新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

SNSのプロ&WEB業界のプロのプライベートSNSを大解剖!

皆さんは普段ソーシャルメディアをどれくらい活用していますか?毎日何時間も見ているという人もいれば、まったく使っていないという人もいるかもしれません。

マインドフリーにはソーシャルメディアマーケティンググループという部署があるので仕事中は毎日SNSを眺めているという人が多いのですが、ふと「SNSのプロはプライベートではどんなアカウントを見ているのか?」「そもそも仕事以外の時間でもSNSを見るのか」「他の部署のメンバーはどうだろう?」と疑問が浮かびました。

そこで今回はメンバーのプライベートのSNS事情についてアンケート調査を実施!匿名で、差し支えのない範囲内で皆のSNSの使い方について聞いてみました。

全体傾向からマインドフリーメンバーがこっそり注目している要チェックアカウントまで一気に紹介したいと思いますので、ぜひ最後までご覧ください!


—————————————


1.プライベートで最もよく使うSNSはなんですか?

SNSアンケート (2).pdf - Adobe Acrobat Pro DC

結果は
1位:Instagram(33.3%)
2位:YouTube(29.6%)
3位:Twitter(22.2%)。

主要SNSの中でも爆発的な勢いでMAUを伸ばし続けているInstagramが1位に。

そのほかYouTubeが2位にランクインしており、お風呂に入ったりメイクをしながら「ながら視聴」しているメンバーもいました。YouTubeは最近はライブ配信市場が盛んで、特に今までの短尺動画市場主義(Vineの6秒動画などが人気だった時代)から、長尺コンテンツに人気がシフトしている印象があります。
ちなみにこれを書いている私も休日は12時間くらいの長尺ライブ配信を流しっぱなしにしながら家事をしたり時々コメントを打ったりするのが日常になっています。ここ数年でもユーザーのSNSの使い方が大きく変わっているのを感じますね。


—————————————

2.平日、プライベートで1日にどれくらいSNSを見ていますか?

SNSアンケート (2).pdf - Adobe Acrobat Pro DC


3.休日、1日にどれくらいSNSを見ていますか?

SNSアンケート (2).pdf - Adobe Acrobat Pro DC

平日は「2時間程度」、休日は「3時間程度」が最多に。
正直平日の平均値はもっと少なくなるかなと予想していましたが、皆プライベートでもよくSNSを見ているということがわかりました。移り変わりの早いWEB業界にいることもあり、情報感度の高いメンバーが多いのかもしれません。

—————————————

4.プライベートでSNSを使う時の主な目的は?(複数選択可)

グラフ04

目的についての結果は上記の通り。なんと回答してくれたメンバーの9割以上が「情報収集のため」にチェックを入れる結果に。プライベートの時間や趣味を通して見つけた情報や発見、驚きが仕事のアイデアになることもあるので、意図的に情報を集めている人が多いのかなと感じました。
また、上記以外にも「感情のデトックスのため」という意見があり興味深かったです。静かな自分の部屋にいるよりも人が集まる場所にいた方が逆に頭がスッキリする人がいるように、大量の情報が流れるSNSの中にいる方が頭がクリアになるのかもしれません。

—————————————

5.コロナの影響を受けてSNSの使い方は変わりましたか?もし変わった人がいれば、どう変化したか教えてください。

ここからは自由記述の質問です。変わらないという人が全体の半数近くいた一方、「生配信を見る機会が増えた」「Instagramでのライブが多くなったので、今までほとんど見てなかったInstagramを見ることが多くなった」などライブ配信の影響力増加が窺えました。

また、「友人のライブ配信に乱入するようになった」「TikTokerの撮影&編集方法を見て真似するようになった」など発信側として注力し始めたメンバーも。

他にも「LINE飲み会などのコミュニケーション手段が増えた」「オンライン飲み会が増えた」などの変化は全国的に急増した使い方ですね。

一方で「発信者側が屋外に出られなくなったのでコンテンツの質が落ちた気がする。コロナ前の方が面白かった。テレビもYouTubeも配信方法が近くて、有名人の投稿は変化していかないといけないと思いました。」などの声も。環境に合わせた表現・発信方法についてはビジネスとしてもまだまだ模索の余地がありそうです。

ただでさえ早いSNS界隈の環境変化をさらに加速させたコロナウイルス。
皆さんは何か変化はありましたか?

—————————————

6.部門別 マインドフリーメンバーの注目アカウント

さて、ここからは弊社のメンバーがプライベートで見ているアカウントの中から、特に面白い・ためになる・見ているだけでHAPPYになれるなど、ぜひおすすめしたいアカウントをピックアップしてご紹介します。
このアカウントをすべてフォローすればあなたのSNS生活がもっと充実するかも…!?さまざまなアカウントが集まっているのでぜひチェックしてみてくださいね(*^^*)

-------------

インスピレーション部門

まずはTwitterから、藤原麻里菜さんをご紹介します。

画像5

https://twitter.com/togenkyoo

「無駄づくり」をテーマにさまざまな創作活動をされている方で、『オンライン飲み会から緊急脱出できるマシーン( https://twitter.com/togenkyoo/status/1255499143147147265 )』や
『どうやっても盛れない自撮り棒( https://twitter.com/togenkyoo/status/1248557159689809922 )』など思わずクスッと笑ってしまうような作品がたくさん投稿されています。
とあるインタビュー記事の中では「無駄なものでも、つくり続ければ価値になる。(中略)一度やってみないとわからないことや、生まれないものって、たくさんありますから。そういう試行錯誤をするなかで、面白いものを生み出すのが純粋に楽しいんです。(引用元:https://job.cinra.net/article/yameruyamenai/4-fujiwaramarina/ )」と話してらっしゃって、とても素敵だなと思いました。見ているだけでインスピレーションを得られるようなアカウントです!


有名人部門

画像6

 https://www.instagram.com/willsmith/ 

著名人のアカウントではウィル・スミスをイチオシするメンバーが!タイムラインには満面の笑顔の写真が多く、眺めているととてもHAPPYな気分になります(*^^*)
他にも佐藤健のLINE公式アカウントも「使い方が上手い!」「彼女になったみたい!」と女性陣から絶賛の票が入っていました。こちらはネット上でもよく話題になっているのでぜひお友だち登録されてみてはいかがでしょうか?:)

映像クリエイター部門

画像7

 https://www.youtube.com/channel/UCaNeANZEi3HAO-0Al-ds-OQ 

自分で映像を作るメンバーから人気が高かったのは上記のYouTubeアカウント。シャレな動画の撮影方法や機材、音楽、ツールまで幅広く紹介しておられ、とても有難いとの声が上がっていました。映像なら映像だけ、ツールならツールだけのノウハウを紹介している人が多いなか、領域を横断して必要になりそうなノウハウを幅広く紹介しているところが魅力的だと感じました。


今晩のごはんに困ったら…部門

画像8

 https://www.instagram.com/yuuyuu514/

料理系のアカウントはInstagramで特に人気が高いジャンル。その中でもYuuさんは『頑張る私たちに、頑張らない時間を』をテーマに、平日クタクタで帰宅した日にも簡単&時短で作れるレシピをたくさん投稿しています。写真もとてもおいしそうで、困ったときにはこのアカウントを見て晩ごはんを決めているという声が。ほかにも料理系ではkaori_yanagawaさん( https://www.instagram.com/kaori_yanagawa/ )なども「料理欲が刺激される!」と人気でした。


知識UP部門

画像9

https://www.instagram.com/noyouth_nojapan/

U30世代のための政治と社会の教科書メディア。とても勉強になる&話題にタイムリー性があり、デザインとしても非常にわかりやすく情報がまとまっています。フォローするだけで知識がUPしそうなアカウントです。

画像10

—————————————

他にもPOPを手作りするアカウントやCGアーティスト、お笑いコンビのYouTubeを見て元気をもらっている、収納方法を紹介するアカウントを見るだけでなんだか気分がスッキリする…などたくさんの回答が集まりました!(ご協力くださったマインドフリーの皆さんありがとうございます!)

全体的に映像や料理、発明などジャンルは異なるものの「自ら何かを創って発信しているアカウント」を見ている人が多く、マインドフリーの文化が出ているなぁと思います。また、特定のアカウント以外にも「トレンドに上がっている情報を欠かさずチェックしている」という回答も多く、マーケティング業界で仕事をする上では重要なポイントだと感じました。


—————————————

いかがだったでしょうか?
どんなアカウントをフォローしているかで個性が出ますね。

世界中の人たちと繋がって、時には友だちを作ったり、役立つ情報を集めたり、見ているだけで元気をもらえたり…。人によってたくさんの魅力があるソーシャルメディア。自分のライフスタイルに合わせて上手く取り入れていきたいですね(*^^*)

当ブログでもっとこんな企画をやって欲しい!などあればサイトの問い合わせページからぜひご連絡ください。それでは次回の更新もお楽しみに!


マインドフリーの公式Instagramでは何気ない日常の瞬間やメンバーのインタビューも公開しています。ぜひチェックしてみてくださいね!

Thank you & have a good day!


この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
14
すでにそこにある、昨日までの考え方や成功体験。そうした枠にとらわれない自由なマインドこそ、まだここに「ない」、新しいモノを生み出す力です。そんな価値観を大切にしながら、デジタルマーケティング領域を中心にサービス展開しています。

こちらでもピックアップされています

📢コラム
📢コラム
  • 9本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。