見出し画像

資金繰り管理システム「milestone」で現在〜未来の資金を見える化する

みなさんこんにちは、株式会社HIFASです。

資金繰り管理システム「milestone」は将来の予定・予測を入力すると資金繰り(予定)表が作成できますので、現在〜未来の資金繰り状況を見える化できます。

資金繰り管理に特化しているシステムのため、余計な機能はなく、わかりやすく簡単で、誰でもすぐにはじめることができます。

使い方について一連の流れをご紹介します。

①マスター登録

・口座登録
自社で保有する銀行口座を登録します。
入力時に登録した口座を指定することにより、口座ごとの入出金予定を反映した残高予測が可能となります。

以下は任意で登録できます。
・取引先登録
取引先を登録できます。
入力内容に応じて取引先別の資金繰り表に反映されます。

・資金科目登録
資金科目を登録できます。
入力内容に応じて資金科目別の資金繰り表に反映されます。

・グループ登録
取引先と資金科目のそれぞれに対してグループを登録できます。
グループごとに収入と支出を確認できます。

②取引の登録・閲覧

取引の予定を登録します。

定期的に発生する取引については「繰り返し登録」機能を使って、入力を簡素化することが可能です。
※インポート機能を使って効率的に取引を登録することもできます。
また「未確定→確定」「未決済→決済済み」のステータス管理や、多様な絞り込み検索機能の活用により取引の管理ができます。

③レポートの確認

資金繰り表を確認できます。
作成される資金繰り表は以下の3つです。

  • 口座別日次資金繰り表

  • 取引先別月次資金繰り表

  • 科目別月次資金繰り表

口座別日次資金繰り表
日ごとの入出金と残高を確認することができます。日々の入出金管理や口座間での資金移動など、短期的な資金の予定を立てることができます。

取引先別月次資金繰り表
取引先別に集計された月単位の資金繰り表を確認できます。中長期的な将来の予定を確認することができ、取引先のグループを登録している場合は、グループ別で集計された月次資金繰り表を確認できます。

科目別月次資金繰り表
登録する取引に任意の資金科目を設定することで、ユーザー様の利用目的に応じた項目ごとに集計した月次の資金繰り表を作成することができます。
内部管理だけでなく、金融機関等の外部への提出用としても活用できますので、おすすめのレポート機能です。
こちらも資金科目のグループを登録している場合は、グループ別で集計された月次資金繰り表を確認できます。

④その他

追加メンバーの登録や、複数事業所ログイン、通知設定が行えます。

マスター登録後は、取引を登録・更新し、資金繰り表を確認する作業が中心となりますので、②と③がメインとなります。

資金繰り表は作って終わりではなく、作った後も更新して管理していくことが大切です。
milestoneを是非活用していただき、日々の管理に役立てていただけますと幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!