見出し画像

ベースキャンプでできるエクササイズ!

本日は5月4日、2020年です。7年前の今頃、僕たちはベースキャンプ(BC)でゆっくり休んでいました。本日のメニューの中にスロージョギングがありますが、このスロージョギング、実はベースキャンプでも行っていたトレーニング法の一つです。福岡大学の田中宏暁先生が作られたこのトレーニング方法、小さなスピースでも十分にトレーニング効果のある画期的なトレーニングです。是非、皆さんやってみてください!

本日のMIURA流クライムビクス

三浦豪太が考案する『MIURA流クライムビクス』を動画で詳しく紹介しております。以下の種目をクリックしてみてください!一緒に頑張りましょう!!

【準備体操】
  登山体操 ・・・リズムよく、楽しくトレーニングしましょう

【メイン運動①】 
  ①ウォーキング・・・2.4km
  ②階段のぼり・・・27階分、もしくは踏み台昇降・・445回分
  ③スロージョギング・・・15分間(5分間×3セット)
   ※①、②、③より1種目を選択してください
【メイン運動②】 
  バックランジ(歩幅3歩)・・・20回×3セット

【補助運動】
  リバースクランチ ・・・15~25回×3セット

スライド1

三浦豪太の遠征日記 −2013年5月4日−

スライド1

今朝、起きると朝だった。

「なにを当たり前な」という話だが、C1、C2の高所にいるときはほとんど眠れず夜が長かった。寝る前、覚えているのは寝袋に入ったところまで。気を失うように眠る。“寝る”という感覚を思い出した。

高所の疲れは重く体にのしかかり、朝食を食べた後もテントに入った瞬間に眠った。今日は疲れをとることを最優先としよう。体は正直である。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
5
株式会社ミウラ・ドルフィンズ公式note:冒険家でありプロスキーヤーの三浦雄一郎と三浦豪太が提供するアンチエイジング、 低酸素トレーニングプログラムを始め、冒険スピリットを後世に伝えるためのキッズキャンプも行っております。▶http://www.snowdolphins.com/

こちらでもピックアップされています

それぞれのエベレスト
それぞれのエベレスト
  • 32本

7年前(2013)の今、当時 80 歳であった三浦雄一郎(プロスキーヤー&冒険家、クラーク記念国際高等学校・校長)は世界最高峰のエベレスト山頂を目指していました。 あのときの日々を辿り、これから 1 か月間 『それぞれのエベレスト』を目指す、三浦豪太(プロスキーヤー、博士(医学))が考案したエクササイズ・プログラム を この『MIURA チャンネル』にて WEB 発信してまいります。こどもからご年配の方まで 1 日約 30 分前後、楽しく無理なく身体を動かすトレーニング・プログラムです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。