見出し画像

そしてなんにもなくなっちゃう

『苦しかったときの話をしようか』(森岡毅著)
を読んでて、

お金よりも遥かにわたしを突き動かす最大の「欲」は、知的好奇心を満たすことなのだ。(中略)お金を持ってあの世に行けるわけじゃないから、わたしの場合はこれで良いと思う。

という箇所にあたって、
映画『PLAN 75』で戦慄したシーンを思い出した。

『PLAN 75』では、超高齢化による社会の混乱を治めるため、
<75歳になったら自己責任で死を選んでもいいよ>
という政策が施行されている。

「PLAN 75」は申し込み制で、
申し込めば、10万円が支給され、
生命を断つ特定の日時と特定の場所を指定され、
その日まで毎日、わずかばかりの時間、電話での話し相手、を与えられる。

その日が来て、特定の日時と特定の場所に行き、
眠るように死んでいく。

死亡が確認されたら、
係の人が身ぐるみ剥ぎ取っていく。
腕時計、指輪、ネックレス、イヤリング、
上着のポケット、ズボンのポケットに入っているもの。
剥ぎ取って、バケツの中に捨てる。

手に持ってきたかばんも、
中身を確かめたり確かめなかったりしながら、
ザザザーっとバケツに放り込む。

戦慄したのは、
「お金を持ってあの世に行けるわけじゃないから」
ってことを、淡々と描いているから。

大切なものも便利なものも大好きなものも、
ザザザーっとバケツに放り込まれてしまう。

その日が来て、特定の日時と特定の場所に向かったあと、
住んでいる家(アパート)は大家か管理人が来て、
自動的に部屋の明け渡しとなる。
家具やら家電やら洋服やらはどうなるか、
想像するに難くない。

『PLAN 75』、恐ろしい映画だった。


『苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」』 森岡毅 ダイヤモンド社 2019年

むらさん(村田信之)|釜石と東京の2拠点生活しながら、全国でワーケーションも実践中
岩手県釜石市に移住して3年目!長崎県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、大学院公共経営研究科修了。田原総一朗スタッフ、早稲田大学客員准教授として「たくましい知性を鍛える」(大隈塾)を20年間担当。立教大学兼任講師、京都芸術大学客員教授なども勤めた。リーダーシップのことならお任せ。