ほんだよしこ

山のぼりと旅、映画と絵を観るのが好き。まだ見ぬ世界を観にいくのが好きな写真家です。写真…

ほんだよしこ

山のぼりと旅、映画と絵を観るのが好き。まだ見ぬ世界を観にいくのが好きな写真家です。写真のお仕事は人物がメインです→https://yoshikohonda.com また、こちらのwebマガジンにライターとして投稿いただいてます→https://woman-dl.com/

マガジン

  • よよこ、プロカメラマンになる

    私がプロカメラマンをめざしたのは30代のとき。 まさか自分がプロのカメラマンになるなんて、20代のときには微塵も思っていませんでした。 きっかけとか、強い想いとか、最初はそんな気負うものはなく、 ただ流れに身を任せ自分の気持ちに従った結果、今があるように思います。 すったもんだで20年、山あり谷あり生きてきたカメラマンの人生を振り返り書いてみようと筆を取りました。 何せ20年も前からのお話です。忘れていたり記憶違いもあるかも知れません。 自分を振り返り客観的にみたいと、主人公は『よよこ』と名付けました。 プロのカメラマンをめざしている人、迷子になっている人、よよこという名前に惹かれた人、 ぜひ読んでみていただけたら幸いです。

  • めざせ!アルプス〜50代の挑戦〜

    9年前の夏、富士山登頂を果たした2年後、「山にのぼれば膝痛」の恐怖から遠のいていた山のぼり。 50代半ばを迎え、再び登山熱勃発!! 憧れのアルプスをめざす50代半ば女の奮闘記です。 登山記録としてここに記します。

  • MATOI's CAFE

    MATOI’sCAFEはzoomを利用したオンラインルームです。 人と人が尊重しあい、 人生観やライフワークについてテーマを決めて語りあう。 話すことで頭を整理したり、 人の話を 聴くことで新しい価値をみつけたり、 小さなヒントが大きな一歩を生むきっかけになるかもしれない。 毎日に彩りを加える居場所をめざしています。 このnoteでは、MATOI'sCAFEのテーマについてシェアしたい内容があるときに書き残していこうと思います。

  • 旅のフォトエッセイ

    旅やキャンプでみたもの、感じたことを写真とともに綴っていこうと思います

  • 映画備忘録

    ここでは映画の内容ではなくて、自分が観た映画を通し、そこで感じたことや心に残ったことなど、自分のための備忘録として書き留めています。それが誰かの映画を見るきっかけにもなったらそれはそれで嬉しいなと思ってます。

最近の記事

よよこ、研修生活に涙する

父から譲り受けた銀のアタッシュケースはとても格好よかった。 しかし、重すぎて実用的ではなかった。 何せカメラのボディもレンズも1台では足りない。 2台のボディとレンズ数本、そしてストロボ2台。 これがミニマムのスタートだった。 カメラバッグも新調し、いよいよプロカメラマンっぽくなってきた。 とはいえ、スクールを卒業したから、 「明日からプロです。さあ、お仕事です!」 というわけにはいかない。 先輩カメラマンにくっついて本番の結婚式に研修生として入る。 ここからが本当の

    • カメラマンのためのお悩み相談会やります

      フリーランスカメラマンを選んで、 最大の喜びはやはり「自由」です。 何かにとらわれることなく、 自分のペースで仕事をできるのは幸せです。 でも一方で、一人だからこそ悩むことも多々ありました。 「これでいいのかな」 「こんなとき、みんなはどうしているんだろう」 「他にやり方あるのかな」 会社に所属をしていたときは 気軽に周りのカメラマンにアドバイスを もらっていましたが フリーだとそれが意外と難儀です。 私にはカメラマンの友人がいるので 困ったときには相談にのってもら

      • よよこ、写真スクールに通う

        いよいよ期待に胸を高鳴らせ、父から譲り受けた銀のアタッシュケースに 真新しいカメラを詰め込みスクール通いがスタートした。 選んだのはフィルムカメラNIKON F5と 標準ズームレンズと50mm、85mmの単焦点。 正直、どのカメラがよくて、どのレンズが良いのかさっぱりわからなかった。 そのとき先輩カメラマンが持っていたカメラと同じものを選んだ。 男性の先生が授業のはじめに 「絞りってわかる?」 スクール生は皆苦笑い。 「そこからか」 苦笑しながらカメラの基本について教え

        • 突如現れた稜線が美しすぎた〜金峰山〜

          瑞牆山(みずがきやま)にのぼったときから、ずっとのぼりたかった金峰山。5月下旬にようやく念願が叶った。 金峰山は標高2,599mで、山梨県甲府市と長野県川上村の境界に位置している。日本百名山であり、奥秩父の盟主といわれるのがのぼってみるとよくわかる。ちなみに「きんぷさん」と呼んでいるが、長野県では「きんぽうさん」とも呼ばれるそう。 金峰山へは「大弛峠」からだと初心者でものぼれるルートだが、私がのぼりたかったのは体力度4、技術的難易度Cに値する「瑞牆山荘」からのルート。技術的難

        よよこ、研修生活に涙する

        マガジン

        • よよこ、プロカメラマンになる
          4本
        • めざせ!アルプス〜50代の挑戦〜
          39本
        • MATOI's CAFE
          10本
        • 旅のフォトエッセイ
          3本
        • 映画備忘録
          17本
        • 纏の部屋
          11本

        記事

          よよこ、プロをめざす

          子どもも幼稚園児になり、少しだけ時間に余裕が生まれた。 「そろそろ社会復帰したいな」 5年間の社会人生活のあとはのらりくらりと バイト生活で生きてきたよよこにとって、 社会復帰はそう簡単ではなかった。 「自分に何ができるんだろう」 資格もキャリアも何もないよよこ。 「働いている人って何着て会社に行くんだろう」 「今って何が流行っているんだろう」 もともと流行りにうといよよこは 仕事の内容より、 社会に受け入れてもらえるのかという 不安の方が大きかった。 資格を取

          よよこ、プロをめざす

          よよこ、カメラにハマる

          よよこがはじめて一眼レフを手にしたのは大学生のとき。 アマチュアカメラマンだった父から、 コンタックスの一眼レフカメラを譲り受けた。 そのフォルムの格好よさに惚れ込み、 いつも肩からぶらさげ気ままに撮るのが日課になった。 カメラのことはよくわからないけれど、 センスがある、 よよこは自分をそう思っていた。 そんなよよこが次にハマったカメラが、ミノルタの645。 父から借りた中判カメラだ。 その当時5年勤めた会社をやめ退職金をつぎ込み通ったお花の教室で、 生徒がいけた花をア

          よよこ、カメラにハマる

          マイナスイオンあふれる山〜奥多摩川苔山〜

          GW、どこかの山にのぼりたい! されどGWは道が混む。できれば電車で行けるところがいい。 ならばアクセスのいい東京都の奥多摩! 奥多摩は熊の出没率も高いので、春以降ひと気が少ないときはできれば避けたくGWなら人も多いからちょうどいいに違いない! と、いささか単純な理由で以前から気になっていた標高1363.2mの川苔山を選択した。 川苔山とは、国土地理院では「川乗山」と表記される。 苔の文字が使われているのは谷で川のりが採れたことに由来するとあるが、漢字表記については両方が混在

          マイナスイオンあふれる山〜奥多摩川苔山〜

          MATOI'sCAFE〜歳を重ねて良かったなあと思うこと〜

          MATOI'sCAFEとは、2023年3月からはじめた無料のオンラインルームです。 毎月1回、zoomでひとつのテーマについて、現在はインタビュー形式でお一人おひとりのお話をうかがいながら行っている少人数制の座談会です。 会によりますが、内容を一部抜粋しご紹介致しております。 5月のテーマは 『歳を重ねて良かったなあと思うこと』 でした。 とかく歳をとるのが嫌だと思うケースもあるかと思いますが、歳はとるのではなく『重ねるもの!』 人生の積み重ねが年齢の意味であると思っています

          MATOI'sCAFE〜歳を重ねて良かったなあと思うこと〜

          山のぼりで朝活!〜岩殿山〜

          岩殿山は山梨県大月市にあり、大月駅から歩いていけるという岩殿城址だ。 標高はスカイツリーと同じ634m。 「山梨百名山」「秀麗富嶽十二景」にも選ばれている名低山だそう。 4月中旬、桜にはちょっと遅く八重桜やツツジにはちょっと早い、そんな季節ではあったが天気とタイミングがあったため迷わず気になっていた岩殿山にのぼることにした。 ー ルート 岩殿山へは強瀬登山口・岩殿登山口が駐車場や大月駅からは近いが現在は崩落のため通行止めになっており、唯一利用できる登山口は畑倉登山口のみ

          山のぼりで朝活!〜岩殿山〜

          ボルダリングに挑戦した

          山で知り合った方と 初めてのナイトハイクをした 到底一人では無理だし きっとやることはないだろう と思っていたナイトハイクを 初めましての方とする 山では嘘は通用しないから きっと わかるんだと思う 写真はそのときに撮ったもの 曇り予報だったのに みることができた日の出は 格別だった 岩がなぜか好きで いや 岩のなんたるかはよくわかっていないけれど 崖だったりでっかい岩だったり 山でみかけるとかなり気持ち悪いくらい 笑っている私がいる そして のぼりたくなる クライミング

          ボルダリングに挑戦した

          MATOI'sCAFE〜人に委ねる、について語らおう〜

          MATOI'sCAFEとは、2023年3月からはじめた無料のオンラインルームです。 毎月1回、zoomでひとつのテーマについて、現在はインタビュー形式でお一人おひとりのお話をうかがいながら行っている少人数制の座談会です。 会によりますが、内容を一部抜粋しご紹介致しております。 4月のテーマは 『人に委ねる、について語らおう』 でした。 委ねるとはいったい何か、ひとりの参加者の投げかけによりかなり深掘りでき「腑に落ちる」結果に辿り着くことができたように思います。予想以上の奥深い

          MATOI'sCAFE〜人に委ねる、について語らおう〜

          森の妖精ミツマタと偶然みつけたほっこりカフェ〜鶏足山・焼森山〜

          3月春分を過ぎたころ、1年前からみにいきたかったミツマタ群生地にいってきた。どこにしようか迷ったが、今回選んだのは栃木県芳賀郡茂木町の焼森山ミツマタ群生地。 ミツマタだけでもよかったが、せっかくなら山ものぼりたい。 というわけでミツマタ群生地を囲む鶏足山と焼森山にのぼってきた。 どちらも430mほどの低山なのでのんびりハイキング! ミツマタ群生地は有料できちんと管理されているのだが、受け入れ期間が延長され3月31日まで入れる。下記参照。 山にのぼらなくても行けるので、ミツマ

          森の妖精ミツマタと偶然みつけたほっこりカフェ〜鶏足山・焼森山〜

          MATOI'sCAFE〜あなたの成功体験教えてください〜

          MATOI'sCAFEとは、2023年3月からはじめた無料のオンラインルームです。 毎月1回、zoomでひとつのテーマについて、現在はインタビュー形式でお一人おひとりのお話をうかがいながら行っている少人数制の座談会です。 会によりますが、内容を一部抜粋しご紹介致しております。 3月のテーマは 『あなたの成功体験教えてください』 でした。 ただこんな成功しました!というお話ではなく、成功に行きつくまでのプロセスには困難であったり収穫であったりさまざまあると思います。 成功体験を

          MATOI'sCAFE〜あなたの成功体験教えてください〜

          記念すべき100座達成!〜石割山〜

          およそ1ヶ月ぶりの山のぼり。 どうにもタイミングがあわず悶々としていた3月初旬の休日、 天気がいい!ここで行くしかない! と急遽決め選んだのは、山梨県山中湖村と都留市の境に位置する石割山。 山梨百名山にも選ばれているそうで、中腹にある石割神社は有名な巨岩がありパワースポットとしても親しまれている。 石割山も夏以外でのぼりたいと思っていたので、ちょうど良いタイミングだった。 石割山といえば、なんといってもてっぺんから臨む富士山! 何度みても感動する富士山めがけていざ! ー ル

          記念すべき100座達成!〜石割山〜

          MATOI'sCAFE 〜人間関係を良くする秘訣とは?〜

          MATOI'sCAFEとは、2023年3月からはじめた無料のオンラインルームです。 毎月1回、zoomでひとつのテーマについて、現在はインタビュー形式でお一人おひとりのお話をうかがいながら行っている少人数制の座談会です。 会によりますが、内容を一部抜粋しご紹介致しております。 2月のテーマは 『人間関係を良くする秘訣とは?』 でした。 仕事でもプライベートでも人と関わる世の中で、 この課題は永遠のテーマではないでしょうか? そんな壮大な想いを込めて、今回のテーマに選びました。

          MATOI'sCAFE 〜人間関係を良くする秘訣とは?〜

          茨城のジャンダルムは思っていたよりすごかった&下山後のおしゃれカフェにハマる〜生瀬富士・月居山〜

          冬は低山! 立春過ぎてもまだまだ寒い2月上旬、ずっといってみたかった茨城のジャンダルムへ。 ジャンダルムとはフランス語で「憲兵」を意味しており、元はスイスのアイガーにある垂直の絶壁の通称に由来していたそう。主峰を守るように立つ塔状の岩峰とか、尾根上の通行の邪魔をする岩などと書かれてある。 日本でジャンダルムといえば奥穂高岳!だが、茨城のジャンダルムといわれている山が茨城県久慈郡大子町にある標高406mの生瀬富士(なませふじ)だ。 奥穂高ジャンダルムは標高3163m。標高差から

          茨城のジャンダルムは思っていたよりすごかった&下山後のおしゃれカフェにハマる〜生瀬富士・月居山〜