児玉光史|地元カンパニー

地元カンパニーやってます。事業をどんどん成長させたい。東京大学(野球部)→新卒大手SIer→実家のアスパラを都内で手売り→地元カンパニー設立@渋谷→長野県上田市にUターン(会社も移転)

地元カンパニーで働くと地元を盛り上げることができるようになるのか?

自分の何を活かしてどんな盛り上げ方をしたいかがが全てな気がします。場合によっては当社で働くことで磨かれることもあるでしょうし、うちにいたからといって磨かれないこ…

当社のセールス大臣を募集する募集要項を書いています

地方でゆっくり生活をしながらも、都心でも味わえないようなヒリヒリした仕事ができます。社長(私)を支えます。社長(私)を神輿に乗せて神輿を担ぎます。 法人向けセー…

会社でマンガ描いてます。

現在、20話まできました。 こんな私と会社ですがこれから成長するので、一緒にヒリヒリと仕事したい仲間を募集しています。地方に暮らしてヒリヒリ仕事したい人いませんか…

地元への執着の正体(日報 2019.6.27)

今月は、原体験を探っている。原体験がコアエンジンでもあるはずなので。 幼少期の頃を思い出して自分なりにこのように解釈した。幼少期はその頃気がつかなかったけど、自…

日報 2019.6.11 経営者の動機をさぐられる

毎日腕立て伏せをやっている。10回1セットで、1日何セットできるか。本日は5セットできた。。。。 会社として推奨している施策(例えば残業禁止など)をなんでやろうと思…

カタログギフトは消費者と生産者の偶然の出会いをつくっている

カタログギフトというあまり馴染みのないサービスをやっているわけですが、消費者と生産者という視点で、この事業を見てみると、消費者と生産者の偶然の出会いを提供してい…