mistaken identity

福田由美エリカ(Yumi Erica Fukuda) と 村上万葉(Mayo Murakami) による考えごと。

鏡としての作品

前々回の投稿まで私の作品の変遷について語っていました。今回の投稿では私が現在作っている作品についての話をしたいと思います。  私は全ての作品をなるべく素手で道具...

noteについて

こんにちは。 2019年に武蔵美を卒業した福田由美エリカといいます。 村上万葉ちゃんとは2人展をやったご縁から制作に関する相談をしたり、仲良くさせてもらっています。 ...

分かる / 分からない ということ

今回の投稿は最近起こった諸々のことから私が個人的に考えていることです。前回の投稿に引き続くものではありませんのでご了承ください。 2019年9月26日、文化庁があいち...

立体で表現すること

前回の記事の中で、絵の具という物質の流動性に着目しながら絵画制作をしていたと書きました。物質を扱う限り、私はその流動性を活用することができます。よってこの考え方...

私にとっての絵画

前回の投稿に引き続くような形で、今回は私にとっての絵画とは一体どのようなものなのかについてお話してみたいと思います。 一般論としての「絵画」は、キャンバスもしく...

絵を描くこと / 立体を作ること

大学入学当時、私は油絵作品ばかりを制作していました。絵を描いていた理由としては、大学受験のために長い間絵画制作のみに打ち込んでいたが故にその他の技法や形式に挑戦...