新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

20年ぶりにコンクールに応募したららら

募集を知り、締め切りに向かって書き始める。締め切りの日まで何度も書き直す。規定枚数におさまるよう文字数を調整する。原稿の健闘を祈り、郵便ポストに投函する。そして、結果発表の日まで「もしかしたら」を抱いてドキドキしながら過ごす。

脚本コンクールに応募していた20年ほど前のあの感覚を久しぶりに味わった。

ららら応募動機

なぜ「ららら」と浮かれているのかの理由は後にして、20年ぶりにコンクールに応募しようと思った理由は、noteを始めるきっかけになった(彼女のnoteを応援したくて元応援団員はnoteを始めた)「キナリ杯」だった。

キナリ杯は、コンクールというドアの向こうへ行こうとしていた頃の気持ちと「challengeの中にはchanceとchangeがある」を思い出させてくれた(キナリ杯というドア)。

わたしは、キナリ杯には応募しなかった。一応、プロの物書きなので、「もし選ばれたら、誰かのチャンスを奪ってしまう」という遠慮があった。

結果を見てのけぞった。笑ってしまうほど傑作ぞろいで(そして鉱山が現れた)、「これ、わたしが出していても選ばれなかった」と思った。とらぬ狸のなんとやら、もし出していても誰かのチャンスを奪う心配はなかったわけだけど、「選ばれなかったらカッコ悪かったな」とは思った。

それが6月の頭のこと。6月中旬になって、『子ぎつねヘレン』でご一緒した映画プロデューサーの石塚慶生さんから「こんなこと考えているんですけど」と内容が固まる前のユニバーサル・オーディション「ルーツ」のあらましを聞いた。

手探り、手弁当で走り出していた(今もそのまま走り続けている!)インディーズ企画。全国から役者を募ってリモートでオーディションして一緒に作品を作るという試みで、脚本家と演出家は立ち上げメンバーと付き合いのある人に声をかけていた。(その頃まだふわふわしていた「ルーツ」が、7月に募集開始、8月に締め切り、1次2次審査を経て脚本開発、10/17.18に第1回公演というのはかなりのスピード感!)。

コンクールって、運営側にとってもchallengeなんだなと思った。冒険を共にする仲間を募る旗を上げて、「見つけて!」「集まって!」と呼びかける。どんなメンバーが集まるかで、切り拓く道も道中の苦楽も変わってくる。

コンクール情報にアンテナが向いていたのだろうか。6月30日締め切りの落語協会「新作落語台本募集」が目に留まった。

脚本家だけど落語台本は新参者だし、受賞の心配ご無用なのは「キナリ杯」で実感している。仕事も止まっていて、時間はたっぷりあった。出さない理由がなかった。

何を書こうかと思ったとき、以前書いたラジオドラマ脚本を思い出した。「日本語誘拐事件」というタイトルで、NHK名古屋放送局のコンクールに応募し、たしか最終で落ちた。

脚本は2台前のパソコンで書いていて、データもプリントアウトも残っていない。でも、「日本語から『ら』が誘拐されて返されるまでの話」で、その間に言葉遊びを散りばめていたのは覚えていた。ちょうど政府の新型コロナウイルスが連日報道されているのを見ていたこともあり、官邸での会議を膨らませ、「ららら日本語誘拐事件」という題で応募した。

「ららら日本語誘拐事件」(新作落語)

電話帳に載っていない、インターネットで調べても出て来ない電話番号なんてのがありまして。

トゥルルルル、トゥルルルル。

「はい総理大臣直通ダイヤルです」
〈その声は官房長官だな?〉
「あのー、どちら様でしょう?」
〈総理はいるか?〉
「おじいちゃん、どちらにおかけですか?」
〈総理はいるかと聞いておる〉
「総理に、どういったご用件でしょう?」
〈ひとさらいの脅迫電話だ〉
「ひ! 人さらい? ハッ。もしかして、総理を誘拐するっていうんじゃ?」
〈そんなつまらんもんは、いらん〉
「総理じゃないとしたら…ハッ。もしかして総理より面白いと巷で人気の官房長官のこのワタクシ?」
〈人ではなく、ひと文字頂戴する〉
「はい?」
〈ひと文字さらい、人呼んで、ひとさらい。日本語の五十音からどれかひと文字差し出してもらおう〉
「は?」
〈はひふへほのひと文字目の《は》だな?〉
「いえ、そういうつもりで言ったわけでは」
〈よし。《は》を頂くとしよう〉
「人の話聞いてます? ダメです。《は》がないと困リます! 芸能人も日本語も《は》が命です!」
〈ならば、他のひと文字を差し出せ〉
「官房長官のこのワタクシが、ですか? 無理無理無理。荷が重すぎます」
〈荷が重い? では、《に》を頂戴して、荷を下ろしてやろう〉
「待ってください。《に》もダメです。て、に、を、は、は単語をつなげる大事な接着剤ですから!」
〈では、どのひと文字なら良い?〉
「どのひと文字と言われましても、ワタクシの一存では決めれません。無理です」
〈今、何と言った?〉
「今ですか? 無理です」
〈その前だ〉
「その前? ワタクシの一存では決めれません」
〈《ら》を抜いたな?〉
「ら?」
〈決められませんの《ら》を抜いて、決めれませんと言った〉
「それが何か?」
〈《ら》を抜いても良いのか?〉
「まあ、大した違いはないかと」
〈よし。では、《ら》を頂くとしよう〉
「え?」
〈《え》のほうが良いか?〉
「どっちもダメです!」
〈《ら》があってもなくても変わりはないと言ったではないか〉
「そうは言ってません!」
〈シャラップ黙らっしゃい! 《ら》がなくなったら、『シャップ黙っしゃい!』だ。締まらんな。いや《ら》を抜いたら、締まんなだ。締まるのか、締まらないのか、どっちなんだ。わはは、わはははは〉
「ふふふ、ふふふふふ」
〈どうした? 気でも触れたか?〉
「おじいちゃんのお芝居に、つい乗っちゃったけど、これ、いたずら電話でしょ?」
〈官房長官さん、あんた、おれを疑ってるのかい?〉
「だって、日本語からひと文字誘拐するなんて、できるわけないじゃないですか」
〈まあ見てな。ひと文字に笑うヤツは、ひと文字に泣く〉
「はいはい。これ以上ご老人のヒマつぶしにつき合っていると、税金の無駄遣いってお叱りを受けちゃいますから、切りますよ」

ガチャン。

なぜ相手が総理大臣直通ダイヤルの番号を知っていたのかは謎でしたが、報告するまでもないと考えた官房長官。家に帰って一杯引っかけ、ひと風呂浴びる頃には電話のことなどすっかり忘れてしまいました。カラスカアで夜が明けたと思ったら、

「緊急▲ジオ放送です。昨夜、《▲》がさ▲われました。犯人か▲の予告電話を官房長官がイタズ▲と断定したことか▲、対応が見送▲れ、日本全国北か▲南まで大混▲ん。政府のだ▲しなさに国民か▲非難の声が集まっています」

なんと、電話の予告通り、《ら》のひと文字が消えていた。どうも今朝はカラスの鳴き声が出涸らしっぽいと思ったら、《ら》が抜けてカスになっていたんですな。たかがひと文字、されどひと文字。動物園ではライオンが途方に暮れております。

「百獣の王イオン。なんか弱そうだよね」
「ワタクシなんてフミンゴですよ。なんだか寝不足って感じで、あくびが出ちゃいます」
「僕なんて、ひと文字消えて、ただのトになっちゃったよ。迫力ないよ」
「まぁみんな気を落とすなよ。じきに慣れるぜ」
「あんたはいいよな。ゴリ」

お寿司屋さんも頭を抱えています。ヒラメにサワラにイクラ。《ら》のつくネタだらけでやりにくいったらありゃしない。

「はいお客さん、ちし寿司お待ちどうっ」
「大将、俺を殺す気かい!」

ラブレターがブレターじゃあ気持ちもすれ違うばかり。つき合いたてのカップルは、

「好きです。アイブユー」
「手も繋いでないのに、いきなり?」

シンデレラのガラスの靴は「シンデレのガスの靴」。これじゃあ恋が始まる気がしない。「桜咲く」は「さく咲く」に、「さよなら」が「さよな」じゃあ尻切れトンボだ。合唱団の発声練習も調子が出ない。

「ドレミファソシド」

オーケストラはオーケストになり、トンペットとクリネットとビオとコントバスが不協和音を奏でる始末。ブラスバンドはブスバンドになって、部員がごっそり減っちゃった。

しかし、日本語ってのは便利なもので、結構言い換えがきくんです。ライオンと言えないなら、獅子でいいじゃないか。ちらし寿司は具のせ寿司と呼ぼうじゃないか。オーケストラがダメなら交響楽団、ブラスバンドは管弦打楽器楽団で行こう。さよならの代わりに「あばよ」で別れようじゃないか。音読み訓読みに外来語、古典も新作も縦横無尽。ひと文字なくなっても案外なんとかなるもんだねとすぐに慣れてしまった。

「いやぁ国民の順応力は大したものですな。次に誘拐されるのはどの文字か、トトカルチョが盛り上がっているそうで」
「何のんきなことを言っているんですか官房長官? 外交は大迷惑ですよ。オンダ、サウジアビア、ニュージーンドにフィンンド。相手の国の名前を呼べなくては外交が始まりません。オーストリアが二つあるっておかしいでしょう?」
「まぁまぁ外務大臣、外交はハートですよ」
「あなたの対応のせいですよ官房長官」
「国難だ! 緊急事態宣言を発令する!」
「総理も落ち着いてください。ここはひとつ国民の茶目っ気に学びましょう。北関東の《い》で始まり《き》で終わる県は納豆県。香川県がうどん県って自称している、あのノリです。関西の《な》で始まるふた文字の県は大仏県。鹿県って案もあったんですが、滋賀県と似ちゃいますのでね」
「国の名前はそうはいきませんよ」
「オで始まりダで終わるヨーロッパの国は、チューリップ国。どうです?」
「あのー官房長官、面白がってますよね? 私は日本語の乱れに眉をひそめてます」
「そう言う文部科学大臣も言葉に気をつけていただきたい。面白がってます? ひそめてます? 《い》を抜くと、次は《い》が標的にされますよ。《い》がつく国もいっぱいあるんです。イギリス、イタリア、インド、インドネシア」
「ですよねー。だいたい文部科学大臣の脇が甘いせいで日本語が誘拐されたんじゃないですか? 他人事みたいな顔してますけど?」
「官房長官、《い》を抜かないでください!」
「これは誘拐事件ですよ! 警視庁は何やってるんです?」
「《い》を抜くなー!」
「緊急事態宣言を発令します!」

「ふふふふ。皆さん頭が固くて困りますな」

「何がおかしいのです、防衛大臣?」
「国難を乗り切るにはソフトな頭が必要だってことですよ」
「ソフトな頭?」
「言い換えれば、『やわなかい頭』です」
「やわなかい頭?」
「お気づきですか。今、私は誘拐されたひと文字を《な》に置き換えたのです。やわなかい。多少の違和感はあるものの意味は通る。現に、ここにいる閣僚の皆さんには通じた。外務大臣、いかがです?」
「オナンダ、オーストナリア、サウジアナビア、ブナジル、ニュージーナンド、フィンナンド……いける。いけますよこれ!」
「でしょう? 文部科学大臣、どうです?」
「いささかナンボウではありますが、背にハナは代えナれませんな」
「さすが国語のプロ。早速使いこなしていナっしゃる」
「記者クナブにも伝えましょう!」

トゥルルルル、トゥルルルル。

「電話だ」
「誰かナだ?」
「もしや犯人かナか?」
「防衛大臣が出て、防衛しよう」
「いや、総理の私が」
「いえ、ここは官房長官のワタクシが。乗りかかった船ですので。はい総理大臣直通ダイヤルです」
〈またあんたかラ?〉
「その声は、ひと文字さナいだな?」
〈ひと文字さナいとは、なんだラ?〉
「苦肉の策だ。あんたにさナわれたひと文字の代わりに《な》を使うことにしたんだよ」
〈では、次は《な》を頂戴するラ〉
「な! そんな殺生な!」 
〈真夜中の十二時に頂きに上がるラ。《な》がなくなって、なんとかならなくなるのを高みの見物させてもらうラ〉
「シャナップ黙ナッしゃい!」

ガチャン

「ふぅ、《な》でどやしつけてやりましたよ」
「どやしつけてやりましたよじゃないよ官房長官。逆探知してるんだかナさ」
「あ! つい怒りに任せてガチャンと」
「だかナ私が出るって言ったんだ」
「防衛大臣は攻撃的すぎます」
「攻撃は最大の防御なんだよ」
「今こそ緊急事態宣言を発令する!」
「総理、ちょっと黙っててもナえます?」
「君は調子に乗ってないで反省しなさい!」
「総理、支持率落ちてるかナって八つ当たりやめてもナえません?」
「総理も官房長官も《い》が抜けてる!」
「あんたもだよ外務大臣!」
「喧嘩している場合じゃないです。一刻も早く犯人を特定しましょう」
「さすが国土交通大臣」
「交通整理は任せてください」

「放送予定を変更して『緊急特番 日本語誘拐犯を探せ』をお届けしています。先ほど公開された犯人の電話の声に心当たりがあるという視聴者の方と電話がつながっています。こんにちは」
〈こんにちは。よろしくお願いします〉
「犯人の声を聞いてピンと来たということですが?」
〈はい。私の父の声に間違いありません〉
「お父様は、今どちナに?」
〈天国です〉
「天国?」
〈はい。天国があれば、ですけど〉
「となると、誘拐の予告電話も犯行も、亡くなった後ということになりますか?」
〈そういうこと、やっちゃう人なんです。いたずナが大好きな発明家なので〉
「やっちゃうんですね。では、この番組に電話をかけることもできますかね?」
〈はい。気が向けば〉
「気が向けば?」
〈父は気まぐれなんです。でも、父を呼べるかもしれない人が一人だけいます〉

「……ということで、はなはだ半信半疑ではありますが、日本語誘拐犯かもしれないおじいちゃんと孫のあっくんの電話がつながっています」

〈おじいちゃん。どうしてあんなイタズナしちゃったの?〉
〈あっくんと遊べなくなって、じいちゃん、つまんなかったんだラ。退屈で、退屈で、死んでも死に切れなかったんだラ〉
〈そっかー。でも、ぼくの名前、アキナになっちゃったよ。女の子みたいで、ちょっとはずかしい〉
〈じいちゃん、うっかりしてたラ。他のひと文字にするんだったなラ〉
〈そしたら、ほかの子がこまっちゃうよ〉
〈あっくんは優しいなラ〉
〈おじいちゃんのマゴだもん〉
〈あっくん、泣かせるなラ〉
〈おじいちゃん、言ってたよね。みんなを楽しくするイタズナがいいイタズナだって〉
〈そうだったなラ。じいちゃん、自分のことだけ考えて、みんなを困らせてしまったラ。ごめんなさいラ〉

「おや? なんだなんだ、真っ黒い雲がむくむくむく……日本語誘拐犯で発明家でイタズナ好きなおじいちゃんのごめんねの涙が雲を膨らませているのでしょうか。あ、光った!」

ピカッ! ガラガラ! ドーン!

「ねえねえ、ボク百獣の王ラライオンになっちゃった♡なんか可愛くない?」
「アタシのフララミンゴも可愛くない?」
「か〜わ〜い〜い♡」

「お客さん、ちららし寿司、お待ちどうっ」
「大将、浮かれてるねー」

人騒がせなひと文字さらいのおじいちゃん、雷と一緒に、《ら》を二つ落っことしちゃった。それもそのはず落雷には《ら》が二つ入っていたんです。連絡を取ろうにも、おじいちゃんスッキリ成仏しちゃって出て来ない。でも、アキナちゃんからアキララくんになって、あっくんはうれしそう。シンデレララはガララスの靴で足取り軽く、さくらら咲いて春うららら。《ら》が使えないのは不便だけど、あまる分にはお目出度くっていいかもね。お後よろしく、さよならら。

ららら落選

応募してから次々と欠点に気づいた。テストを提出してから「あそこ間違えてた!」と気づくあの感じ。

登場人物が多すぎるし、場面転換も多いし、サゲもはっきりしない。「それもそのはず、落雷には『ら』が二つ入っていた」というのがサゲになるとしたら、その後のエピローグ的付け足しが長い。映画やドラマの脚本だとよくある余韻表現だけど、落語では蛇足。

審査員のお一人、小ゑん師匠がツイッターでこまめに下読みの感想を呟かれていて、ダメ出しされている作品が、どれも自分の作品を指しているように思えた。

応募からひと月経った7月の終わりに書いた「鳴り物入り」は、最初から落語台本として書いた。

5か月ぶりに寄席に行った興奮、生の落語の名調子が体に残っているうちに一気に書いた。こちらのほうが出来は良かったと思う。もちろん、これだって、応募しても入選したかどうかはわからないけれど、「『ららら日本語誘拐事件』で入選してしまっては、力不足を露呈してしまう」と案じていた。

とらぬ狸のなんとやら(2匹目)、過去最多の346作品から選ばれた5本の中に、『ららら日本語誘拐事件』はなかった。

サゲ(のなりそこない)が落雷。落ちる話だからね。

総理のキャラは当時の総理に寄せてたけど、変わっちゃったしね。

負け惜しみはさておき、ガッカリするよりホッとする気持ちが大きかった。落語台本の書き手の層は厚く、壁は高かった。それがわかったことも、落語ファンの一人としてうれしかった。

ららら敗者復活

脚本コンクールでデビューのきっかけをつかみ、今は審査する側にいることが多いけれど、久しぶりに味わった応募する側のドキドキワクワクは懐かしくて新鮮だった。

結果を待つのと並行して、ユニバーサル・オーディション「ルーツ」の審査が進み、審査員ではないけれど合格者と脚本を作る立場のわたしは、応募する人たちと、それを受け止める審査員の熱量の応酬に圧倒される毎日だった。

何も行動を起こさなければ出会うことのなかった人と人。コンクールは互いを見つけ合う場であり、ドアは向こうから開くこともある。

コンクール出身でデビューのチャンスをつかんだので、元々コンクール応募者への思い入れは強いが、いつも以上に肩入れしたくなったのは、わたし自身が結果を待つ応募者だったからだと思う。

「ルーツ」は808人の応募者から選ばれた42人と作品を作っている。合格したかった、させたかった、けれど選ばれなかった人もたくさんいる。コンクールの受賞は審査員の多数決で決まるから、審査員の顔ぶれでも結果は変わる。

わたしがこれまでに審査に参加したコンクールでは、審査員の好みは見事に分かれた。熱い議論を重ね、ようやく結論に達した。最後の30分で一気に風向きが変わって、圏外から受賞に躍り出た作品もあったし、逆もあった。

審査員との相性と時の運。あるコンクールでは縁がなくても、別なコンクールで花開くことは珍しくない。

函館港イルミナシオン映画祭のシナリオコンクールでひっかからなかった足立紳さん(公開中の『喜劇 愛妻物語』も最低で最高!)の『百円の恋』が第1回松田優作賞に見出され、映画化され(監督は『嘘八百』シリーズの武正晴さん)、アカデミー賞脚本賞を獲り、米アカデミー賞外国語映画賞出品作になったように。

脚本コンクールに応募していた頃、最終審査に残ったものの審査会で真っ先に脱落した作品を見込んだディレクターに声をかけてもらったことがあった。その人、NHKの藤井靖さんとは後にラジオドラマを何本も作ることになり、「金魚鉢の教室」「父の代理人」「静かな生活」は芸術祭参加作品になった。

わたしが審査に関わったコンクールでも、受賞は逃したけれど、埋もれさせておくのはもったいないと思った作品との出会いがあった。連絡を取り、交流が始まったのが、以前noteに書いた《その言葉が誰かの「ひかり」になる》の水上春さんだ。

賞からこぼれ落ちても、「これ、磨けば面白くなるんじゃない?」と拾われることはある。だから、『ららら日本語誘拐事件』も「審査員の中に誰か一人は面白がってくれた人がいたかも」という期待はまだ残していて、審査に参加された噺家の方々の顔を思い浮かべながら、「あの師匠はお好きかも」と勝手に妄想している。

こんなお楽しみは、応募して落選した人だけが味わえるオマケだ。

と、このnoteを書いているうちに、2次選考に残った作品(受賞作品とは別に11本)が落語協会のページで発表された。

はい、こちらにもいませんね、『ららら日本語誘拐事件』。まったく歯が立たなかった。爪痕すら残していなかったとわかると、潔い。

でも、小ゑん師匠のツイートによると、

346本から全て読んだ6人が10本を選び、集計して上位3票が5本・2票が7本を残し、個人がどうしても残したい1票を加えて、計16作品が2次審査に残りました。後日これを委員全員の29名で読み、5本に絞ります。

とのこと。2次まで残っていなくても6人の噺家さんには読んでいただけた模様なので、もしかしたららら。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。脚本参加しているユニバーサル・オーディション「ルーツ」がクラウドファンディングを行っています。そちらも読んでいただけるとうれしいです。https://motion-gallery.net/projects/roots-universal

ありがとうございます。カフェオレどうぞ。
43
ユニバーサル・オーディション「ルーツ」に脚本で参加。全国808人から選ばれた42人の人生が喜怒哀楽爆発劇に。500円から応援できるクラウドファンディング、ぜひ読んでください。 https://motion-gallery.net/projects/roots-universal

こちらでもピックアップされています

コンクール/オーディション
コンクール/オーディション
  • 11本
コメント (12)
いやぁ~笑ったぁ~、横で寝てる人がいるから堪えたが、もう限界!「ぷッ」と一回やったらもうダメーーおかげでぐっすり眠れました《ら》は?
鏡心の短歌⭐︎麻千子さん

「音楽のような」「歌のような」の喩えに、さすが短歌の方、と心が弾みました。
「ららら」は歌にもなじみ深いですね。

落語を聴くのが好きだったお母様に思いを馳せ、お母様の「落雷」まで思い出されたこと、うかがえてうれしいです。

そういえば、わたしが小さい頃、母がよくラジオで落語を聴いていました。

絵本と言っていただいて思い出しましたが、子ども向けの演劇にしても面白そう、とラジオドラマを書いた当時思っていました。

「ららら」から色んなエピソードが引き出されて、つながって、楽しいです。
さかうえかおるさん
落選もネタに、そして新たな出会いの場を作ろうとnoteに書きました。自作ドアを立てて、外側に開いて呼び込みをやっている感じですね。

早速さかうえさんがnoteを書かれて、うれしいです。こちらのnoteのご紹介もありがとうございます。ゆきちゃんの作品、じっくり読みたいので、明日シャキッとしている時間に読みますね。
ayamoさん
ぐっすり眠れるくらい笑ってもらえて、むっちゃうれしいです!書いてよかったー!

最後のふた文字

《ら》は?

は書きかけなのか、なにかの暗号なのか、謎をいただきました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。