株式会社MonotaRO(モノタロウ)

モノタロウ~♪ のCMでおなじみの事業者向けECサイト(monotaro.com)を運…

株式会社MonotaRO(モノタロウ)

モノタロウ~♪ のCMでおなじみの事業者向けECサイト(monotaro.com)を運営するモノタロウのnote公式アカウント。 メンバーの取り組み、日々の様子を発信しています。

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

【まずはこれを読んでほしい!】モノタロウ公式noteの歩き方📚

※本記事の内容は取材時のものであり、組織名や役職等は取材時点のものを掲載しております。 こんにちは。モノタロウnote編集チームです。当社noteに訪れていただき、ありがとうございます! 当社noteは2020年の3月よりスタート。記事が多くなり、ご覧いただく機会も増えてきましたので、本記事をガイドとして用意しました!モノタロウnoteをご覧いただくにあたり、最初にこの記事を見ていただくことで、よりスムーズにお読みいただけることと思います! ・モノタロウについて手短に理

    • 25卒採用スタート!新卒関連記事を一挙にご紹介します

      こんにちは、モノタロウ新卒採用担当です。今年も2025年卒の新卒採用活動をスタートしています! 今回はエントリー方法や会社説明会に関する情報、皆さんのモノタロウに対する「気になる」にお答えするブログ記事をピックアップしてご紹介します。 これから選考に参加したい方や、選考に参加するかを検討中の方は是非お読みください。 25卒エントリーの受け付け[総合職][技術職][茨城地域限定職]の3コースでエントリーを受け付けています。 選考参加をご希望の方は、下記弊社新卒採用サイトのE

      • データで知るMonotaRO 2024【全社編】

        モノタロウでは、多種多様なバックグラウンドを持つ社員が、多様な働き方を支え合い、社員が安心してチャレンジし続けられる環境をつくることを目指しています。 この記事では、ともに働く仲間や働き方のデータ(2023年1月〜2023年12月)をインフォグラフィックで一挙に公開します。 採用時の質問でよくある項目から、「お、これは知らなかった!」という項目まで取り上げております。ぜひ最後までご覧ください。 ▼インフォグラフィック詳細 記事下部で各項目について詳しく解説しています。 ※

        • 働き方に迫る!拠点解説~猪名川ディストリビューションセンター編~

          2022年4月に兵庫県猪名川町にオープンした物流拠点「猪名川ディストリビューションセンター(以下猪名川DC)」。 自動搬送ロボット(Racrew)数百台を活用した最先端の物流拠点です。 今回のブログ記事では「働く人」目線で猪名川DCをご紹介していきます。 実際に働いている従業員へのインタビューもありますので、猪名川DCでのお仕事を検討されている方は、ぜひぜひお読みください! 最寄り駅からのアクセス最寄りのJR川西池田駅と阪急川西能勢口駅の2つの駅から猪名川DCまで、無料の

        • 固定された記事

        【まずはこれを読んでほしい!】モノタロウ公式noteの歩き方📚

        マガジン

        • 新卒
          33本
        • 人気記事
          10本
        • 働く環境
          28本
        • サプライチェーン・物流
          12本
        • データサイエンス
          13本
        • エンジニアリング
          27本

        記事

          司法修習生の受け入れを行いました~実習を終えてのレポート~

          MonotaROの法務グループでは、司法修習生の自己開拓プログラムとして、2023年10月16日から27日までの2週間、山岡さんをインターンシップとして受け入れました。 本記事では、山岡さんがインターンシップとして参画した理由や経緯、体験して感じたことや学んだことを書いていただきました。                                                                                                

          司法修習生の受け入れを行いました~実習を終えてのレポート~

          大阪梅田へ本社を移転しました!

          当社は2023年11月に兵庫県・尼崎市にあった本社を⼤阪府⼤阪市北区梅⽥三丁⽬に建設されたJPタワー⼤阪に移転し、新たなスタートを切りました。 ■新本社概要 ・所在地:⼤阪府⼤阪市北区梅⽥三丁⽬2番2号 「JPタワー⼤阪」21階・22階 ・フロア⾯積:約1,200坪(約4,000㎡)×2フロア分 ・アクセス:JR⼤阪駅直結、⼤阪メトロ西梅田駅・阪神電鉄 ⼤阪梅⽥駅より徒歩2分 他。 ※2023年3⽉18⽇にJR⼤阪駅(うめきたエリア)が開業し、 全7駅10以上の路線が利⽤可

          大阪梅田へ本社を移転しました!

          エンジニア12名の編集チームが支えるモノタロウのテックブログとは?

          こんにちは。モノタロウnote編集チームです。 今回は、皆さんに現在お読みいただいているモノタロウ採用ブログとは別に、モノタロウで技術に関する情報を発信しているモノタロウTech Blogについてご紹介したいと思います。 テックブログとは? テックブログとは、主に技術に関する情報を発信するブログのことです。近年、Web系・SaaS系の企業を中心に、学びやプロダクト開発の過程を公開する目的でテックブログを運営する企業が増えています。 当社では主にエンジニアやデータサイエンテ

          エンジニア12名の編集チームが支えるモノタロウのテックブログとは?

          全部門参加で過去最大の盛況!社内カンファレンスManabiCon#5の様子

          ※本記事の内容は取材時のものであり、組織名や役職等は取材時点のものを掲載しております。 モノタロウでは業務を通じて得た学び・教訓を広く共有する社内カンファレンス”ManabiCon”を毎年開催しています。 今回はモノタロウの成長支援の一環として、職種を越えて学びを共有する、この”ManabiCon”についてご紹介します。 ManabiConとはManabiConは、業務を通じて得た学び(Manabi)を、ただ少人数で振り返るだけでなく社内の公式な発表の場(Conferen

          全部門参加で過去最大の盛況!社内カンファレンスManabiCon#5の様子

          経理担当者が語る、モノタロウだからできる経理業務の積極的な自動化と業務改善の面白さとは?

          ※本記事の内容は取材時のものであり、組織名や役職等は取材時点のものを掲載しております。 年間の売上規模が2,000億円を超え、13年連続で最高益を実現したモノタロウは間接資材販売のECとして日本最大規模のサービスへと拡大しつつあります。今回は当社を支える経理グループから3名に経理の仕事や、モノタロウだからこそ感じるやりがいについてインタビューしました。 モノタロウに入社するまでーーモノタロウに入社した時期と、入社の経緯を教えてください 伊与: 2011年9月に中途でモノ

          経理担当者が語る、モノタロウだからできる経理業務の積極的な自動化と業務改善の面白さとは?

          他業種/異業種からデータサイエンティストへ!スキルアップを叶えるオンボーディング事例

          ※本記事の内容は取材時のものであり、組織名や役職等は取材時点のものを掲載しております。 モノタロウには現在、20近くの部門があり、年間100名を超える中途・新卒の新入社員の方が入社しています。 参考: 各部署ではそれぞれに特性を活かしたオンボーディング(=新しく会社・組織に加わった人材にいち早く職場に慣れてもらうため)の取り組みを行っています。今回はマーケティング部門 マーケティングサイエンスグループへデータサイエンティストとして最近ジョインされた2名の方とマネージャー

          他業種/異業種からデータサイエンティストへ!スキルアップを叶えるオンボーディング事例

          *CSR活動報告*尼崎地域 清掃活動・保育所支援

          モノタロウでは、CSR活動として「地域に対する継続的な支援・活動を通じて、地域社会へ貢献」をモットーに掲げ、活動しています。 MonotaROのCSR活動の概要や前回の内容はこちら! ドキドキのCSR初参加!地域の子どもたちとの交流を深め、分かった活動の意義 8月は2回実施し、合計で15名の社員が参加しました。 今回は、それぞれの活動内容についてご紹介します。 活動内容①阪神出屋敷駅周辺の清掃活動 8月18日、尼崎市が実施しているGoodマナー&クリーンキャンペーンに社

          *CSR活動報告*尼崎地域 清掃活動・保育所支援

          プライベートブランド商品のブランド価値を高める。モノタロウの品質保証グループ発足の裏側。

          ※本記事の内容は取材時のものであり、組織名や役職等は取材時点のものを掲載しております。 事業者向けEC企業であるモノタロウでは、2000万点以上の間接資材(※業務を進める上で必要な備品)を取り扱っており、その中で34万点以上のPB(プライベートブランド)商品を販売しています。PB商品とは、小売や流通などの自社で商品を生産しない業態の企業が、オリジナルで企画・設計した商品を指します。当社では、ナショナルブランド(※メーカーが展開している商品ブランド)の中から売れ筋の商品を中心

          プライベートブランド商品のブランド価値を高める。モノタロウの品質保証グループ発足の裏側。

          売上拡大と利便性向上の鍵は、深い顧客理解にあった。エンタープライズ向け事業のPdMが語る仕事の面白み-後編-

          ※本記事の内容は取材時のものであり、組織名や役職等は取材時点のものを掲載しております。 前編では、ケビンさんがこれまで経験してこられたお仕事やエンタープライズ プロダクトグループ立ち上げの経緯についてお伺いしました。 後半ではPdM(プロダクトマネージャー)としてのMonotaRO.comと大企業ビジネスとの違いや仕事上大切にされている考え方についてお伺いしていきます。 【MonotaRO.comと大企業向けビジネスでの違い】 MonotaRO.comと比べた時に、特に

          売上拡大と利便性向上の鍵は、深い顧客理解にあった。エンタープライズ向け事業のPdMが語る仕事の面白み-後編-

          売上拡大と利便性向上の鍵は、深い顧客理解にあった。エンタープライズ向け事業のPdMが語る仕事の面白み‐前編‐

          ※本記事の内容は取材時のものであり、組織名や役職等は取材時点のものを掲載しております。 【ケビンさんのこれまでの仕事について】 モノタロウに入社されてから、どのようなお仕事をされて来られたのでしょうか。 もう6年ほど前の話ですが、実はフロントエンドエンジニアとして入社しました。当時は、エンジニアの仕事になるべく集中して経験を積んでいきたいというモチベーションが高かったんですが、徐々に「どう作るか」よりも「なにを作るか」を考えたい意欲が強くなりました。 モノタロウの社内で

          売上拡大と利便性向上の鍵は、深い顧客理解にあった。エンタープライズ向け事業のPdMが語る仕事の面白み‐前編‐

          バックオフィスエンジニアとは?広く浅くを究めるフルスタックなキャリア

          ※本記事の内容は取材時のものであり、組織名や役職等は取材時点のものを掲載しております。 はじめに本記事にお越しいただき、ありがとうございます。採用担当の長尾です。今回は「バックオフィスエンジニアとは?」というタイトルの通り、このポジションの業務内容や魅力についてお伝えできればと思います。 バックオフィスエンジニアと聞いてピンときた方は、どのくらいいらっしゃるでしょうか。つい最近までこのポジションは、社内で「オフィスインフラエンジニア」や「ヘルプデスクリーダー」といった求人

          バックオフィスエンジニアとは?広く浅くを究めるフルスタックなキャリア

          ドキドキのCSR初参加!地域の子どもたちとの交流を深め、分かった活動の意義

          モノタロウでは、CSR活動として「地域に対する継続的な支援・活動を通じて、地域社会へ貢献」をモットーに掲げ、活動しています。 今回は、モノタロウのCSR活動の概要と、実際に私が参加した感想をご紹介します。 1.CSRとは?CSR活動とはCorporate Social Responsibilityの略で、「企業の社会的責任」を意味します。 モノタロウでは「収益を追求しない社会貢献活動」のひとつの形として、有志による地域社会への支援活動を行っています。 2.CSR活動の概要

          ドキドキのCSR初参加!地域の子どもたちとの交流を深め、分かった活動の意義