マガジンのカバー画像

クリスマスの読みもの

7
📕『クリスマスの贈りもの』全5篇(2009年と2010年USJクリスマス特設サイト書き下ろし作品) 📕『さすらい駅わすれもの室』より『とくべつな地図』(2015年12月NHK宮崎… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

イブに30分だけ目覚めて眠る彼女たち─間違いだらけのクリスマス

自分の書いたものはどれも愛着があるけど、とりわけ無性に愛おしい作品があり、『間違いだらけ…

「あの人はどうやってわたしの家を見つけるの?」から幾星霜を経て─さすらい駅わすれ…

目覚めると枕元にはプレゼントが 夢見がちな子どもだったから、「あの人」のことはもちろん信…

今、存在することがプレゼント。─壊れたビデオカメラ

【お知らせ】12/16(木)21:00よりClubhouseにて上演! クリスマスを待つ時間街にイルミネー…

あの頃の親の気持ちという伏線─パパの宝もの

真夜中のナイショ話子どもは9時に寝なさいと言われて忠実に守っていた頃、布団に入ったけど寝…

一緒に気持ちとか思い出とか固めてる─てのひらの雪だるま

記憶のミルフィーユの行方娘が小学生になって間もない頃、学童保育からそろそろ帰る時間だなと…

母になっても女子部─男子部の秘密

【お知らせ】2021/12/23(木)22:30Clubhouseにて上演! 「母」にも「女」が入っている 「こ…

大人こそサンタクロースを待っている─サンタさんにお願い

USJ小説『クリスマスの贈りもの』クリスマスが好きだ。どれくらい好きかというと、大学の卒業式でクリスマスツリーになったくらい。入学式に着た手作りのワンピースの桜色を緑色に染めて、集めているクリスマスグッズを総動員させてじゃらじゃらぶら下げて、クリスマスみたいに楽しい4年間でした、と大学から巣立った。 もちろんサンタクロースも好きだ。天井からぶら下げるくらい。 10年前、クリスマスの短編小説を書いた。 コピーライター時代に「いまいまさこ」の名前で出した小説『ブレーン・スト

スキ
129