美加りん 詩人

詩人・瞑想家・クリスタルボウル・倍音アーティスト・ボイスティーチャー・アニマルコミュニ…

美加りん 詩人

詩人・瞑想家・クリスタルボウル・倍音アーティスト・ボイスティーチャー・アニマルコミュニケーター。詩「コズミック・オーガズム」やエッセーなど「大宇宙とひとつに溶け合う」感覚を、自然、性愛、哲学のテーマで綴っています。https://mikatsuzumi.themedia.jp/

マガジン

  • 【詩集7&8】フローティング・ジョイ/コスミックオーガズム

    詩集「コズミック・オーガズム」は霊的ワンネスを官能的な詩で表した詩です。 【詩集7】は歓喜という存在である命の流れを綴った詩集です。

  • 【MikaGoRock美加語録】魂がピカピカッと輝く言葉集

    【MikaGoRock美加語録】霊的な長い旅の中から生まれた美加りんの霊的語録&師から伝えられた霊的な叡智~を普通の言葉で書きました。

  • 【音楽】クリスタルボウルMusicVideo・朗読など。

    水晶から生まれた楽器「クリスタルボウル」の自作音源やミュージックビデオ、詩の朗読を集めました。美しい波動によるヒーリング、ヴィジュアル瞑想をお楽しみください。

  • 【penser spirituel 霊的断片】

    霊的な気づきは天から降りてくるように。

  • 【動物植物】アニマル・ネイチャー・コミュニケーション

    動物たちや大自然との会話や溶け合う至福を綴ったコラムです。カラス・馬・イルカ・樹木など、彼らの叡智やユーモアは最高で、私の教師であり、友人です。アニマルコミュニケーションやヒーリングの記事もアップ中 個人セッションのご依頼は👇 https://mikatsuzumi.themedia.jp/pages/4313713/page_202010141431

最近の記事

  • 固定された記事

目次と詩のリストです|コズミックオーガズム

掲載された詩の目次です。(固定表示です) 下線の文字(タイトル)をクリックすると記事のページに飛びます。 (*は人気記事) ♢コズミックオーガズムについて♢第一章:花開く心~翻弄される喜び~ (2018~)  蓮のつぼみ   石楠花   アマポーラ   バラ   女よ、華やかなれ、華やかなれ   探して   宙の花  *   愛の花   月下美人 **⇒詩本「ココア共和国」にて佳作に選ばれた詩(2020.12)   白蓮 *   聖なる日常   野に咲く花 **   言の

    • こんな愛の境地|nothing but nothing

      愛して 愛して 愛して 最後の執念を 束ねきったら その先は 愛する必要も 嫉妬する必要も 心配する必要も 信じる必要もない とうとう 思い切って 聖別 (photo: ©MikaRin)             MikaRin Youtube クリスタルボウル・チャンネル       音源はこちらで購入&ダウンロードできます。(Bandcamp)   ホームページ ヒーリングボイストレ―ニング    

      • 神も仏もあるもの、か|nothing but nothing

        愛を突破した エクスタシーの境地は なんの美しさも優美さもない ただの自然 私はセミがとまったカサカサの幹 あなたは樹皮にしがみつく息絶えそうなセミ その巨大な大自然の前に 飲まれるしかない 被創造物 ああ、その喜びも恍惚も 大自然に飲み込まれ 意味が消える 神も仏も ただの自然の前には 記号でしかない 完全に負け切った後に すがすがしく戻ってくる人間性は 愛さえも余計なものに思える 呆けた眼差しと 拡大しきった気体 (photo: ©

        • ある一瞬のこと:神も仏も悟りも消えて|美加語録MikaGoRock

          一瞬にして憑き物が落ちたかように、全てが消えました。 それは、通常は時間をかけて起こるものなのでしょうが、ほんの数秒でおきてしまったのです。 全てが抜け落ちてしまった世界とは、あらゆる意味が消失します。ただ全てはそこに静かにあるだけです。 全ては動いているのですが、同時に全ては沈黙して動くことを放棄しています。ただ、あるようにある瞬間があるのです。 周りの状況は実は何も変わりません。 満たされる前なら満たされたことが分かりますが、その概念が消えたので満たされるという

        • 固定された記事

        目次と詩のリストです|コズミックオーガズム

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 【詩集7&8】フローティング・ジョイ/コスミックオーガズム
          美加りん 詩人
        • 【MikaGoRock美加語録】魂がピカピカッと輝く言葉集
          美加りん 詩人
        • 【音楽】クリスタルボウルMusicVideo・朗読など。
          美加りん 詩人
        • 【penser spirituel 霊的断片】
          美加りん 詩人
        • 【動物植物】アニマル・ネイチャー・コミュニケーション
          美加りん 詩人
        • 【詩集4】女の哲学(コズミック・オーガズム)
          美加りん 詩人

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【音楽:倍音プロジェクト】超美倍音:いつもと違う3個のボウルでびっくりした?

          赤坂音楽祭のクリスタルボウルライブの模様をアップしました。 第一弾は、クリスタルボウルのソロ演奏です ストラドホールは今まで演奏した会場の中でも断トツの響きです。贅を尽くして設計された小ホール。最初にここでクリスタルボウルの一音を出したとき、涙が出そうに感動しました 音は場の力が大きいのです。 皆さんにはぜひ生で聞いてほしいなと思います 今回は沢山のボウルを持ってきたので、通常のソロでは使わない3個のボウルを使いました アメリカのシャスタ山で買ったボウルたちです

          【音楽:倍音プロジェクト】超美倍音:いつもと違う3個のボウルでびっくりした?

          【音楽】赤坂音楽祭~バイオリンとクリスタルボウルと織りなす倍音の世界~コンサートレポート

          「クリスタルボウルと西洋音楽との融合が奇跡の様です」 と、コンサートに参加されたバイオリニストMさんの驚きのコメントをいただきました。 「遠く高いところにいるバッハが、地上に降りてきて私達と融合した」 「クリスタルボウルが響く音場の中で、高音から弾き出されたヴァイオリンがすごく豊かで艶やかで圧倒されました」 など、この不可解な初めての世界に触れた皆さんの感想 ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ バイオリンとクリスタルボウルの共演による倍音の世界。 本当に全てが初めての試み

          【音楽】赤坂音楽祭~バイオリンとクリスタルボウルと織りなす倍音の世界~コンサートレポート

          体の感動|panser spirituel霊的断片

          夕日を見ながらひたすら多摩川沿いを走る。     あまりの美しさに感動しながら、気が付くと6㎞走っていて、息も上がってないし疲れていもいない。     感動していると体中に大自然のエネルギーが巡るんだなぁと思う。顔はきっとアーカイックスマイルだっただろう。     空は高く秋の雲の気配。聴こえる音は鈴虫などのすっかり秋の音。     まだまだ夏なんだろうけれど、太陽は既に黄色みが強く、体はいちいち感動しながら喜んでいる。

          体の感動|panser spirituel霊的断片

          愛について by カリール・ジブラン|美加語録MikaGoRock

          by カリール・ジブラーン(1883-1931) 【愛について】  たとえ、その道がどんなに厳しく険しくても。  愛の翼があなたがたを包んだなら、愛に身を委ねなさい。  たとえ、その翼に潜む刃が、あなたがたを傷つけても。  愛があなたがたに語りかけたなら、愛を信じなさい。  たとえ、その声が、庭を荒らす北風のように、  あなたがたの夢を打ち砕いても。    愛はあなたがたを、麦の束のように刈り取り、  あなたがたを打って、裸にし、ふるって、殻を取り、ひいて、  白く

          愛について by カリール・ジブラン|美加語録MikaGoRock

          縄文遺跡でエネルギーを何も感じなかった理由が納得な@八ヶ岳|美加語録MikaGoRock

          先日、友人に誘われて、縄文遺跡の宝庫の八ヶ岳にて、色々な遺跡や、大好きな縄文土器を見に行きました。 なんだかこの日は偶然にも博物館が無料公開の日だったので、わぁい、っと調子に乗って、予定外の資料館や遺跡など、あちこちを訪問。 遺跡が埋め立てられた阿久遺跡や、尖石縄文考古館の横にある尖石遺跡は森や原っぱとして残されています。そして地図をみながら集落や祭祀場だった場所に立ってエネルギーを感じてみました。 まずは感じる。。 で、 何も感じませんでした。 なんら特別なもの

          縄文遺跡でエネルギーを何も感じなかった理由が納得な@八ヶ岳|美加語録MikaGoRock

          近所のマリーちゃんの事情|ネイチャー・アニマルコミュニケーション

          河川敷の土手を散歩中の雑種のマリーちゃんを見かけました。 不思議ですよね。私は人の顔を覚えるのが苦手なのですが、犬の顔は物凄く見分けられる。。。。 マリーちゃんに挨拶をしていると、飼い主さんが、ふと、 「ここ2年間、マリーはこの時期になると、絶対に河川敷(草原とサッカー場)に降りて行かないんですよね~。何かあるのかしら?」と、話しかけてきました。 マリーちゃんはもともと保護犬で、とても繊細で臆病な子です。だから飼い主さんも、心理的に河川敷に良くないものがあるのかと、と

          近所のマリーちゃんの事情|ネイチャー・アニマルコミュニケーション

          【音楽】脳波を調律する音・倍音チューニング

          倍音で脳波を調律! 超美倍音を聴くと、脳が活性化されます⇒「音は脳のダイナモ」というトマティス博士の法則 聞いた後はスッキリ! コツは、曲の最後に消えて行く音をどこまでも追いかけていくことです。 物凄い倍音再現率のストラドホールでのリハーサル録音。 音が消えないでいつまでも響いていました。 どうぞお楽しみください。 (©Mika Tsuzumi)                 MikaRin Youtube クリスタルボウル・チャンネル    

          【音楽】脳波を調律する音・倍音チューニング

          【音楽】water, water, water❄️上高地の水の音+クリスタルボウル&monkeys

          この動画は、水の音と水晶の音で浄化できる音源です。 水の倍音の力は凄いですよ。そこにクリスタルボウルのダブルパンチ! 映像と写真&川の音は上高地で撮影&録音したものです。 最初の5分間と、21分のあたりでは、 お猿さんがね、 お猿さんがね、 映っとるよ! 水の音は、お猿さんが現れた聖なる湖に流れ込む川の音です。 癒されてくださいね♡ (photo: ©MikaRin)                 MikaRin Youtube クリスタルボウル・

          【音楽】water, water, water❄️上高地の水の音+クリスタルボウル&monkeys

          大自然のなかで秩序をとりもどす|MikaGoRock美加

          上高地は、いわゆる日本の山岳登山のハブになっているようなところだった。ここからは、The 登山のメッカ、奥穂高や、あの槍ヶ岳に行くことができる。 かつて6年間続けて、ヒマラヤ4000mの聖地で一カ月間すごしていた。その時に知らずに体に染みついていた山岳地帯の独特の香りを感じた。 大自然を前にするピリッとした謙虚さというものだ。 旧いロッジでは、人は自然にはかなわないことを知っている人々が働いているので、登山者への厳しいアドバイスと、疲れて帰ってきた人への労りと、サービス

          大自然のなかで秩序をとりもどす|MikaGoRock美加

          なぜ人間を恨まないの?|アニマル・ネイチャーコミュニケーション

          虐待されて死んだ動物たちに聞いてみました。 「人間はあなたたちに本当に酷いことをしているというのに、なぜあなたたちは人間を恨まないの?逆襲したりしないの?」 動物たちが言いました。 という答えが返ってきました。愛するとか赦すとか、それよりももっとシンプルで、「知っているから」という理由でした。 確かに私たちは、ちょっと自分たちに厳しすぎるかもしれません。それが自分を愛せない原因だったり、それゆえに、他者を傷つけるのだとしたら。。。。 他者を傷つける人は、同時に自分を

          なぜ人間を恨まないの?|アニマル・ネイチャーコミュニケーション

          アルマジロな戯れ|フローティングジョイ

          聖性の訪れ あるところまでは アルマジロの危険な戯れ 灯を前にした蛾の狂気 立ったまま眠るキリンの恍惚 ドラミングを忘れたマウンテンゴリラ 開かれた仙骨と 胸骨の忘我 舞い降りてくる抱擁 (photo: ©stockphoto&MikaRin)                 MikaRin Youtube クリスタルボウル・チャンネル       音源はこちらで購入&ダウンロードできます。(Bandcamp)   ホームページ  

          アルマジロな戯れ|フローティングジョイ

          動物たちが放っておいてほしい時に行く場所|アニマル・ネイチャーコミュニケーション

          仲良しのカッパ君はもと野犬。だから、とっても揺らぎが大きくて、かまってほしい時と放っておいてほしい時がはっきりしています。 放っておいてほしい時に近づいてしまうと、静かに静かに本気で怒ります。 が、放っておいてほしい時に、放っておくと、「あっ、この人わかってくれる」と向こうから距離をどんどん詰めてきます。 ちょっと興味がわいたので、ある日カッパ君に聞いてみました。 「ねぇねぇカッパ君。放ってほしい時にどこに行くの?」 「気持ちがいいところ」 「そこに連れて行ってくれ

          動物たちが放っておいてほしい時に行く場所|アニマル・ネイチャーコミュニケーション