元警察官👮‍♂️ケイ

警察官を約10年勤めて退職した元警察官。交番、鑑識、機動隊などを経験。警察官を目指す人、警察官から転職したい人などへの記事作成や相談をしています。メインブログ→http://motopolice.xyz/ ツイッター→https://twitter.com/motokeisatu

元警察官👮‍♂️ケイ

警察官を約10年勤めて退職した元警察官。交番、鑑識、機動隊などを経験。警察官を目指す人、警察官から転職したい人などへの記事作成や相談をしています。メインブログ→http://motopolice.xyz/ ツイッター→https://twitter.com/motokeisatu

    マガジン

    • 被害者と警察官として出会った二人が恋愛関係になるまで

      交番勤務の時、事件を受理したことで出会った素敵な女性。被害者と警察官という関係では決して付き合うことのなかった彼女と、どうして恋愛関係になったのか。これを読めば、どうしたら「被害者に手を出した」と言われずに付き合えるかわかるかも。

    • 警察官になりたい人のための記事を収録したマガジン

      将来警察官になりたいと考えている人に、警察官経験者として伝えておきたい記事を集めたマガジンです。ここの記事を読んで、目の前のことだけでなく、数十年後のことも考えて後悔のない選択をしましょう。

    • 警察官試験面接対策4冊セットマガジン

      1冊980円の警察官採用試験の面接対策の4つのnoteがセットになったマガジン。 4冊単品で購入するよりも〔1900円〕お得です

    • 警察学校のことが本当にわかるマガジン記事

      このマガジンは↓こういった人たちに役に立つものです ・警察官になりたいけど、警察学校はすごく厳しいと聞いたことがあるから不安 ・家族や恋人が警察学校に入っているが、どんな生活かわからないため知りたい。 ・警察学校の本当の実態を知ることができる信用できる情報が欲しい ・警察が行う採用説明会などではいいところしか言わないだろうから、悪いところも含めて本当の実態を知りたい こういった人たちのために、元警察官の私が警察学校の本当の実態がわかる記事を作成しました。 もし私が警察官になる前だったら、こういうことを知りたかった、と思うことを書きました このマガジンを読めば、警察官にならないとわからないことが、警察官になる前に知ることができます これまで120人以上の人に購入されています 30以上の記事があるので1記事の価格は60円以下です

    • 警察官との恋愛・結婚記事の収録マガジン

      警察官との恋愛や結婚に関する記事をまとめたマガジンです

    最近の記事

    固定された記事

    人生最長のオナ禁期間を記録した警察学校最初の1か月。そしてついに迎えた1ヶ月ぶりの彼女との再会の時

    今回は、私の人生で最長のオナ禁期間の記録となっている警察学校最初の1カ月間と、それを耐え抜いた後の彼女とのセックスの時の話。 警察学校は入校してから最初の一か月間は帰宅できません。(都道府県によってちがいあり) 土日も自由に外出できません。 まるで刑務所です その期間、男の大きな悩みの一つである「性的発散」がどれだけきつかったか、という経験談です。 私たちが収監(入校)されて3週目に入ったころでした。 寮での自由時間の時、ルームメートのひとりが突然叫んだ 「あー

    スキ
    12
      • ⑤おつり・レシートと一緒に彼女から渡された思いがけないもの

        前回の記事↓ 次の休日に約束通り彼女のお店に行くと彼女も待ってくれていた 「サイズは確認してきましたか?」 そして母の日のプレゼントに彼女が薦めてくれたカーディガンを購入することに決めた 今でもどんなカーディガンだったかよく覚えている 彼女は「まさかうちで本当に買ってくれるなんて、交番行った時に営業してよかったです」とかわいい笑顔で言ってくれた そういった話以外にも、プレゼントを最終的に決めながら私たちはいろんな話をした 10分ていどだったと思うが、私にとっては

        • ④警察官ではなく客として彼女の店へ。少しの勇気が人生を大きく変える

          前回のnote↓ 「うちの店には母の日のプレゼントにいい物もあるのでぜひ見に来てくださいね」 と言って帰って行った彼女 本当に行っていいものかどうか少し迷ったが、私は次の非番日にお店に行ってみることにした お店に行くのは交番警察官として被害届を受理した時以来 今日はもちろん制服ではない。 仕事帰りのスーツ姿で、警察官ではなく客として来店する 店の前まで来たが、この前と違ってお店に入るのに少し勇気が必要だった 「社交辞令で言ったのに本当に来ちゃったよ」などと思われた

          • ③帰ろうとした彼女が振り返りながら最後に言ったことが始まりになった

            前回の記事はこちら↓ 1分で終わってしまった被害届の訂正 すると彼女が 「実は・・以前から警察官の方に聞いてみたいことがあったんですけど、いいですか?」 なんと彼女の方からこんなことを言ってくれた 私は「もちろんどうぞどうぞ」 と大喜び 話を聞くと、彼女が聞いてみたかったこととは ・近所に迷惑路上駐車を繰り返す人がいるが、警察官に通報していいのか といった、警察官であれば毎勤務よくあるようなことだった しかし、話題はなんでもよくて、彼女と数分でも長く話ができた

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • 被害者と警察官として出会った二人が恋愛関係になるまで

            • 6本

            交番勤務の時、事件を受理したことで出会った素敵な女性。被害者と警察官という関係では決して付き合うことのなかった彼女と、どうして恋愛関係になったのか。これを読めば、どうしたら「被害者に手を出した」と言われずに付き合えるかわかるかも。

          • 警察官になりたい人のための記事を収録したマガジン

            • 6本

            将来警察官になりたいと考えている人に、警察官経験者として伝えておきたい記事を集めたマガジンです。ここの記事を読んで、目の前のことだけでなく、数十年後のことも考えて後悔のない選択をしましょう。

          • 警察官試験面接対策4冊セットマガジン

            • 4本
            • Â¥1,980

            1冊980円の警察官採用試験の面接対策の4つのnoteがセットになったマガジン。 4冊単品で購入するよりも〔1900円〕お得です

          • 警察学校のことが本当にわかるマガジン記事

            • 35本
            • Â¥1,980

            このマガジンは↓こういった人たちに役に立つものです ・警察官になりたいけど、警察学校はすごく厳しいと聞いたことがあるから不安 ・家族や恋人が警察学校に入っているが、どんな生活かわからないため知りたい。 ・警察学校の本当の実態を知ることができる信用できる情報が欲しい ・警察が行う採用説明会などではいいところしか言わないだろうから、悪いところも含めて本当の実態を知りたい こういった人たちのために、元警察官の私が警察学校の本当の実態がわかる記事を作成しました。 もし私が警察官になる前だったら、こういうことを知りたかった、と思うことを書きました このマガジンを読めば、警察官にならないとわからないことが、警察官になる前に知ることができます これまで120人以上の人に購入されています 30以上の記事があるので1記事の価格は60円以下です

          • 警察官との恋愛・結婚記事の収録マガジン

            • 2本

            警察官との恋愛や結婚に関する記事をまとめたマガジンです

          • 警察官のブラック勤務の実態

            • 0本
            • Â¥800

            警察官は激務でブラック勤務と言われるが、実際の労働環境はどうなのか 私が実際に経験して見てきた実態を紹介します   特に警察官志望者は、志望する仕事の労働環境を事前に知ることは重要です。 警察官志望者のために価格は安くしました 人生を左右する決断に役立てて下さい。 (1)労働時間・残業  ①始業時間の1時間以上前に来なければいけない理由は?  ②夜勤 仮眠は取れる?夜勤明けに長時間残業になる構造とは。  ③消防の方が断然ホワイトだと知った時  ④休日出勤はある?  ⑤非常招集~休日いつ呼びされるかわからない  ⑥平均残業時間 (2)休日・年休   ①年間で年休をどれくら取得できる?   ②海外旅行?夢のまた夢 (3)賃金  ①同期採用(同じ勤続年数)、同じ階級でも、月給が数万円以上異なる理由は  ②警察官は公務員なのに所得が激しく増えたり減ったりするのはなぜか  ③残業代は出る?

          • 警察のブラック勤務とパワハラの実態マガジン

            • 11本
            • Â¥980

            警察官の勤務はどれほどブラックで厳しいのか、また階級社会・縦社会と言われる警察組織のパワハラはどれくらい酷いのか、 警察官を約10年勤めた私が実際に経験し見てきた実例集です。 これから警察官になりたいと考えている人はこのような実態を知っておいた方がいいと思いまとめました。 警察が出している受験者に向けての募集案内にはいいことしか書けないと思うので、実際のところをここで教えちゃいます。

          • 警察官は見た。幸せな夫婦を襲う危機・リスク

            • 2本
            • Â¥900

            警察官時代に数多く扱った事件事故の中で、人間の闇が夫婦関係に亀裂を生じさせたものをリストアップ。 夫婦円満を続けるために必要なことも見えてくる

          • 被害者と警察官として出会った二人が恋愛関係になるまで

            • 6本

            交番勤務の時、事件を受理したことで出会った素敵な女性。被害者と警察官という関係では決して付き合うことのなかった彼女と、どうして恋愛関係になったのか。これを読めば、どうしたら「被害者に手を出した」と言われずに付き合えるかわかるかも。

          • 警察官になりたい人のための記事を収録したマガジン

            • 6本

            将来警察官になりたいと考えている人に、警察官経験者として伝えておきたい記事を集めたマガジンです。ここの記事を読んで、目の前のことだけでなく、数十年後のことも考えて後悔のない選択をしましょう。

          • 警察官試験面接対策4冊セットマガジン

            • 4本
            • Â¥1,980

            1冊980円の警察官採用試験の面接対策の4つのnoteがセットになったマガジン。 4冊単品で購入するよりも〔1900円〕お得です

          • 警察学校のことが本当にわかるマガジン記事

            • 35本
            • Â¥1,980

            このマガジンは↓こういった人たちに役に立つものです ・警察官になりたいけど、警察学校はすごく厳しいと聞いたことがあるから不安 ・家族や恋人が警察学校に入っているが、どんな生活かわからないため知りたい。 ・警察学校の本当の実態を知ることができる信用できる情報が欲しい ・警察が行う採用説明会などではいいところしか言わないだろうから、悪いところも含めて本当の実態を知りたい こういった人たちのために、元警察官の私が警察学校の本当の実態がわかる記事を作成しました。 もし私が警察官になる前だったら、こういうことを知りたかった、と思うことを書きました このマガジンを読めば、警察官にならないとわからないことが、警察官になる前に知ることができます これまで120人以上の人に購入されています 30以上の記事があるので1記事の価格は60円以下です

          • 警察官との恋愛・結婚記事の収録マガジン

            • 2本

            警察官との恋愛や結婚に関する記事をまとめたマガジンです

          • 警察官のブラック勤務の実態

            • 0本
            • Â¥800

            警察官は激務でブラック勤務と言われるが、実際の労働環境はどうなのか 私が実際に経験して見てきた実態を紹介します   特に警察官志望者は、志望する仕事の労働環境を事前に知ることは重要です。 警察官志望者のために価格は安くしました 人生を左右する決断に役立てて下さい。 (1)労働時間・残業  ①始業時間の1時間以上前に来なければいけない理由は?  ②夜勤 仮眠は取れる?夜勤明けに長時間残業になる構造とは。  ③消防の方が断然ホワイトだと知った時  ④休日出勤はある?  ⑤非常招集~休日いつ呼びされるかわからない  ⑥平均残業時間 (2)休日・年休   ①年間で年休をどれくら取得できる?   ②海外旅行?夢のまた夢 (3)賃金  ①同期採用(同じ勤続年数)、同じ階級でも、月給が数万円以上異なる理由は  ②警察官は公務員なのに所得が激しく増えたり減ったりするのはなぜか  ③残業代は出る?

          • 警察のブラック勤務とパワハラの実態マガジン

            • 11本
            • Â¥980

            警察官の勤務はどれほどブラックで厳しいのか、また階級社会・縦社会と言われる警察組織のパワハラはどれくらい酷いのか、 警察官を約10年勤めた私が実際に経験し見てきた実例集です。 これから警察官になりたいと考えている人はこのような実態を知っておいた方がいいと思いまとめました。 警察が出している受験者に向けての募集案内にはいいことしか書けないと思うので、実際のところをここで教えちゃいます。

          • 警察官は見た。幸せな夫婦を襲う危機・リスク

            • 2本
            • Â¥900

            警察官時代に数多く扱った事件事故の中で、人間の闇が夫婦関係に亀裂を生じさせたものをリストアップ。 夫婦円満を続けるために必要なことも見えてくる

          記事

          記事をすべて見る
            • ②後輩のミスのおかげでもう一度会えることに。被害届の訂正をしてもらって終わるはずだったが・・

              前回の記事は↓こちら↓ デパートから交番に戻って来て 後輩が代書した被害届を確認していたところ、誤字脱字があったことに気がつきました 被害届は被害者が記載する書類であり、訂正する場合は被害者の押印が必要になります 警察官だけで訂正はできません 被害者に連絡して、被害届に印をしてもらわなければなりません。 被害者によっては中々連絡がつかなったり、会える時間がなかったりと、けっこう面倒な時もあります いつもなら「被害届の訂正かー、めんどうだな」と思うけど、この時は「

              • 交番警察官と被害者で出会ったとしても堂々と恋愛関係になれる方法はある

                これから数回にわたって、交番警察官だった時に付き合った女性との話を書いていきます。 その女性と出会ったきっかけは、被害届を受理した相手でした。 この記事を書こうと思った理由と誰に読んでほしいか 今回この話を書こうと思った理由は、↓こういった相談がよく来るからです お世話になった交番警察官を好きになってしまいました 警察官と付き合うことはできるのでしょうか 警察官は仕事で対応した相手とは付き合ってはいけないという規則はあるんですか? こういったことで悩んでいる人がたくさ

                スキ
                2
                • ①出会いはよくある万引き被害で、いつもの被害届と同じように終わるはずだった。

                  私が勤務していた交番は大型の駅前の交番 毎日ものすごい数の人が通勤・通学・買い物などで利用する駅のロータリーにある交番でした。 デパートやショッピングモールなど大型の商業施設から、居酒屋などの飲食店、風俗街まであるところでした そのため、毎勤務のように万引きや酔っ払い、ケンカなどの事件事故が発生していました。 勤務して2年目の頃、駅前デパートの女性フロアのアニエスベーから万引き被害の通報があり、現場に行くことになりました 私と、警察学校卒業して半年くらいの後輩を連れ

                  • 新卒ストレートで警察官になるのはやめた方がいい理由

                    こんにちは 警察官を約10年務めて退職した元警察官ケイです 警察官を目指している高校生や大学生たちへ伝えたいことがあります それは「高校や大学を卒業してストレートで警察官になってはいけない!」 ということです。 今あなたは高校や大学を卒業して早く警察官になりたいと思っているかもしれません その熱い思いはとても素敵です でも、高校や大学を卒業してそのまますぐに警察官になるのはやめた方がいいです。 一度別の仕事を経験してから警察官になりましょう。 その理由をこの

                    スキ
                    4
                    • 警察官を辞めるとどうなるか。得たことや失ったこと

                      警察官を約10年務めて退職した元警察官のケイです。 細々と続けてきたツイッターは1万人以上の方と繋がれるようになれました →元警察官ケイのツイッター← 最近は警察官を目指す人だけでなく、現職の警察官からもメッセージをいただくようになりました。 ブログやツイッターをやってきて本当によかったです。 そこで今回のこのnoteは、 警察官を辞めてよかったことや得られたこと(メリット)  反対に失ったことやできなくなったこと(デメリット) を、経験者の私が本音をまとめた

                      スキ
                      3
                      有料
                      1,980
                      • 元警察官ケイが、警察官採用試験に本気で合格するつもりで自己PR例文を考えた(警察官自己PR)

                        こんにちは 警察官を約10年勤め、子育てしたくて退職した元警察官のケイです フォロワー1万人のツイッターアカウントはこちら→元警察官ケイのツイッター ブログはこちら→元警察官ケイのブログ 今回は 自分がこれから警察官採用試験を受けるつもりで、本気で合格するための自己PRを考えてみました 大切なことなので、もう一度繰り返しますが、本気で合格するつもりで考えました 他の受験生ではなく、絶対に自分を採用した方がいいと思ってもらうための自己PRを考えました。 なぜそん

                        スキ
                        32
                        • 元警察官ケイが、警察官採用試験に本気で合格するつもりで自己PR例文を考えた(警察官自己PR)

                          こんにちは 警察官を約10年勤め、子育てしたくて退職した元警察官のケイです フォロワー1万人のツイッターアカウントはこちら→元警察官ケイのツイッター ブログはこちら→元警察官ケイのブログ ツイッターやブログを見てもらえればわかるように、私は間違いなく警察官をやっていた元警察官です。 元警察官のフリをした偽物ではありません。 さて、そんな私が今回 自分がこれから警察官採用試験を受けるつもりで、本気で合格するための自己PRを考えてみました 大切なことなので、もう一

                          スキ
                          2
                          有料
                          980
                          • ツイートにいただいたリプから、男の一人行為に対する女性たちの考え方を4つに分類してみた

                            こんな悲しいツイートをしたところ、優しい女性の方々から思いの外たくさんのリプをいただくことができました いただいたリプから、男のオナニーに関する女性の考えをいくつかに分類できそうだと思い、リプを分類してみました (1)男のオナニーに不快感を示すタイプ男のそういう行為に対して嫌悪感や腹正しさを感じる女性。 (2)自分を責めてしまうタイプパートナーの男性が自分ですることに対して、自分自身に責任を感じるタイプの女性もいらっしゃいました。 (3)怒りも悲しみもしないニュートラ

                            スキ
                            3
                            • 警察学校での教官との交換日記の記録(初日〜30日目)

                              警察学校では全員が毎日必ず書かされる記録日誌があります。 その日にやったことや思ったことなどをノートに書きます しかし、これがただ自分で見るだけの記録ではありません。 翌朝全員分を集めて教官に提出します 夕方には返却されますが、時々教官からお返事が書かれていることもあります つまり、教官との交換日記のようなものです 入校中はほぼ毎日書いてます 書かなかった日の例外としては 職場実習中(入校中に数日間警察署に行って交番やパトカー勤務に帯同する)や、卒業試験前

                              スキ
                              19
                              • 警察官の彼氏からメッセージの返信が来ない時に、返信を送らせる方法

                                こんにちは 元警察官のケイです 1万人にフォローしていただいてるTwitterアカウントはこちら→元警察官ケイのツイッター 今回のnoteは 警察官の彼氏からメッセージの返信が来なくて悩んでる という人のために 彼に返信させる方法を伝授します 先日こんな相談が来ました 「彼氏が警察官です 少し前からLINEの返信が来なくなりました もう10日以上返信がありません その間、私から3回ほどLINEしたのですが、既読はつくのに返信がありません。 いくら警察官

                                有料
                                980
                                • 交番警察官の三交代(三交替)勤務は、実は超絶ブラック勤務

                                  こちらのブログ記事→警察官の勤務形態その1 三交代制    で紹介している警察官の勤務態勢のひとつ三交代勤務。 このnoteでは、警察オフィシャルのホームページなどでは絶対に紹介されることのない本当のブラックな実態をお伝えします。 三交代勤務はそれほど悪い勤務ではなさそうだけど・・三交代勤務は一見するとそこまで悪くない勤務体制にも見えます 当番日の24時間勤務が終われば、非番日の朝には仕事が終わり、さらに翌日は休日です。 3日間のうち、ほぼ2日間の休日があるように見え

                                  スキ
                                  9
                                  • 警察学校は給料は少ないけど、自由に使えるお金(可処分所得)は意外と多い。

                                    警察官を約10年勤めて退職した元警察官です ブログやnote、ツイッターで警察のことや子育てのことについて発信しています でも頭の中は毎日女性のことばかり考えてます。 今回の記事はこんな人のための記事です ・警察学校に入ってる間の給料ってどれくらいなの? ・勉強や訓練してるだけで、市民の役にたってるわけではないのに給料ってもらえるの? ・自由に使えるお金ってどれくらいあるの? ・警察学校中と、卒業して現場に出た時では給料はどれくらい変わるの? といった、警察学

                                    スキ
                                    9