マガジンのカバー画像

警察学校のことが本当にわかるマガジン記事

34
このマガジンは↓こういった人たちに役に立つものです ・警察官になりたいけど、警察学校はすごく厳しいと聞いたことがあるから不安 ・家族や恋人が警察学校に入っているが、どんな生活かわ… もっと読む
¥1,980
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

警察学校は恋人を切り裂くところ。入校した人の半分以上が恋人と別れてしまう理由。それを防ぐために知っておくべきこと

この記事を読んでくれている人は、 これから警察学校に入校する人 または 彼氏・彼女が警察学校に入校する人だと思います。 そんなあなたたちに気をつけてほしいことがあります。 警察学校は恋人たちを引き裂くところです 私が警察学校に入校していた時、彼氏彼女がいた人たちの半分以上が別れました。 クラスの人数が約30人、入校時に彼氏彼女がいた人が15〜16人くらい そのうち10人以上は別れてしまいました。半分以上です しかもそのほとんどが最初の3ヶ月以内で別れてしまいました。

警察学校での教官との交換日記の記録

警察学校で全員が毎日必ず書かされる日誌。 その日にやったことや思ったことなどをノートに書きます これはただ自分で見るだけではなく、翌朝教官に提出します 夕方には返却されますが、時々教官からお返事が書かれていることもあります つまり、教官との交換日記のようなものです 入校中はほぼ毎日書いてます 例外としては 職場実習中(入校中に数日間警察署に行って交番やパトカー勤務に帯同する)や、卒業試験前 など、教官から書かなくてもいいと言われた時だけです。 それ以外はほぼ

警察学校で学生同士の恋愛はあるのか

警察学校では学生同士の恋愛が禁止されています。 慣例などではなく、「学生規則」にしっかりと明記されています。 「入校中は勉強・訓練に集中するために、学生同士の恋愛を禁止する」 このように明記されています。 警察学校生はこの規則を守っているのでしょうか。 禁止と言われれば逆に火がついて燃えてしまうのが恋愛感情です。 世の中にあふれている禁断の恋って、禁断だから盛り上がっちゃうのだと思います。 そもそも、授業だけでなく、食事や掃除も一緒にやり、時には真っ暗な闇を一緒

警察学校は給料は少ないけど、自由に使えるお金(可処分所得)は意外と多い。

警察官を約10年勤めて退職した元警察官です ブログやnote、ツイッターで警察のことや子育てのことについて発信しています でも頭の中は毎日女性のことばかり考えてます。 今回の記事はこんな人のための記事です ・警察学校に入ってる間の給料ってどれくらいなの? ・勉強や訓練してるだけで、市民の役にたってるわけではないのに給料ってもらえるの? ・自由に使えるお金ってどれくらいあるの? ・警察学校中と、卒業して現場に出た時では給料はどれくらい変わるの? といった、警察学

警察学校最終回。午前中までは警察学校生だったのが、午後には110番の最前線へ。

卒業式の後、警察学校で昼食を取ったらすぐに配属先の警察署に向かいます。 遅くても14時くらいには警察署に着きます。 署に着いたらまずは地域課に行きます。 地域課の部屋に入ると、すぐに聞こえてきたのが「無線」でした。 地域課の真ん中には大きな無線機器があり、そこから途切れることなく無線通話が流れていました。 「交通物損事故の通報」「車上狙い発生の通報」「PC1現場に向かいます」・・・・ 流れ続ける無線を聞いて「本当に現場の最前線に来てしまったんだ」と実感しました。

一日に3つも盛りこむから情緒不安定になる。警察学校卒業式

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

警察学校卒業旅行。話し合って旅行プランを決めたはまったく無駄だった。

警察学校では卒業前に卒業旅行に行きます。 必ずクラス全員と担当教官が参加する公式な学校行事です。 1泊2日の短いものですが、行先やプランはクラスで好きに決めることができる。 自分たちはどこに行くか、何をするか、事前にクラスで話し合いが行われました 行きたい候補を上げていき、話し合い・多数決などを経て、プランを練りました しかし、旅行一日目の夕方には,行先やプランを考えた過程はまったく無駄だったと思いました。 「これじゃぁどこに行こうが、どんなイベント計画を立てよう

いよいよ警察学校卒業間近。何を思う?何をする?

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

警察学校卒業前の最大・最恐のイベント(マガジン版)

警察官に採用されると例外なく全員警察学校に入校します。 高卒コースなら1年、大卒コースなら半年間です。 ここまでは同期全員同じです。 しかし警察学校の次からは、それぞれ別の警察人生を歩んでいくことになります。 つまり警察学校を卒業した後、どこの所属に配属になるかです。 そこからそれぞれまったく異なる警察人生が始まっていきます。 卒業前最大のイベントとは、この配属先の決定を知らされる時です。

警察学校で、好きな女の子の気を引くために使った物。

警察学校入校中には、3人の女性と恋愛した。 入校初期、中期、後期。 1人は、入校前から付き合っていた彼女で、入校から2か月後に終わった その後、入校中期は同期の女性警察官が気になった時期。少し探りを入れるも反応はいまいちで、周囲の噂になることも恐れすぐに撤退 入校後半期には、警察官になる前から知り合いだった女性と付き合い始める。私と別れた後、AV女優になった女性で、毎週末空っぽになるまでスッキリして警察学校に戻れるようになった。 今回は、入校中期の時の、同期生の女性

「中身よりも形」。新しい警察学校長対策のために教官が学生に指示したこと。

私が警察学校に入校していた期間、途中で学校長が異動で別の人に変わりました。 新しい学校長が来て、学校も教官たちも大混乱になりました。 それは悪い意味で。 この学校長対策のために、教官たちが私たち学生に指示した内容が本当に笑るものでしたので紹介します。

警察官人生で唯一「一件でも多く事件・事故が起きてほしい」と願った一週間

すべての警察官は「事件・事故が起きないように」と思っています。 突然の事件事故の発生で、警察官たちの仕事負担がどれだけ増えるか、どれだけ私生活が破壊されるかは、このブログでもたくさん記事にしてきました しかし、警察人生の中で唯一「事件事故がたくさん発生してほしい」と思った1週間があります それはまだ現場にも出ていない警察学校の時でした。 なぜか

警察学校には級長のような役員もある。一番大変な役員とは。

警察学校では以下のような役員がありました 総代 同期全クラスの中での代表者 点呼や訓練での号令や教官と学生の連絡など多岐にわたってやることが多くもっとも負担の多い役職です。毎朝、班長やその他の係りの者と担当教官のところに行き連絡事項の伝達などもあります。  また、学生が何か問題を起こしたりした時も、クラスを代表して教官のところに謝罪に行ったり教官から呼ばれたり、面倒な役も多いです  入校式や卒業式では代表で挨拶・宣誓のようなこともやります  従来はもっとも年長な人や社会経験

警察学校のお風呂はどんな訓練よりも厳しい鍛錬だった

警察学校のお風呂はもちろん共同風呂です。  入校者が多い時期などは何百人という人が利用します。  さらに、風呂に入ることができる時間帯も決められています。 、確か19時~21時の2時間くらいしかないのです。  そのため、お風呂はものすごい混雑します。  風呂の入り口ドアを開けると、そこはいつも裸の男たちがぎゅうぎゅう詰めでした。 共同風呂はドアを開けると、広い脱衣所があります じっとりと湿った空気の中で、溢れかえった裸の男たちが、談笑したり着替えたりしています。