田原真人

生命体の可能性が花開くことに喜びを感じるデジタルファシリテータ。非暴力アナキスト。2011年にマレーシア移住。「反転授業の研究」主催、IAFジャパン理事。『Zoomオンライン革命』『出現する参加型社会』など。執筆&講演依頼⇒  http://masatotahara.com/
    • 参加型社会学会
      参加型社会学会
      • ¥1,000 / 月
      • 初月無料

      参加型社会の出現を加速する装置として、互いの実践と気づきを報告 し合う「参加型社会学会」を立ち上げます。

    • 「Shout!」原稿投稿箱
      「Shout!」原稿投稿箱
      • 22本

      「Shout!」は、YAMI大学・深呼吸学部が発行予定の雑誌です。こちらは投稿箱ですので、自分のnoteに書いた原稿を投稿したい場合は、こちらのマガジンに掲載してください。掲載するためには、共同運営者の設定が必要なので、橘川まで連絡してください。

    • 「フィールドZoomフォーラム」の作り方
      「フィールドZoomフォーラム」の作り方
      • 24本

      Zoomを使った、新しいメディア構造を開発します。この動きは、参加型メディア一筋の橘川幸夫(「参加型社会宣言」著者)と、自己組織化一筋の田原真人(「Zoom革命」著者)との出会いからスタートしました。

    • 「参加型社会宣言」との対話
      「参加型社会宣言」との対話
      • 6本

      デジタルメディア研究所の橘川幸夫さんの『参加型社会宣言』を読み、感じたことを連載していきます。

    • デジタルファシリテーション構想
      デジタルファシリテーション構想
      • 13本

      デジタルファシリテーションが、社会にどのような新しい可能性を生み出すのかを論じます。

    • すべてのマガジンを表示

参加型社会の細胞は、参加型プロジェクトだ

橘川幸夫著『参加型社会宣言』は、以下の言葉から始まる。 上からではなく下から、外側からではなく内側から、遠くからではなく近くから、全体からではなく個人から、制度…

出現する「参加型のイベント」

『出現する参加型社会』が4月2日にアマゾンから発売になった。 それをきっかけに、連日、読書会やイベントを開催してもらっていて、本当にうれしい。 ◆4/14(水)20:30-22…

個人と個人の繋がりから参加型社会が出現する。一緒に動き出そう。

『出現する参加型社会』は、『参加型社会宣言』に続く本であり、クラウドファンディングを活用して出版する方法論を受け継いでいる。 『参加型社会宣言』をクラウドファン…

YAMI大学よろめき歩き学部第2フェーズへ突入

YAMI大学よろめき歩き学部は、深尾葉子さんと田原真人が発起人となり、2020年10月にスタートしました。 二人が共通して大事にしているのは、ロゴス的な知性よりも、生命体…

『出現する参加型社会』のアマゾンでの予約が開始!

クラウドファンディングで出版費用を応援していただいた『出現する参加型社会』が、アマゾンで予約可能になりました。4月5日に発売になるようです。 現在は、クラファンで…

『出現する参加型社会』が出版!クラファンで応援してくださった皆さん、ありがとうございました。

2020年末に『出現する参加型社会』の発行支援をお願いするクラウドファンディングを行いました。 1,087,500円の支援金が集まり、メタブレーンから無事に出版できることに…