黒猫シェフ

1960年生まれ 北海道出身 使役犬(シェパードとかドーベル)トレーナー 家電量販店(そうご電器) アイスター商事関連 パルブレッド(パルシステムグループ ほぼ品質管理部門) とある専門学校(定年なったので)

黒猫シェフ

1960年生まれ 北海道出身 使役犬(シェパードとかドーベル)トレーナー 家電量販店(そうご電器) アイスター商事関連 パルブレッド(パルシステムグループ ほぼ品質管理部門) とある専門学校(定年なったので)

    マガジン

    • 2年 社会学

      授業で取り上げたキーワード

    • パン屋の頃

      パン工場の おはなし

    • 2年 経営学

      あとで読む記事をマガジンに保存しておくことができます。不要であれば、マガジンの削除も可能です。

    • バーテンダーのうつつ

      おはなし

    • 諸々あれやこれや

      未分類

    最近の記事

    2年 社会学 12時間目

    結局は「そこに経済が成り立つのか」という事なんでしょう そこにビジネス(提供者と利用者)があるなら成長の可能性があるわけです すごいゲームが出来るだけの環境で終わるなら、それまでの市場なんですが「これ いけるよね」と感じている人がいるようです その世界を成立させる条件として5G、IOT、それらを利用したテクノロジーが不可欠で、投資家たち(個人、企業)が群がって開発の後押しをしています。 実際にどのような世界なのかを説明するために使ったのが、映画『レディ・プレイヤー1(2018

    スキ
    3
      • たくさんのぱん

        たくさんのぱんをつくるためには、それなりの道具や機械が必要です。 ここはパン工場の食パンライン。そこには、工場の中でもひときはハバをきかせている食パン3人娘がいます。 生地を一定のおおきさにカットする中の娘。はっきりものを言うので皮肉屋と思われがちですが、悪気はないのです。本当は慎重な小心者なのです。ただ自分のものさしにあわないと、落ち着かないというところは確かにありますけれど・・・。 カットされた生地をまるめる末の娘。カラカラと明るい性格です。 よく気がつく頭の回転の

        スキ
        1
        • 「おい! 何分まわしてる!!」

          「おい!  何分まわしてる!」 『ありゃっ やってもうたああ』 5分で止めなくてはならないミキサーを10分近くまわしてしまいました。 失敗すると彼はとってもめげてしまいます。 めげると、それがまた別の失敗を呼び込んでしまいます。 「すみませーん」 『全粒粉は低速5分! ああまたやちゃったなあ』 彼は心の中でつぶやきながら、平手で頭をポンポンとたたきました。 これで頭がきりかわるわけではないのですが、そうでもしないと次の失敗がやってきそうです。 食パンの生地は大きなミキサーで

          • 2年 経営学 11時間目

            気が付かれた方もいると思いますが、「ウェルビーイング」って「ES」の事です!と言っても叱られないと思います^^ CSが「お客様は神様でございます」というやつです まあ時代と言ってしまえばそれまででしょうが、「ES」が一周回って「ウェルビーイング」で戻ってきたような感じでしょうか 現実問題として、心の病で苦戦している方も多いのです そのスイッチはみんなに付いているので、私のスイッチが明日ONになるかもしれません(可能性の話) そんな危うい生き方をしているわけです そして時代は

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 2年 社会学

            • 12本

            授業で取り上げたキーワード

          • パン屋の頃

            • 9本

            パン工場の おはなし

          • 2年 経営学

            • 11本

            あとで読む記事をマガジンに保存しておくことができます。不要であれば、マガジンの削除も可能です。

          • バーテンダーのうつつ

            • 95本

            おはなし

          • 諸々あれやこれや

            • 17本

            未分類

          • また読むきっと読む

            • 14本
          • 2年 社会学

            • 12本

            授業で取り上げたキーワード

          • パン屋の頃

            • 9本

            パン工場の おはなし

          • 2年 経営学

            • 11本

            あとで読む記事をマガジンに保存しておくことができます。不要であれば、マガジンの削除も可能です。

          • バーテンダーのうつつ

            • 95本

            おはなし

          • 諸々あれやこれや

            • 17本

            未分類

          • また読むきっと読む

            • 14本

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 2年 経営学 10時間目

              ウェルビーイングって既にご存じでしたか? 「ウェルビーイング」従業員が生き生きと働ける環境を作る事 簡単にいうとこんな感じですね 特に『感情労働』と言われるような業務が多い職業ならなお更、働く人の「心の健康」は不可欠ですね 従業員の定着率(利欲率の低下)が高まる事は、大きな課題である人員確保つながるわけです 「ブラック企業」という言い方には、個人的に違和感を感じます 多分これまで、恵まれた職場を経験してきたからだと思います 人によってはですけれど・・・・ もっと働きたい

              • 一匹の猫が朝の陽だまりの中で

                一匹の猫が朝の陽だまりの中で、目を細めていました。 キジ柄の猫です。 彼らの仲間はマホメット(教科書によってはムハンマド)の使いともいわれ、額に”M”の模様があります。 でもその猫の額には水の波紋というか渦巻きというか、ちょっと変わった模様が、8月の朝日にキラキラしています。 一人の青年?が建物から出てきました。ここは彼の勤めるパン工場です。 バターの香りでもするのでしょうか。車に行こうとする彼の足元にまとわりついています。 「おはよ」 と小声で声をかけ通り過ぎようとしました

                スキ
                3
                • ある満月の夜です

                  ある満月の夜です。 見晴らしの良い高台の上で、宴がおこなわれています。でも、いつもと違って、唄や踊りにまじってシミジミとした想いが、そこにいる者達の中に漂っていました。 「おぬし  どうする・・・」 「おれか・・・俺は田舎に帰るさ。最近また藪が元気になってきたって聞いてるし、じじいやばばあばかりになったそうだまら、ひとつ渇でも入れて長生きさせてやろうと思ってる・・・。あんたは?」 「残るよ・・・別に田舎が嫌なわけじゃないけど、ここに新しい物語をつくってやろうと思ってるんだ。き

                  スキ
                  1
                  • 高校生らしい少年が店の前にボーッと

                    ある日のこと、高校生らしい少年が店の前にボーッとたっていました。彼女は多少驚きながら、 「ごめんなさい。気づかなくて・・・さあどうぞ・・・」 さあどうぞ・・・って言ったって・・・・パンはまだ焼きあがってないんですよ。そんなに早い時間なんです。 彼が作業場から出てきました。 その彼に向かって、 「バイトで使ってください!」 二人とも固まってしまいました。工事の人達からは相変わらず注文はあるものの、彼には自分ひとりできりもりが出来る範囲でやっていこうという思いがありましたから・・

                    • ある町に一軒のパン屋がありました。

                      ある町に一軒のパン屋がありました。 ある朝のこと・・・・・・ その店の主人がいつものように帳簿をつけるため椅子に腰をおろしました。 作業場では若い衆たちが、できたてのミルクパンをオーブンからだしています。 ・・・帳簿をつけ終わった主人が一つため息をつきました。そして何か遠くを見るように目を上げました。   ・・・そう何かを思い出したように・・・・。 まだ駆け出しだった頃、彼が出会ったあの女(ひと)のことかしら・・・・・               できたてのパン工場、熟練者も

                      • 黄金の霧

                        古い友人が海外赴任を命ぜられ、奥さんを連れていくことになった 娘が二人いるが、どちらもアメリカに住んでいる 日本にあるほとんどのものを処分して任地へむからしい 『ただでやるから貰ってくれ』 小さなキャンピングカーを押しつけられた 『ただ』といっても名義変更したとたん納税通知書と車検の案内が届いた この夏は、そのキャンピングカーでバカンスを楽しむことにした 途中、来客の予定もあった 高速を走り、小さなパーキングで車を止めた 本線を往く流れは夕方になっても快調だ ややあ

                        スキ
                        1
                        • 平和の背中             氷とラフロイグ15年と・・・と

                          出鼻をくじかれて家呑みとなった まあ 梅雨空を眺めながらの一杯も悪くないはずだ タコのマリネも旨い 「あ~あ せっかく痩せたのに また戻っちゃう~」 「そだなあ 戻るだけなら いいんだがなああ」 背中を見せたまま、つい言ってしまった 『しまった』と思ったときには遅く 煌めきほどの 間があって 彼女は投げ出した足をぶつけてきた 「グエッ」 「なにが『グエッ』かしら まるで羽毛のような感触ざましょ」 「うっうん」 「そのよどみのある言い方が気に入らん」 両足の

                          • キャップ と腰履き

                            「なんかここやばくね?」 「ぼられるじゃね?」 「やばい人いるんじゃね?」 「やめよ 他いこ」     多くの方は、特にお若い方々は、まず『うさんくさい』『危険なにおいがする』 そうお思いになるようです      私には時間の通い道を、どなたかが通るのかがわかります   その時第一印象が悪いと そっ まずドアが2cmだけ開きます ドアを開けて差し上げると、一瞬驚かれます    いつもより姿勢を正し、いつもよりやや低めの声で   「よろしかった

                            • 2年 社会学 11時間目

                              メタバース   です ウェルビーイングも考えていたんですが・・・・ 「2年経営学」で『輪郭』と『経営からの切り口』をまとめることにしました メターバース  やれる気がしません じゃあ 何故選ぶ!(笑) 15年か20年先の事 まず足元をしっかり見たらいいんじゃないの? そんなご意見を無視しての一大スペクトラムロマン(大爆笑) ※スペクトラム:あっちに寄り、こっちに寄り不安定ながらも連続していく事^^まさに そんな か~んじぃ  です 何がメタバース?Web3とセットで目に

                              スキ
                              1
                              • 柄にもなく^^ 美術館に行くのが好きです 特別展示でなく常設の画を何回みてもあきません。上野の東京、西洋のハジゴも懐かしいです  幸い八王子には富士美があります 少し前になりますが、ムーミンの特別展示を覗いてみました  

                                スキ
                                1
                                • パン屋の おはなし あのね”ここは、山の奥深く・・・

                                  ここは、山の奥ふかくにある誰も知らない古い池です。 えっ?  そう  誰も知らないんですよ。 誰もです。えっ?どこかって?山の奥ふかくです。  そうなんです。 それがお話の世界のお約束です。・・・・・・・・だまってお読みなさい。 その池に住む主(ヌシ)は、今夜1000年の歳月を経て龍となって天に昇ることになっているのです。   そう、  月明かりがその池を照らす頃・・・・・ 池の主が池の水たちに向かって言いました。 「長い間この池を守ってくれてありがとう。 今夜わたしは龍

                                  スキ
                                  1
                                  • パン屋の おはなし あのね ”カリカリ・・・”

                                    カリカリ・・・・ 「ん?・・・」 開店前のお掃除は、お店の前を掃いておしまい。 奥さん今店の中へ戻ってきたとこ。 振り返って見ると、ドアの外には一匹の犬が・・・・ 中へ入りたいのでしょうか、前足で『カリカリ』しています。 そこそこ大きな犬です。シェパードのような風貌ですが、それにしちゃあ小柄かしら。 ・・・おおかみ・・・・・まさかねえ・・・ 「あらっ おはよ お腹へっちゃった?」 「ちょっとまっててね」 奥さんはドッグパンにウインナーをはさんだぱんをひとつ・・・・とろうとし