もとぴ

自分のいろいろな趣味や日記、思ったことなど自由に書いていこうと思っています。気軽にフォローやコメントしてください。 Twitterもやってるのでそちらもどうぞ。

【小説】chapter14 イタリアンレストランにて

 少し暗めの照明。黒を基調としたインテリア。まさにデートでもなければ行かないような、イタリアンのお店に連れてこられた。どうやら食事はコースで予約しているらしい。…

【小説】chapter13 渋谷にて

 過去一番憂鬱で楽しみな金曜日がやってきた。エミさんとの待ち合わせは渋谷のロフト。大学は4時には終わっていて、僕は少し早めにロフトに着いて時間を潰していた。ロフ…

【小説】chapter12 電話の向こうにて

 あの日居酒屋のトイレで電話をかけてからまた距離が近づいた気がする。電話で話すことが多くなった。今まではなんとなくお互いに遠慮していたのだが、最近は毎日のように…

【小説】chapter11 飲み屋のトイレにて

 画廊は5時に閉まるらしい。3人でお昼にたらふくワインを飲んでしまったが、酔っ払いながらもひたすら作業をして、ようやくギリギリで展示の準備を終えることができた。そ…

【小説】chapter10 銀座にて

 銀座の雑居ビルの一つにある小さな画廊。僕が到着した頃には展示するものは運び込まれていて田中先生がちょうど一息ついてるところだった。 「おーありがとう。忙しいと…

【小説】chapter9 スポーツショップにて

 水族館を出て大通りを二人で歩く。エミさんが近くのスポーツショップに入ろうと言ってきたので   「エミさんってスポーツとかするんですか?」 とちょっとからかうよう…