吉岡ななこ| 書く自己認識プロジェクト

自分を知り自分を活かす|安心して自分を生きるための自己認識&自己受容プログラム…

吉岡ななこ| 書く自己認識プロジェクト

自分を知り自分を活かす|安心して自分を生きるための自己認識&自己受容プログラム ライティング・ライフ・プロジェクト(WLP)ファシリテーター|脱サラ起業ママ|第二子妊娠中|Yoga Nana Sona代表 ▶︎nanasona.com

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

23-41. 自分をいい方向へ連れて行くために|モーニング・ページというたった1つの習慣

わたしはすぐに外に引っ張られるタイプみたいです。 共感力が強いというか…粘着力が高いっていうのが自分の中でしっくりきます。笑 意識しておかないと、うっかり色んなものがくっついてしまって、自分を見失ってしまう。たとえば、自分の気持ち、考え、願い、体が休息を必要としていること、発しているサインなどなどに気づけなかったりします。 そんな私が取り入れてきた習慣が1つあります。 いつのまにか2年続いており、これが大袈裟でなく自分の人生にいい影響をもたらしていると思っています。

    • 24-11. 本当の豊かさは失ってからはじまる|失ってるんじゃない、世界にお返ししてるんだよ

      どうしたら豊かに、しあわせになれるのかを、大変長らく模索し続けてきた気がします。 お金をかけて、マインド講座、ビジネス講座、書籍を読んできたけれど、共通してあることをするんですよね。 それが手放しです。 手放すっていうのは、なかなか難しいですね。 身につけてきた、才能、スキル、お金、習慣、人脈、愛情……ほんとうは持っているものは、ぜんぶ失いたくない。 今まで生きてきたパターンを変えるのも、やっぱり怖いじゃないですか。 それに、自分にプラスすること、それこそが豊かさ

      • 24-10. 光はいつも見過ごしがちなところにある

        「よっ」と大きな変化がやってくることがある。 大きい石をテコで持ち上げているようなそんなとき、自分の気持ちの細部に目が届きづらい。余裕がないのだ。 こうして定期的に文章を書いていると、「あれ?書けないな」っていうことがある。 noteを書くときはできるだけ物事を細分化して、起きたことや、それに対する自分なりの考え、感情の変化を、ほんとにほんとに0.1ミリ単位で書いていく。 そのほうがわたしという人間をより深く知れるし、知ってもらえるからだ。 でもそれを言語化するため

        • 24-9. 思考過多、疲れに気づかず

          何度もnoteを書こうとしているのに、びっくりするくらい全然おもんな!とかで、何度もボツ。 あーん。書きたいのに書けない!!なんで書けないんだろう・・・ って、前もそんな状況に陥って記事を書いたことがある。 そのときどんな結論を出したか忘れてしまったのだけど、今思うのはインプット過多からの「脳疲労」が起きてるなってこと。 思考過多になっちゃって、体もガチガチになってる。 わたしにとってのインプットは、文字や動画だけでなく、人と接するときに得られる刺激や自分自身の反応

        • 固定された記事

        23-41. 自分をいい方向へ連れて行くために|モーニング・ページというたった1つの習慣

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • エッセイ
          吉岡ななこ| 書く自己認識プロジェクト
        • 毎月ふりかえり
          吉岡ななこ| 書く自己認識プロジェクト
        • ライティング・ライフ・プロジェクト
          吉岡ななこ| 書く自己認識プロジェクト
        • 妊娠記録
          吉岡ななこ| 書く自己認識プロジェクト
        • おうちサロン開業の道のり|パーソナルヨガスタジオ
          吉岡ななこ| 書く自己認識プロジェクト
        • 仕事を辞めたくて考えた
          吉岡ななこ| 書く自己認識プロジェクト

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          24-8. 妊婦の体調と仕事とぶりしゃぶと

          風邪をひいて1週間ほど寝込んでいたのだけど、そろそろ体動かさないと…お腹は重くても、めんどくさくても歩かんと…と思って1日3,000歩計画を立てました。(とりあえず2日クリア) というのも妊婦あるある便秘がひどく、運動不足はヤバいなと思って。ちなみに妊婦の80%は痔になるらしい。 計画初日。 東京は雪で盛り上がっているけど、関西はただ寒いだけ。 「寒すぎる…」「今日じゃなくてもよかったかも」と早くも後悔しながら歩いていたら、だんだん体があたたまってきた。 「最近食べ

          24-8. 妊婦の体調と仕事とぶりしゃぶと

          24-7. 1月振り返り|こわさを乗り越えた経験は宝物になる

          引っ越しが年末年始をまたいだため、ことしの正月は実家に帰省せずに過ごしました。 ことしは暖冬でしたね。そのおかげで体調もよくて、つわりをぶり返さずに引っ越しを終えられ、本当に本当によかったです。 けっきょく年末年始は実家から両親が来てくれて(まさかの)、弟も東京から来てくれて、大晦日はみんなですき焼きを楽しみ、三ヶ日はテレビを見たり(両親たちは観光してた)、慣れない新生活を迎える心の準備をして過ごしてたかな。 ちょっと前のことなのに記憶がなくてこわいです…。笑 家族の

          24-7. 1月振り返り|こわさを乗り越えた経験は宝物になる

          24-6. 小学一年生の娘、転校後はじめてのつまづき

          小1の娘は自称、友達づくりが得意。 転校した初日から友達を3人つくり、2週間後には好きな人もできて、宿題も見る限りできてるので、遅れを取ってる感じはなく、すげーなーなんて他人事のように見てたんですが、月曜日の夜「音楽の授業がいやなんだよねー」と言ってきた。 なんで?と聞くと「鍵盤ハーモニカの指がわからない」らしい。 たしかに前の学校では鍵盤ハーモニカをあんまりやってなかったような気がする〜!学校によって授業の進捗は違うのだ。 いちど「できない」と思うと楽しくない。その

          24-6. 小学一年生の娘、転校後はじめてのつまづき

          24-5. 「心の声を聞く」ってどういうこと?2年半悩んでたどり着いた答え

          こんな声をよく聞くんです。 私も、そうだったんです! 私が会社員をやめて(そのころの話はこちら)メンターを探していたときに「この人の話を聞いてみたい!」と、いちばん最初に門戸を叩いたのがHiroko先生でした。10人の同期はそうそうたるメンバーで、初回はめちゃくちゃ緊張したのを覚えています! ▽そのときの記録(読まなくてもいいですw) 当時、脱サラしたばかりでお金のブロックも半端なくて、自分のサービスでお金をいただくことへの罪悪感もすごくて、自信も全然なくて、お金を稼

          24-5. 「心の声を聞く」ってどういうこと?2年半悩んでたどり着いた答え

          24-4. 「やることになったことは、自分が望んでいることだよ」

          安定期にも入りまして、もうすぐ妊娠18週なのですがいまだにゲーゲーレンゲーでしてね…。 これはもしかしたら体に集中できてないんじゃないか?と思い、朝のヨガ&瞑想を再開しました! わたしの朝は、いかにラクして自分をいい状態にもっていくかを追求し、たどり着いたモーニングルーティン(おしゃれではない)から始まります。 目覚めてすぐ、枕元に置いている小さな懐中電灯とノートを枕元に引き寄せ… 隣で寝ている娘を起こさないようにしながら、布団に入ったまま、モーニング・ページを書きま

          24-4. 「やることになったことは、自分が望んでいることだよ」

          24-3. 心の声をかなえてあげる|女性性と男性性のサイクルとは?

          自分の人生にも関わらず、気づかないうちに「こうした方がいいのかな?」と、ついつい正解探しをしてしまうのがデフォルトに。 無視し続けていたら、どんどんボリュームが小さくなっていき、しまいには聞こえなくなってしまう。 それが、「わたしはこうしたい!」という心の声。 この 心の声・内なる願いが女性性 これを行動に移してあげるのが男性性 なのだそうです。 性別関係なく、みんなどちらも持っていて いわゆる“性質”のようなものです。 よく男はアドバイスするけど、女は共感がほ

          24-3. 心の声をかなえてあげる|女性性と男性性のサイクルとは?

          24-2. 発信には、愛の波動を込めたいの

          関西に戻ってきてから、しぼんだ風船のようになっています。引っ越しも一段落したので、そういう流れなのかもしれませんが、やはり東にいるときは「しゃんと背筋を伸ばしてないといけない感じ」があったかなぁと思います。 例えばこちらではテレビをつけてるとどのチャンネルもわりと関西色。ゆるくて、笑かしてなんぼ、楽しくてなんぼ〜な感じです。 地元から大阪に出てきたときは、この身内感が衝撃的で「なんじゃこりゃ!」と思ったものですが、ユーモアは“愛”だな…とこの歳になって思います。(大袈裟)

          24-2. 発信には、愛の波動を込めたいの

          24-1. 女性の持つ“慈愛の力”と“稼ぐこと”を両立させる

          引っ越す前に会いたい人がたくさんいたのですが、つわりがあったので誰とも約束できず。 ですが、唯一、20年来の友人とだけ会うことができました。 彼女は会社員をしながら、女性ビキニ競技の選手をしています。いわゆる“ボディビルダー”と言えばわかりやすいでしょうか。 短期間で体脂肪率を下げ、一番を勝ち取りに行く競技。彼女はかなりストイックで、メダルを取るレベルの選手。 で、彼女から興味深い話を聞きました。 勝ちに行くマインドでい続けると、女性ホルモンが少なくなるらしいのです

          24-1. 女性の持つ“慈愛の力”と“稼ぐこと”を両立させる

          23-108. 引っ越し完了、ホームに戻り3年間の夢から目覚めた気分。

          転勤で3年ぶりに関西へ戻ってきました! ホーム感が半端ないです。 元々は大阪に15年住んでいましたが今回は初めての兵庫県の西宮市です。 西宮ガーデンズがオープンしたとき阪急で働いたこともあり、とても懐かしい。いい思い出がたくさんある場所です。 新大阪から乗り慣れた御堂筋線に乗ったとたん、旅行から帰ってきたような、夢から醒めたような、なんとも不思議な感覚になりました。 電車のアナウンス、アナウンスする方の声のこの感じ!なつかしいよぅ。 大阪は、すれ違う人の空気感、着て

          23-108. 引っ越し完了、ホームに戻り3年間の夢から目覚めた気分。

          23-107. 妊娠13週目|転勤&妊娠という変化に心を追いつかせよう

          「クリスマスまでにはきっとよくなるから!」と娘に宣言し、10月末から約2ヶ月間続いたつわり。13w入ってしばらくして、ちょうど季節が進んで寒くなったころから、かなり体調がよくなってきました。 ぶり返しもあるとは思うけど、ここ数日はいい感じです。 今でもOS1は1日2本以上飲むようにしていますし、空腹時の吐き気はありますので、そういうときは食べられるものを食べています。健康的な食生活に切り替えられるのは、もう少し先かな。 わたしの場合は、頭寒足熱だとつわりがマシになりやす

          23-107. 妊娠13週目|転勤&妊娠という変化に心を追いつかせよう

          23-106. 妊娠12週目|みな愛されたくて産まれてきている

          12/10(日)12w0d 12週。なんだかんだ、子どもがいると時間が経つのが早い。 一週間前から食べたかった手作りの餃子。 今日やっとつくれた! 久しぶりに食事が美味しいと思えた。これ以上しあわせなことはない。 子どもの頃の食事は“食べなければならないもの”だった。 親からのプレッシャー、残したときの残念そうな顔、掃除が始まって埃っぽい中で給食を食べ続けるさみしさ。 でも、1人目のつわりで食べられなくなったときに「ご飯が食べられるって幸せなことなんだ!」と、全細

          23-106. 妊娠12週目|みな愛されたくて産まれてきている

          23-105. 妊娠11週目|小さな者とからだを分け合う

          12/4(月)11w1d 11週に入った。一般的なピークは8〜10週と言われるので、「10週を超えたら」と期待していたからこそ、気分の悪さが際立つ。 昨日、水分補給を怠ってOS-1を1本しか飲まなかったからかなと反省。水分量が少ないと必ず翌日撃沈する。私の場合はOS-1を2本飲まないとダメみたい。 旦那さんが出張中なので、スーパーに行かないと…。 いつもの空腹になる10:00ごろ。 今日はほんとに気持ちわるい。 頭の中で何が食べられるか考える。麺…ジャージャー麺…台

          23-105. 妊娠11週目|小さな者とからだを分け合う