土屋 正英

自然風景写真家。物語を描くそんな写真を撮る。撮影講師・ツアー講師・新聞連載等々で活動中。

土屋 正英

自然風景写真家。物語を描くそんな写真を撮る。撮影講師・ツアー講師・新聞連載等々で活動中。

    マガジン

    • 天城山からの手紙

      伊豆新聞で2018年10月より連載スタートした、天城山からの手紙-自然が教えてくれたことのアーカイブ記事になります。加筆訂正をし、紙面では正確に見れなかった写真も掲載。

    最近の記事

    固定された記事

    「天城山からの手紙」1回目

    まだ見ぬ姿を求めて今日も暗闇に一歩踏み出す。その場所は伊豆に鎮座する天城連山。あまり知られていないが、全国でも珍しい橅(ブナ)が生き残っている貴重な森である。今回からそんな天城山にスポットをあて、たくさんの物語を写真と一緒にお伝えして行きたい。 この日は風速7m気温-15℃という伊豆では信じられない冬の日。天城連山越しから見える、朝日を求めて、達磨山に向かっていた。山頂に着くと、吹き付ける猛烈な風は急速に体温を奪っていき、バックから三脚すべての物を氷に包んでいく。そして闇夜が

    スキ
    15
      • 「天城山からの手紙 50話」

        雨がやっと上がった帰り道、目の前に現れたブナのシルエットに入った一筋にラインは、また私の心を奪った。空はまだ雲で覆われ暗いのだけど、森にはそんな弱い光さえも物語の主人公にしてしまうほどの優しがあるのだ。この日、倒れたヘビブナに会いに行った。だからこそ、この情景に心を動かされたのかもしれない。無残なまでに今までの生きた時間を、一つの風が一瞬で奪ってしまう。どれだけ生き残ることにしがみ付き、どれだけの過酷な時間を過ごし生きてきたのだろう?でも終わりは突然と訪れて、永遠が瞬間となり

        スキ
        3
        • 「天城山からの手紙 49話」

          この日、前日に見つけた”ツキヨタケ”を撮影したく夜の森を訪れた。ツキヨタケはブナなどの立ち枯れに寄生するキノコなのだが、名前から想像できる様に、夜になると蛍光色を放ち、闇夜に浮かび上がる面白い特性を持つ。例年9月中旬~10月中旬に天城で確認でき、毎年歩けばその辺に生えているのだが、今年、いざ撮影したいとなると全く見つからず、森のいたずらに遊ばれていた。やっとの思いで撮影できそうな立ち枯れを見つけたので、悦び勇み直ぐ翌日の夜に再訪となったのだ。夕刻、前日からのロケハンを共にした

          スキ
          3
          • 「天城山からの手紙 48話」

            この穴から覗くその先には、秋の宴が待っていた。夏を過ぎ、うっすらと秋の風が吹く中、トップシーズンに向けて訪れたのは、滑沢渓谷。何度来ただろうか?それでも年に何回も来てしまう場所の一つなのだ。丁度この秋から差す光も素晴らしく、新たな発見を求めて彷徨う。名前の通りに滑らかな岩肌は、水に濡れ艶々に輝き、妖美なラインが渓流を作り出す。その濡れた肌に足を置けば、そこはスケートリンクの様に足を奪われてスッテンコロリンとひっくり返ってしまう。気を付けても、ズルっと滑らせ怖い思いをしたのも数

            スキ
            2

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 天城山からの手紙
            土屋 正英

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「天城山からの手紙 47話」

            先日の台風15号は、沢山の被害を伊豆にもたらした。そして、私の中で、天城の象徴だと思っていた「ヘビブナ」がついに逝ってしまった。幾たびの脅威を乗り越え、命を全うするために変えた姿は、まさに情念という一言に尽きる。私は、このヘビブナの前に何度立っただろうか?訪れる度に、偶然の出合いをくれた。その偶然が重なるほどに疑念が確信に変わり、この日、私は、不思議な体験をしたのである。人は誰しも大きな悩みを抱える事だろう。道に悩み、人との関係に悩み・・。それぞれが、何とか踏ん張り乗り越えて

            スキ
            1

            「天城山からの手紙 46話」

            天城山のイメージは、何時も霧に包まれ暗い森だと思われることも多い。しかし、なかなかその様な条件に遭遇するのは難しい。この日は、雨に降られるのを覚悟で向かったのだが、いざ現場に到着すると雨も降ることなく、暗闇の向こう側には、期待通りの綺麗な霧がかかっていた。対外は夜明けと共に、すーっと霧は消え去り、日常へと戻ってしまう。きっと、今日もそんなだろうと、景色が残っているうちに撮影を急いだ。日が昇ると、霧の空間は、次第に黄色や青と照明が変わった様に変化していく。目の前が温かい黄色に包

            スキ
            1

            「天城山からの手紙 45話」

            夜明けの蒼い時間が訪れる頃、薄っすらと霧が森を包んでいるのがわかった。久しぶりに歩くこの道は懐かしく、しかもまだ立ち入ったことの無い場所へと行くのだ。私は撮影の時、少し歩けば振り返り景色を確かめる。真っすぐ進めば、いくらでも早く目的地へ到着できるのだが、景色は面白いもので、行きと帰りでは全く見える物が違う。だからその都度、振り向き確かめ、その時の出合いを逃さない様にしている。そして、初めて歩く場所は新鮮で、一歩一歩確かめながら進んでいく。何よりも、その場を包む空気感をしっかり

            「天城山からの手紙 44話」

            猫越から続く林道を、2時間弱ほど歩くだろうか?冬になると、全面凍結する伊豆では珍しい、芭蕉の滝と呼ばれているところがある。冬に訪れると、圧倒される氷瀑に心を躍らせるのだが、聞き伝えによると、滝の上部へと動物を追い込み、最後はそのまま滝の下へと落として狩りをしていたらしい。下から上を眺めては、そんな様子を想像すると、ブルっと体が震えてくる。しかも、近くで柱状節理の切り立った肌をまじまじと見ると、こんなところに落ちたらひとたまりもないなぁと、直ぐにわかった。そして今、自分の立つこ

            「天城山からの手紙 43話」

            冬が過ぎ去ろうとしている頃、森はまだ静寂に包まれ、春の足音に気付かない。まだ、木々の穂先は固く閉ざされ、じっくりと力をためている。溢れそうになる力を、グッとその時に備えて小さな芽に凝縮する様子は、ギリギリと音を鳴らし、命の始まりを教えてくれているようだ。天城周辺では、大体4月下旬から5月上旬に春が訪れるので、この時期はブナの新芽や沢山の植物が一斉に動き出す光景と出合う事が出来る。そこかしこで始まる新しい命の音はすばらしく、いつもその憂いとパワーで心を満たされるのだ。森全体が春

            「天城山からの手紙 42話」

            8月の半ばも過ぎる頃になると、少しだけ森の空気が変わる気がする。香りでも温度でもない何か雰囲気が違うのだ。それは、小さな小さな兆し。きっと、季節の変わる合図を森が教えてくれているのだろう。そして、この季節の狭間は、なんとも言えない安堵感で満たされる。なぜなら、今年も無事に時が過ぎ回っていると思えるからだ。日常の中では、当たり前の様に思うかもしれないが、やはりこの自然の巡りに生かされているのだと考えてみると、心を満たす何かがある。私にはそれが、安堵感としてやってくるのだ。そんな

            スキ
            1

            「天城山からの手紙 41話」

            今回からは、視点をグッと寄せて小さな存在を追いかけてみたい。森を歩いていると、こぼれるほどの光が気になり、自然と空を仰いでしまう。そこからは、風に揺れて動く葉の隙間から、キラキラと光がこぼれ落ち、眩しくて薄目にしたその先は、真夏の色で溢れていた。濃い緑に染めた葉は、これでもかというほど生命力に溢れ、強い日差しなど苦にしていない。情けないことに私は、降り注ぐ陽に、「勘弁してくれ」と呟くのだから、森の者達に笑われていた気がした・・・。そして、涼を求めて次に向ったのは、夏の渓谷だ。

            スキ
            1

            「天城山からの手紙 40話」

            光に包まれた瞬間、すべての想いは見透かされた様に想いがあぶり出される。森で繰り広げられる光のドラマは、遭遇したくてもなかなか出合う事は出来ない。しかし、一度でもその光景を体験すると、もう虜となってしまうのだ。うっすらと霧が漂う中、急に何とも言えない温かさに包まれ、自分を包む空間が、ふわ~っと黄金色のオーラで埋め尽くされる。こんな瞬間が”光芒(こうぼう)”がそろそろ出るかもしれない合図なのだ。この黄金色の空間は、なんとも言えない高揚感と安らぎを与えてくれ、私の体から動きを奪う。

            スキ
            3

            「天城山からの手紙 39話」

            天城の森は思っているよりもずっと暗い。我先にと頭上へ手を伸ばし、その手の先に付けた沢山の葉を、空一杯に広げ太陽の光を皆が貪るからだ。長い年月、その競争をした森の天空は、パズルが完成したかのように隙間が無い。特に馬酔木の森は、晴天でも薄暗く、所せましと千の手が行く手をふさぐ。容姿形も似ていて、一度足を踏み入れると、まるで迷宮に迷い込んだように方向を失ってしまうのだ。もう何回も天城の森へ通っているが、知らない馬酔木の森へは、足を踏み入れたくない。実際は、3mも進めば次の開けた場所

            スキ
            1

            「天城山からの手紙 38話」

            この日、じっくりと天気予報を確認し出発した。登山口へ到着すると思っていたほどの雨ではなく、このまま予報通りに行けば最高の朝を迎えられるだろう。登山道から外れ、真っ暗な馬酔木の森をかき分けながら向かいの稜線へと向かったのは、ブナが静かにと住む秘境だ。同行者も以前迷子になったらしいが、やはり少し迷子になりながら、迫る朝に足をせかされ何とか目的地へ到着した。すぐさま撮影の準備をして、後は、雨がやみ雲が晴れ霧の中へ朝日が差すのを待つだけだった。しかし、この後、自然の恐ろしさを味わう事

            スキ
            1

            「天城山からの手紙 37話」

            天城というと東側の万三郎が頭に浮かぶが、私も、天城と言えばという事で東側からはいる事も多かった。春先には石楠花を求めて、沢山の人で登山道が埋め尽くされ、シーズンを過ぎると、ほぼ人と行きかう事もなくなる。少し寂しい気もするが、天城の良さは人が居ない故に、ゆっくりと満喫できる所にあるのかもしれない。この東側のルートは、撮影しながら一回りすると大体8時間位はかかってしまうのだが、いつも帰り道に三脚を捨てたくなる。そして、いまだ帰りに捨てたくなるのは笑いごとだ。写真のヒメシャラは、登

            スキ
            2

            「天城山からの手紙 36話」

            夏も間近なこの時季から、大量の虫が天城を占拠する。道を歩く先すべてが虫で覆われていると考えれば想像もしやすいかもしれない。そんな理由で、夏の季節は虫に天城を譲り、今回からしばらく、順不同にエピソードを優先して掲載していきたい。初めて天城をテーマにしようとした時、正直なにを思い撮影をしなければいけないのか私は全く分からなかった。目の前に現れるブナにはいつも圧倒され、そんな中、俗にいう綺麗な写真やすごい写真を自分の欲の為に・・いつも嫌気と疑問が付きまとった。はたしてどうしたらいん

            スキ
            2