松永豊和

『バクネヤング』『エンゼルマーク』『龍宮殿』『邪宗まんが道』などの作者です。新作漫画『パペラキュウ』HPにて公開中!http://toyokazu39.at-ninja.jp/ http://toyokazu39.at-ninja.jp/paperakyu00.html

松永豊和

『バクネヤング』『エンゼルマーク』『龍宮殿』『邪宗まんが道』などの作者です。新作漫画『パペラキュウ』HPにて公開中!http://toyokazu39.at-ninja.jp/ http://toyokazu39.at-ninja.jp/paperakyu00.html

    マガジン

    • 松永豊和の映画レビュー

      映画の感想を書いていきます。最近観た映画ばかりです。 『パペラキュウ』執筆中はビデオを鑑賞する余裕も有りませんでした。 なので2010年代の作品が多いです。 しかもアマゾンプライムの見放題で観られる地味目?の映画ばかりなので、ちょっと偏ったチョイスになっているかも?

    • 松永豊和の創作論

      邪道的な創作論を気の向くままに書いていきます。我が道はあくまでも邪道ですので、参考書としてこれを読んでも「売れる作品」を創ることはおそらく出来ないでしょう。

    • 松永豊和のDTM音楽

      DTMで作った楽曲を公開していきます。

    最近の記事

    キューブリック vs スティーヴンキング

    ドクター・スリープ呪われたホテルの惨劇を生き延びた少年が、 なぜ、あのホテルに戻るのかー。 そして、彼は狂気に囚われた父と同じ運命を辿ってしまうのか? 『シャイニング』完結―。 【amazonプライムビデオの紹介文より】 2019年 米国 ホラー映画 原作 : スティーヴン・キング『ドクター・スリープ(2013年)』 監督 / 脚本 : マイク・フラナガン 出演 : ユアン・マクレガー / レベッカ・ファーガソン / カイリー・カラン  *  *  *  *  *  *  

      • 燃え尽き症候群ってやつだったのかな?

        2011年の6月25日にパペラキュウの表紙絵を描き、 そこから描き始めたパペラキュウの第110話目を 2020年9月1日の深夜に描き終えて、 いつものように昼の12時にUPする。 その直前の最終チェックとして原稿を読み返す。 最後のページを見たその瞬間、 なんか物足りないな、とは思った、けれど、 それをそのままUPして、最終話とした。 エピローグが無いままの、ジ・エンド。 実は予定ではエピローグはあった、構想として。 でも描かなかった。 理由は、頭の中の絵が動かなかったから。

        • デビルズ・アワー〜3時33分〜

          全6話の手に汗握るサイコスリラードラマ。 第1話「3.33」 毎日、午前3時33分ちょうどに目が覚めてしまうルーシーは、 長い間、不可解な現象に苦しみながら日々を暮らしていた。 そんな中 発生した残虐な連続殺人事件の先に待つ、疑問の答えとは。 第2話「ビロードうさぎ」 第3話「チャイコフスキー」 第4話「嵐の後」 第5話「失った半分の自分」 第6話「アモール・ファティ」 【amazonプライムビデオの紹介文より】  *  *  *  *  *  *  * 「デジャヴ」「

          • トランス・ワールド

            人里離れた森の中で、夫とドライブ中にガス欠になり、 ガソリンを買いに行った夫を待つサマンサは、 同じように車のトラブルで立ち往生しているトムに遭遇し、 無人のキャビンで一緒に夫を待つことに。 そこに、もう一人、ジョディと名乗る女が現れる。 寒さと飢えに震えながら、3人は奇妙なことに気づく。 何度森に出ても、キャビンに戻ってきてしまうのだ。 さらには、3人それぞれが認識している現在地や時代が 全く違うことに驚愕する――。 彼らは一体なぜこの場所にたどり着いたのか? 【amazo

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 松永豊和の映画レビュー
            松永豊和
          • 松永豊和の創作論
            松永豊和
          • 松永豊和のDTM音楽
            松永豊和

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            似て非なる物・人型人工知能篇

            『エクス・マキナ』と『アンキャニー不気味の谷』  人型人工知能はヒトと恋をするか? 『エクス・マキナ』人間か、 人工知能か―― 検索エンジンで有名な 世界最大のインターネット会社“ブルーブック”で プログラマーとして働くケイレブは、 巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長の ネイサンが所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。 【amazonプライムビデオの紹介文より】 監督 / 脚本 : アレックス・ガーランド 出演 : アリシア・ヴィキャンデル

            残酷で異常

            犯していない妻殺害の罪を追求され、 男は永遠に妻殺害の現場が再現される奇妙な建物に閉じ込められる。 【amazonプライムビデオの紹介文より】  *  *  *  *  *  *  * 「sit down! 」のおばさんがオモロ怖い。 あの施設(煉獄?)の世界観がオモロ怖い。 つーか、古びた地下施設に煉獄がある世界観に ショックを受けたよ、創作者として(当方 漫画家)。 一般的な煉獄等のイメージといえば、 恐山みたいなガスが立ちこめる岩場など 原始的な絵面を思い浮かべる

            エクストリーム・ジョブ

            昼夜問わず走り回りながらも実績はどん底で、 解散の危機に瀕した麻薬捜査班。 そんな中、国際犯罪組織の情報を入手したコ班長は、 チャン、マ、ヨンホ、ジェフンらの麻薬捜査班の メンバー4人と共に張り込み捜査を決行。 24時間の監視を続けるため、 犯罪組織のアジトの向かいにあるフライドチキン店を買い取り、 偽装営業することに。 ところが絶対味覚を持つマ刑事の作るチキンの味がたちまち大評判となり、 店が大繁盛してしまう。 【amazonプライムビデオの紹介文より】  *  *  *

            MUD マッド

            秘密基地・エロ本・ホームレス南部のアーカンソーに暮らす少年エリス。 ある日彼は、親友のネックボーンと怪しげな男・マッドと遭遇する。 マッドは愛する女性のために殺人を犯して追われる身で、 彼女と一緒に逃亡する準備をしていると告白する。 エリスは逃亡を成功させようとマッドに協力する。 【amazonプライムビデオの紹介文より】  *  *  *  *  *  *  * 愛の存在を賭けて少年達が危ない橋を渡る、 つーか、ボートで川を何度も行き来するんだけど、 危なっかしくて目が

            ビューティフル・チャンス 

            優しい3つの奇跡一人暮らしをする自閉症の男に温かく声をかける隣人。 売春婦の母から罵声を浴びながらも気丈に振る舞う少女と、 最低な恋人を持つ女性。 皆悩みを抱えつつも一つ屋根の下で出会い世代も環境も違う三人が お互いを思いやり、友情を育んでいくのだが。 希望に満ちたハートフル・ストーリー! 【amazonプライムビデオの紹介文より】  *  *  *  *  *  *  * 脚本や演出に多少の拙さを感じてしまうのだが、 それをおぎなうだけの魅力がキャラ達にある。 主役のブ

            運び屋

            クリント・イーストウッド監督、第39作目(88才) イーストウッド演じるアール・ストーンは80代の男。 家族と別れ、孤独で金もない彼に、 事業差し押さえの危機が迫っていた。 そんな時に、ある仕事が舞い込む。 ただ車を運転すればいいだけの訳もない話だ。 しかしアールが引き受けてしまったのは、 実はメキシコの麻薬カルテルの“運び屋”だった。 たとえ金銭的な問題は解決しても、 そうとは知らずに犯してしまった過去の過ちが、 アールに重くのしかかってくる。 捜査当局やカルテルの手が伸

            荒野のストレンジャー

            クリント・イーストウッド監督、第2作目(43才) 名アクション俳優がおなじみの西部劇に帰ってきた。 世界的な評価を受けた"名無しの男"を再び演じる。 今作では、灼熱の砂漠からミステリアスに現れた流れ者が、 犯罪が渦巻く荒れ果てた町、ラーゴに乗り込む。 【amazonプライムビデオの紹介文より】  *  *  *  *  *  *  * 【ネタバレ】 不気味な音色とともに砂漠の陽炎から現れる、 名も無き流れ者(クリント・イーストウッド)。 ラーゴという町に辿り着いた不

            ミリオンダラー・ベイビー

            クリント・イーストウッド監督、第27作目(74才) クリント・イーストウッドが監督・主演のヒューマン・ドラマ。 小さなボクシング・ジムを営む老トレーナー、フランキー。 ある日、31歳になる女性マギーがフランキーに弟子入りを志願するが、 追い返してしまう。 フランキーの親友スクラップは、 諦めずジムに通うマギーの素質と根性を見抜き、目をかける。 フランキーはついにトレーナーを引き受けるのだが…。 【amazonプライムビデオの紹介文より】  *  *  *  *  *  *

            グラン・トリノ

            クリント・イーストウッド監督、第31作目(78才) 朝鮮戦争の退役軍人で、 自動車工として勤め上げたウォルト・コワルスキーには、 引退後の日常も近所の変わり様も、すべてが面白くない。 中でも気に食わないのが、 東南アジアからの移民であるモン族の隣人たちだ。 しかしある事件が起こり、ウォルトは図らずも暴力と脅しを生業とする 地元のギャングから彼らを守ることになる。 【amazonプライムビデオの紹介文より】  *  *  *  *  *  *  *   偏屈爺さんウォルト

            セッション

            スパルタ教育による才能の育て方 原題は『Whiplash』ウィップラッシュ。 ジャズの有名な曲のタイトルで、和訳なら鞭打ち。 ムチ打ちはドラマーの職業病でもあり、 この映画のテーマでもあるスパルタ教育にもかかっている。 アメリカの名門音大のカリスマ鬼教授フレッチャーが 新入生ニーマンを狂気のスパルタ指導で鍛え上げる物語。 【以下あらすじとネタバレ】 ニーマンが独り懸命にドラムの自主練をしていると、 突然その教室にフレッチャーが入ってくる。で、すぐに出て行く。 ニーマン

            創作活動に於ける心・技・体

            心技体とは、武道や相撲で重んずる、 精神・技術・体力の三要素のことだそうです。 漫画家にもそれは大事な要素だと思いました。 では、 長編マンガを長期にわたって執筆するにあたり、 心技体のうち、一番重要な要素は何だと思いますか? これは僕の個人的な見解なのですが、 一番重要な要素は「体」だと思うのです、僕は。 「技術」は後からついてくるものなので、「技」は後回し。 「心」が一番大事なように思えるかも知れませんが、 やっぱり「体」だと思うのです、僕は。 なぜなら、 体調を崩す

            剽窃とオマージュ

            ちょっとこの動画を視聴してみて下さい。 オアシスが1994年にデビューアルバムを出し、 その数ヶ月後にリリースされたミニアルバム、 その表題作である「ホワットエヴァー」。 知ってますか? CMなどでも使われてた曲なので、 オアシスのファンでなくてもたぶん聴いたことがあると思います。 僕は3曲くらいしか好きな曲がない程度のオアシスファンなのですが、 つーか、当時僕はオアシス自体にはあまり興味は無かったのですが、 そのミニアルバムに(大好きな)ビートルズの 「アイ・アム・ザ・ウ