリジナルのデザインです。 <柄> 太陽、おはな、富士山、山がモチーフとなっております。 <素材> 綿100% <サイズ> H 200mm ×W 200mm <配送について> 届くまで1〜2週間かかる場合もございますので予めご了承ください。 ポストへの投函となります。(国内は送料込みのお値段です) <注意事項> ・多少色落ちする場合がありますので、他の物とのお洗濯はお避けください。 ・濡れたまま長時間他のものと一緒に放置すると色落ちや色移りの原因となります。 ・漂白剤及び蛍光増白剤入りの洗濯はお避けください。
    1,700円
    murakamihana
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

ミニマリストの洋服事情

ミニマリスト修行を始めて、100着以上の服を手放した。 古着が大好きでたくさんの服を集めていた。 そんなわたしが、ひょんなことからミニマリストになった。服が少なくなったからこそ、より一層ファッションが楽しめるようになった。 今持っている服は、オールシーズンで34着だ。 トップス/22着、ボトムス/7着、ワンピース/2着、アウター/3着。そのほか、パジャマ/3セット、スーツ/1セット、喪服/1セットで全て。部屋着は持っていない。 でも、全然不便ではない。 服を手放してよかっ

    • いつもnoteをご覧くださり、ありがとうございます☺️ 記事を2週に1本のペースでお届けしていましたが、執筆の筆がのってきたので、今週も投稿させていただきました。 最低でも2週に1本、多くて1週に1本のペースで投稿して参ります。 どうぞ、これからもよろしくお願いします。

      • ミニマリストが極めた!掃除の時短ワザ

        昨年の年末は、人生で初めて大掃除をしなかった。 というのもミニマリストになり、家中のモノが減った結果、ふだんの掃除で細かいところまで手が行き届くようになったからだ。 今回は35㎡のお家で暮らす、わたしたち夫婦の掃除術をまとめてみた。 掃除が負担になっている…という方の悩みを少しでも減らせたら嬉しい。 1) 備えつけの棚を外す 現在、賃貸の物件に住んでいる。となると、洗面所やお風呂に棚がついてくる。これが少々やっかいだ。特にお風呂の棚は、石鹸カスや水アカですぐに汚れる。し

        • 【未経験転職】事務職がデザイン業界に就職するまで |後編

          転職はおろか就活すらしたことがないわたしは、未経験であるデザイン業界を目指していた…! 今回は前回の続き。 どのようにして、憧れだったデザイン業界へ転職することができたのか? 失敗談や成功談も含めて、紹介していく。 1) 応募書類が通った…! 応募書類を一か月で4社へ送り、一社から面接の連絡が来た! そこは、書類を送った当日に「拝受しました」と返信をくれた。ここまで丁寧なデザイン事務所は、初めてだった。 応募したのは、本の装丁や本文組みなどエディトリアルが中心のデザイ

        • 固定された記事

        ミニマリストの洋服事情

        • いつもnoteをご覧くださり、ありがとうございます☺️ 記事を2週に1本のペースでお届けしていましたが、執筆の筆がのってきたので、今週も投稿させていただきました。 最低でも2週に1本、多くて1週に1本のペースで投稿して参ります。 どうぞ、これからもよろしくお願いします。

        • ミニマリストが極めた!掃除の時短ワザ

        • 【未経験転職】事務職がデザイン業界に就職するまで |後編

        マガジン

        • ミニマリスト
          13本
        • 暮らし・生活
          11本
        • デザイン
          5本
        • 海外に触れる
          5本

        記事

          【未経験転職】事務職がデザイン業界に就職するまで |前編

          転職どころか、そもそも就活すらしたことがない。結婚を機に前職を退職し、初めて就活をした。分からないことだらけだった。 そして、ついに憧れのデザイン業界へ転職することができた。 今回は、そんなわたしの転職活動について、ノウハウなどをまとめてみた。 ものすごい熱量になってしまったので、前編と後編に分けてつづる。 1) 就活方法を学ぶ 高卒のわたしは、就活をしたことがなかった。 就活の仕方が全く分からないので、一から学ぼうと「東京わかものハローワーク」を利用した。この選択がよ

          【未経験転職】事務職がデザイン業界に就職するまで |前編

          What’s in my bag|ミニマリストのバッグの中身

          ミニマリストになる前は、不安であれこれバッグに詰めていた。本やメイクポーチなど。でも使わないことが大半で、わざわざ重たい荷物を持ってお出かけしていた。 ミニマリストになってからは、目的別に持ち物をカスタマイズしている。おかげで荷物が減り、最後まで体力を残したまま帰宅できるようになった。 今回は、必ず持ち歩くバッグの中身をご紹介する。 身軽になれば、買い物が何倍も楽しくなるはず…! バッグの中身1) バッグは2種類 バッグは目的別に、2種類を使い分けている。 どちらも重視

          What’s in my bag|ミニマリストのバッグの中身

          勇気を出して!パリのデザイナーに会いにいった日

          「Nice to meet you!」と、彼女は笑顔で迎え入れてくれた。 わたしは、日本でパリのデザイナーと食事をしていた。英語が全く話せないのに。 憧れの方とお会いするために行動した。 今回は、ふとしたきっかけで日常にスパイスが加わった不思議な体験について、お話ししてみようと思う。 勇気を出して行動するのが苦手な方の背中を、そっと押せたら嬉しい。 1) ある一冊の本と出会う 昨年の9月、新婚旅行でヨーロッパのオーストリアを訪れた。 そこで運命的な本と出会う。 「GRA

          勇気を出して!パリのデザイナーに会いにいった日

          ミニマリストのスキンケア

          20代後半になって、毎朝のメイクが面倒になった。とくに超乾燥肌のわたしにとって、ファンデーションは苦痛だった。時間をかけてメイクをしても、夕方には崩れて浮いてくる。おまけに肌がカサカサして痛い。 どうにかならぬものかと試行錯誤した結果、根本のスキンケアを見直すことにした。 おかげで、ノーファンデで出かけられるようになった。 ファンデーションを塗っていないので、崩れるもなにもない。ストレスが減って、逆にメイクが楽しくなった。 今回は、そんなわたしのスキンケア方法をまとめてみた

          ミニマリストのスキンケア

          20代最後!初人間ドックで将来を考える

          昨年12月。どういうわけか29歳のわたしは、人間ドックを受診していた。 年齢からして早すぎるのでは…。 しかし、検査は早ければ早いほど将来プラスになるようだ。 初めての人間ドックは、恐る恐るの受診だった。でも、案外楽しかった。 今回は人間ドックを受けたことがない方々の不安を少しでも減らせたらと思い、経験をまとめてみた。 1) 受診するきっかけ 会社員時代は健康診断のみ受けていた。そして、ノルマ自爆で多くの保険に加入していた。 そんなある日、身体の詳しい状態を知らずに、精

          20代最後!初人間ドックで将来を考える

          ミニマリストの防災リュック|被災を経験して

          「ミニマリストは防災リュックすら手放していそう」 いやいや、むしろその逆! 狭い家でもモノが少ないからこそ、防災リュックが置ける。 ということで、我が家ではガッツリ備えをしている。夫とわたし、それぞれリュックを準備している。 一昨年は台風15号の大雨で近所の川が氾濫し、被災者となった。あたり一面が浸水した。区内を管轄(かんかつ)する取水口に流木などが詰まり、約6万3000戸が断水した。我が家も4日間、断水した。街中がパニックだった。 そんな被災経験も踏まえて、防災リュックの

          ミニマリストの防災リュック|被災を経験して

          街のデザインを観察したらZINEができた

          なぜか分からないが気になる。とてもとても気になる。目が合うのだ。 街を歩いていると、こんな不思議な経験をしたことがないだろうか? わたしの場合、電流が走ったようにビビビッ!とくる景色がある。それは工事現場のカラーコーンだったり、道に落ちているカラフルなタバコの吸い殻だったりする。景色たちと目が合うのだ。 なぜこんなことが起こるのだろう? 誰に頼まれるわけでもなく、謎を突き止めるために自主制作を始めた。 こうして1冊のグラフィック集であるZINEが完成した。 今回は珍しく

          街のデザインを観察したらZINEができた

          仏教徒がクリスマスミサで学んだこと

          わたしは仏教徒だ。でも、家にはイエス・キリスト様が祀(まつ)られている。 わたしと夫は日本人。そして、夫はキリスト教徒だ。 昨年のクリスマスイブは、夫と一緒にミサへ行ってきた。 仏教との違いにカルチャーショックを受けつつ、さまざまな宗教を知るということは、人々が同じ地球で生きていくために必要なことだと知った。 今回は仏教との違いに触れながら、ミサがどんなものなのか紹介する。 キリスト教に興味がある方はもちろん、異文化に触れてみたい方の参考になったら嬉しい。 1) 世界は

          仏教徒がクリスマスミサで学んだこと

          2023年|ミニマリストが買ってよかったモノ〜後編〜

          2023年は色々なモノと真剣に向き合い、手放し、吟味した一年だった。 ほぼ毎日料理をするわたしにとって、キッチン道具は仕事道具と言っても過言ではない。サラリーマンで言うスーツや革靴だ。 なにより、厳選したお気に入りの道具で料理していると気分が上がる。 今回は以前お送りした雑貨・コスメ編の続きで、キッチン道具たちを紹介する。 厳選!お気に入りの道具5選1) ダイソーのスポンジホルダーUKIUKI mini 以前使っていたスポンジホルダーはステンレス製だった。掃除を全くして

          2023年|ミニマリストが買ってよかったモノ〜後編〜

          2023年|ミニマリストが買ってよかったモノ〜前編〜

          ミニマリストになってからはモノを買う時、かなり吟味するようになった。店頭で見つけて「いいな」と思っても即決しない。その場でサイトをチェックしたり、商品名をメモして自宅で検討したり、買い物が慎重になった。 今回はそんなわたしが今年買ってよかったモノたちを紹介する。 まずは雑貨・スキンケア編をお送りする。 (キッチン道具編はこちら) 厳選!買ってよかったモノ6品1) IDEEのSTILT TABLE White デスク 4年ほど前からずっとほしかった念願のデスクだ。今年、上

          2023年|ミニマリストが買ってよかったモノ〜前編〜

          元気な歯茎を取り戻すまで

          先日、初めて口腔外科手術を受けた。歯並びが悪く、下の前歯の歯茎が11か月間も炎症していた。そんな中、移植手術で歯茎を増やせることを知り治療した。 今回は共感しづらいであろう、とてもニッチな歯肉移植のことをお伝えする。興味ない方が大半だと思うけれど、歯茎で悩んでいる方がすこしでも未来を前向きに生きられるよう、わたしの経験をまとめた。 1) 今の歯医者さんに出会うまで 仕事の都合で、ここ数年は静岡と東京を往来していた。そのため、歯医者さんを転々としていた。 「下がった歯茎は

          元気な歯茎を取り戻すまで

          ミニマリストの旅行パッキング|国内編

          11月に2泊3日で京都へ行ってきた。京都で最も観光客が多い月だからか、いつも以上に混んでいた。だからこそ、荷物は少ない方が身軽で動きやすい。 工夫を凝らし、15Lの小さめのリュックとエコバッグだけで、全ての荷物が収まった。 荷物が多いか、少ないか、で旅の疲労度が大きく変わるのでは? 今回は旅行の荷物を少なくするコツ、国内編としてまとめてみた。 (海外編はこちらから) 1) レンタルを利用する 宿泊先のアメニティやレンタル品をうまく活用すれば、荷物を減らすことができる。

          ミニマリストの旅行パッキング|国内編