見出し画像

キッチンを隠して機能性を高めたパーティション

ダイニングとL字型のキッチンの間に設けられたカウンターは、冷蔵庫の目隠し、家電収納、作業台、飾り棚を兼ねたパーティションの一部になります。

「ホワイトナチュラルのインテリア」の家は、広いリビングダイニングキッチンがあったのですが、キッチンが丸見えであり、家電を収納するスペースがありませんでした。

そこでキッチンで作業しやすく、かつ、ダイニングから程よい目隠しとなるパーティション収納を設けたのです。

パーティションで全てキッチンを囲ってしまうとキッチンとダイニングの繋がりが分断されるので、冷蔵庫の隣は腰高のカウンター収納に。

キッチン側には作業台、その下にオーブンレンジなどの家電を収納できます。
ダイニング側はハイチェアをおいてもOK、本棚や飾り棚にしてもOKのカウンターにしています。

作業台の手元を隠すくらいの高さのカウンターなので、ドライフラワーや小物などを飾られて空間を楽しまれていました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

どうもありがとうございます。
12
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。家事ラクで心地良い家、主婦・母目線で家族の暮らしから住まいをデザインしています。高校生兄妹、年子の母。家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。https://www.miyudesign.com/

この記事が入っているマガジン

いえづくりレシピ
いえづくりレシピ
  • 343本

みゆう設計室のいえづくりについてまとめたマガジンです

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。