おおすみ正秋

1934年兵庫県生まれ。 劇団飛行船、人形劇団ひとみ座の脚本および舞台演出の傍ら「子鹿物語」「ムーミン」「オバケのQ太郎」「ルパン三世」「走れメロス」などのテレビ/劇場用アニメーションを演出。70歳で東京工科大学大学院修士課程を卒業。慶應義塾大学特別講師。まだまだ現役です。

【片桐はいり x 森下圭子 x おおすみ正秋】昭和のアニメ 対談 第五回

「 キャラは関係で描く 〜ムーミンをヒッピーの世界へ〜」 ———フィンランドを代表する映画監督カウリスマキに出てくる役者もほとんど動きが少ないですが、日本人の動き…

【片桐はいり x 森下圭子 x おおすみ正秋】昭和のアニメ 対談 第四回

「 演技と演出 〜すべてに意表をつきたい〜」 おおすみ 片桐さんの前で言うのもなんだけど、日本の俳優はこの10年うまくなったと思う。昔の東映時代の役者と比べたら嘘…

【片桐はいり x 森下圭子 x おおすみ正秋】昭和のアニメ 対談 第三回

「歌舞伎とリミテッドアニメーション 〜古典芸能の動きの秘密〜」 片桐 それにしても子供時代に心打たれたアニメが、知恵と工夫の結晶で生まれてきたとは思わなかったで…

【片桐はいり x 森下圭子 x おおすみ正秋】昭和のアニメ 対談 第二回

「日本人ならではの表現 〜オバQと小津映画の共通点〜」 おおすみ 当時、TBSの忠隈さんというプロデューサーがね、オバQを一緒に始めるときに与太話をしていてね。「オバQ…

【片桐はいり x 森下圭子 x おおすみ正秋】昭和のアニメ 対談 第一回

「静止画表現とは? 〜巨人の星の裏話〜」 対談の前に、慶應義塾大学での授業をおさらい。テーマは『静止画(リミテッドアニメーション)。授業内容を軽く説明すると・・…

【片桐はいり x 森下圭子 x おおすみ正秋】昭和のアニメ 対談 スタート!

昭和のアニメや人形劇に多大なる影響を受けて育った俳優・片桐はいりさんと、ムーミンが好きすぎてフィンランドに移住してしまった翻訳家、森下圭子さん。私、おおすみ正秋…