見出し画像

【片桐はいり x 森下圭子 x おおすみ正秋】昭和のアニメ 対談 スタート!

昭和のアニメや人形劇に多大なる影響を受けて育った俳優・片桐はいりさんと、ムーミンが好きすぎてフィンランドに移住してしまった翻訳家、森下圭子さん。私、おおすみ正秋の慶應大学アニメーション授業の後すぐの、興奮が残る対談を5回に分けて送ります。(*授業は前年度に行われました)

画像2

片桐 はいり × おおすみ正秋 × 森下 圭子

第一回
静止画表現とは? 〜巨人の星の裏話〜

第二回
日本人ならではの表現 〜オバQと小津映画の共通点〜


第三回
歌舞伎とリミテッドアニメーション 〜古典芸能の動きの秘密〜


第四回
演技と演出 〜すべてに意表をつきたい〜


第五回
キャラは関係で描く 〜ムーミンをヒッピーの世界へ〜


片桐はいり
1963年生まれ。大学在学中に劇団で舞台デビュー。その後、CM、映画、テレビドラマなどで幅広く活躍。主な出演作品は、映画『かもめ食堂』、『小野寺の弟、小野寺の姉』。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13)の“あんべちゃん”役など、唯一無二の個性派俳優として人気を集めている。エッセイストとして執筆活動を行い「かもめ食堂」の撮影中のエピソードなどをつづった「わたしのマトカ」(06)や、グアテマラに住む弟家族を訪ねた旅の記録「グアテマラの弟」(11)、“もぎり”のバイト時代を述懐した「もぎりよ今夜も有難う」(10)などを出版している。




森下圭子
1969 年生まれ。ムーミン研究のため1994 年秋にフィンランドへ渡る、現在ヘルシンキ在住。翻訳や通訳のほか取材や視察のコーディネートをする傍ら、連載などでフィンランドのレポートも。主な翻訳に『ぶた』『アキ・カウリスマキ』『ぼくは王さま』『ムーミンのさがしもの』『ちびのミイがやってきた』 『トーベ・ヤンソン 愛、仕事、ムーミン』(共訳) 映画『かもめ食堂』ではアソシエート・プロデューサーを務める。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
1934年兵庫県生まれ。 劇団飛行船、人形劇団ひとみ座の脚本および舞台演出の傍ら「子鹿物語」「ムーミン」「オバケのQ太郎」「ルパン三世」「走れメロス」などのテレビ/劇場用アニメーションを演出。70歳で東京工科大学大学院修士課程を卒業。慶應義塾大学特別講師。まだまだ現役です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。