Miyu

地方ではたらくリモートワーカー&社会人大学生。放送大学 心理と教育コース。

Miyu

地方ではたらくリモートワーカー&社会人大学生。放送大学 心理と教育コース。

    最近の記事

    無意味な出社で消耗していた日々。フルリモートワークの会社に転職したら往復2時間の通勤から解放された話。

    転職前のわたしは、とにかく毎日「通勤」にうんざりしていた。会社と家が遠く、その行き来だけでひたすら疲れてしまう毎日だった。 この4月からフルリモートワークの会社に転職したら、生活が変わって幸せすぎたので、その変化について書いてみたいと思う。 そもそも出社の必要性が見出せない前職は、社内の会話はほぼすべてSlackで行う会社だった。そのため、出社しても朝の「おはようございます」と退勤の「お疲れ様でした」の挨拶以外、基本的にオフィスに会話はない。出社しても誰とも話すことのない

    スキ
    21
      • 【転職しました】期待と不安でいっぱいの入社前の期間。先輩が用意してくださったものが神すぎて感動した話。

        入社前ってドキドキだよね 2022年4月1日、株式会社キャスターに転職しました。同日に入社だった新社会人や転職の方も多いのではないでしょうか。 今回、内定から仕事が始まるまで約2ヶ月と時間があったため、その期間に会社のカルチャーや事業についてもっと知れたらといいなぁと思って相談したところ、事業部の先輩がいろんな資料を用意してくださって「強制じゃないのでお時間あるとき興味あるもの見てもらえれば!」と優しい言葉とともに共有してくださいました。 それがもう「こういうの欲しかっ

        スキ
        58
        • 「学び直し」という言葉への違和感

          ここ数年で「学び直し」という言葉を聞く機会が増えた気がする。この言葉に対してなんとも表現しがたいモヤっと感があるので、今回はそれがなぜなのかを、わたしなりに考えていきたいと思う。 学び「直す」?? 一番引っかかるのが学び「直し」という点だ。リアルタイムの自分の人生に必要なことを学ぶのだから、それは何かの「やり直し」ではないと思う。この「過去にやるべきであったことを遅ればせながらやり直す」ようなニュアンスが、わたしとしてはちょっとネガティブに感じてしまう。 リカレント教育

          スキ
          20
          • 大学を卒業しないという選択肢。年間22,000円で学び放題の生涯学習『学びのサブスク』としての放送大学の活用法。

            大学を卒業するのか、しないのか問題 さて、前回のnoteで晴れて放送大学に入学して社会人大学生となったわたしであったが、果たして仕事をしながら4年で卒業できるのか?という問題があった。放送大学を卒業するための要件をまとめると、以下である。 在学自体は最長10年可能で、必ずしも4年で卒業する必要はない。また、短大等からの編入の場合、最短2年で卒業できる場合もある。 卒業については、初年度の1学期にひとまず放送授業を2科目履修し、そこから考えることにした。結果、卒業までに必

            スキ
            37

            願書締切2日前に出願を決意。30代のある日、わたしは「放送大学」の大学生になった。

            20代から30代に突入しただけでも女性として心が重かったというのに、その時のわたしと言ったらひどかった。 10年以上交際し、当然に結婚すると思っていた彼と、ある日あっけなく別れた。キラキラの指輪も見に行って、どれにするか決めた後だった。そして、その後出会って好きになった彼との関係も、非常に苦労した。その彼については、今後も何度か登場するかと思う。 そんなこんなで、30代前半の2年ほどは最悪なものだった。周りはほとんど結婚してお母さんになっているのに、わたしときたら、もうな

            スキ
            22