萩原 雅裕

Prodotto代表/SaaS成長支援。NTTデータ→Kellogg/MBA→ベイン/戦略コンサル→マイクロソフト/日本と本社→LINE WORKS立ち上げ→独立。40代オッさん/#ライフMBA/#中年の危機/#中年の挑戦/#カタノリ/Asanaアンバサダー/筋トレ/キャンプ

萩原 雅裕

Prodotto代表/SaaS成長支援。NTTデータ→Kellogg/MBA→ベイン/戦略コンサル→マイクロソフト/日本と本社→LINE WORKS立ち上げ→独立。40代オッさん/#ライフMBA/#中年の危機/#中年の挑戦/#カタノリ/Asanaアンバサダー/筋トレ/キャンプ

マガジン

  • 会社やチームを強くするためのヒント

  • 萩原について

    萩原雅裕のプロフィール、仕事のご相談について、イベント登壇情報や、インタビューいただいた記事などの一覧です

  • カスタマーインサイト・マーケティング・カスタマーサクセス

  • ライフMBA講座(無料マガジン)

    自分の力で生きていきたい。全体像を押さえた上で、自分はどうすれば良いのか?を理解したい。 こんな人たちに、人生を経営している感を持ってほしい。なぜなら、私自身が25年以上、同じように悩んできた経験者だから。 MBAが経営の全体像なら、ライフMBAは人生で大事なことの全体像だ。 必修科目 1 人生ビジョン(会社経営では戦略・リーダーシップに相当) 2 意思決定 3 健康(組織に相当) 4 対人関係(営業に相当) 5 発信(マーケティングに相当) 6 マネー(会計・ファイナンスに相当) 応用科目 7 学習・インプット(研究開発に相当) 8 実行力・集中力(オペレーションに相当) 9 IT 10 個人の商品づくり(生産に相当)

  • ライフMBA講座(有料マガジン)

    ~経営の全体像を押さえるMBAのように、人生で大事なことの全体像を押さえるためにライフMBAを~ ライフMBA講座は、本物のMBA(経営学修士)のプログラムと同じように、自分の苦手分野・不足分野を補うと同時に、経験的に知っていたことを再確認できることを目指しています。 特に、苦手分野や不足分野については、世の中に溢れる情報を自分で取捨選択するのは難しいものです。ライフMBA講座の各科目(記事)は、押さえておくべき基本的な理論や定石を体系的に学べるよう、定評のある文献をベースにしつつ、コンパクトに学べる構成にしています。また、参考文献もご紹介していますので、興味をもった分野をさらに深く学ぶこともできます。 すでに多くの方が「自分の人生の経営者になる」ことを目指して、学びはじめています。人生のコントロールを取り戻すために、ライフMBA講座をご活用ください。

最近の記事

  • 固定された記事

人生を経営する ー ライフMBA講座のご案内

自分の人生を他人にコントロールされたいですか?それとも、自分でハンドルを握りますか?人生を他人にコントロールされたいと思う人なんていませんが、「実はそれ、コントロールされちゃってますよ」と言われたら、どう思いますか? ここに挙げた例はすべて、自分の行動を主体的に決めていません。だれかの意図を考慮して、自分の行動を制限しています。つまり、他人にコントロールされている状態です。 これらは、一見すると「だれかにコントロールされている」ようには見えませんが、実は「世間の常識」にと

スキ
62
    • CLS高知2022戻り鰹編参加レポート&LT登壇資料公開

      過去2回の参加を経て、すっかりハマったコミュニティリーダーズサミット in 高知(#CLS高知)に参加してきました!(見出し画像は #集合写真家 武市真拓さん撮影) ワーケーション3回目にしてだいぶ慣れてきた ワーケーションからのCLS参加も3回目。だいぶ慣れてきて、ワーク要素を充実させることができました。 前回の2022初鰹編は、初回に比べればかなり仕事できたものの、アクティビティ後のスケジュールの読みが甘く、打ち合わせを入れるべき時間を読み違えたり、移動の足(レンタ

      スキ
      17
      • 好きでやってる発信が、実は「コミュニティ」を助けていて、助けたコミュニティに助けられた話

        ややこしいタイトルですが、この記事は コミュニティに貢献してたら、どんどん良いことがつながり、仕事にもつながった。 逆に、コミュニティに貢献しなかったら、ビックリするくらいうまくいかなかった。 という話です。 まずは、3つほど良いことにつながった話から。 コミュニティマーケ・カスタマーマーケ B2Bマーケの仕事をしながらも、広告とかリード獲得とかデジタルマーケとかにはそれほど興味がなかったのですが(仕事としてはやったけど)、コミュニティマーケティングやカスタマーマー

        スキ
        87
        • カスタマーサクセスに関する連載記事(イベントレポート)を書きました

          Gainsight Japan株式会社公式サイトにて、カスタマーサクセスに関する連載記事(イベントレポート)を書きました。 2022年8月にGainsight社がサンフランシスコで開催したカスタマーサクセスの祭典 Pulse というイベントに現地参加し、その模様とともに、日本のカスタマーサクセス関係者の皆さんに関連するトピックを全4回にわたってお伝えするという企画に関わらせていただきました。 と言っても、実は Gainsight についてはほとんど書いてません。カスタマー

          スキ
          25

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 会社やチームを強くするためのヒント
          萩原 雅裕
        • 萩原について
          萩原 雅裕
        • カスタマーインサイト・マーケティング・カスタマーサクセス
          萩原 雅裕
        • ライフMBA講座(無料マガジン)
          萩原 雅裕
        • ライフMBA講座(有料マガジン)
          萩原 雅裕
          ¥6,480
        • 個人の力を高めるためのヒント
          萩原 雅裕

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          9/15(木) 「ビジネスサイドの人はプロダクトづくりにどう貢献できるか」についてお話しします

          プロフェッショナルをシェアする「プロシェアリング事業」を展開されているサーキュレーションさんによるウェビナーシリーズ #ソノプロ に登壇させていただくことになりましたのでご紹介。 最近は「元マイクロソフト」であることを意識する機会があまりなかったので、この肩書きが全面に打ち出されていて、ちょっと新鮮な気分です(と同時に、「元LINE WORKS」で認知されるようになりたいなーと思う)。 これまでマーケティングやカスタマーサクセス、カスタマーマーケティング、コミュニティにつ

          スキ
          10

          B2B SaaS のマーケターは、もっとユースケースを知ろう!

          久しぶりに B2B SaaS/B2Bマーケティングな話を。 B2B SaaSマーケターの皆さんへの問題提起であり、エールであり、こういう姿を目指そうぜ!というメッセージです。 B2B SaaS のマーケティングチームって、「やることたくさん!でも人手は足りない!」という状態になりがちです。いかんせん、B2Bマーケティングの経験者が世の中に圧倒的に少ないので。 だから、どうしても施策(おもにリード獲得施策)を回すことで手いっぱいだし、さらに最近はやたらと役割が細分化される傾

          スキ
          92

          DX推進実践者の皆さんに「アジリティ時代に求められる働き方」についてお聞きします

          8月23日(火) に開催される Asana Japanさん主催イベント Asana Future of Works 2022 Summer の事例企業パネルディスカッションにモデレーターとして登壇することになりましたのでご紹介。 Asanaのユーザーコミュニティ AsanaTogether で Asanaアンバサダーとしての活動を続けていたことでお声がけいただいた(と思う)ので、コミュニティ活動してて良かったなと。 しかも今回は、これまで公開されていなかった企業の皆さんの

          スキ
          6

          Customer-led Growth を追い続けて

          Customer-led Growth という言葉をはじめて聞いたのは2006年。もう16年前になるのか。いま気づいてビックリ。 当時入ったばかりの戦略コンサルティング会社で、ちょうど NPS を日本に啓蒙しているときだった。と言ってもNPSそのものを売り出すのではなく、「顧客ロイヤルティマネジメント」とか「顧客起点での成長戦略」という形だったような気がする(ちょっと記憶があいまいだけど)。 その基礎となる論文は How to achieve true customer-

          スキ
          32

          他人に時間を奪われまくる時代だからこそ求められる「課題の分離」と「マインドフルネス」

          他者の課題に踏み込まない。 自分がコントロールできる問題に集中する。 これ、ホント大事ですよね。 リモートワーク中に、ついスマホに手が伸びて、気づいたら30分くらい経ってたり、何かを調べるはずがうっかりWebサーフィン(て最近言わないね)してて気づいたら全然違うサイトを見てたりして、イカンイカン!俺は何してるんだ!と自己嫌悪におちいるたびに思うのです。 あらゆる方向からあなたの時間を奪おうとする力がはたらく現代に、「今、ココに集中する」ことの大切さが注目されるのは当然だ

          スキ
          13

          断食体験レポートと、使ってわかった「天才タオルの天才なところ」

          人生初のチャレンジに挑んできました。 「断食」 正式には1週間プログラムなのですが、初めてでヒヨったのと予定が合わなかったので、2泊3日コースで。 前日は腹6分目にという指示があったものの、気づいたら割りと食べちゃったのよね、、、 しかも、断食体験レポートを検索して出てくるのは、こんな感想です。 こんなん読んだら、ビビるわ。 ただでさえ空腹がツラそうなのに、それに加えて、、、いったいどうなってしまうのか。 いろんな意味で戦々恐々としながら、当日の朝を迎える。 朝ゴ

          スキ
          8

          「へー知らなかった」が続出、課金して得た意外な栄養知識7選

          この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

          スキ
          5

          意思決定に関するよくある勘違い:とにかくメリット・デメリットを洗い出す

          この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

          スキ
          9

          OECD開発センター 次長の湯浅あゆ美さんと登壇した「仕事も人生もととのう、ストレスフリーの管理術」が掲載されました

          3月に実施した「CONNECT : 仕事も人生もととのう、ストレスフリーの管理術」のイベントのレポートをワークマネジメント オンラインに掲載していただきましたのでご紹介。 「10年できなかったことが、Asanaを使ったら1ヶ月で身についた」という湯浅さんの実体験は、あらためて読み返してもインパクトあります。 なお、言いたいことはほとんどあゆ美さんがお話しされてしまったので、私は合いの手的な位置づけにしかなってません笑 また、当日めちゃくちゃ参考になるなーと思って聞いてい

          スキ
          5

          CLS高知って意味がわからないよ、と思っている方へ:CLS高知2022初鰹編 参加レポート

          前回参加した CLS高知2021戻り鰹編のレポート動画が完全に「〇ケーション」すぎたので、念願の本編参加ができた今回は、ちゃんと書こう!と思ってました。 思ってたんですが、マジメに書こうと思えば思うほど、書けなくなり... 公開が遅れ... となったので、殴り書きスタイルでいきます! CLS高知って意味がわからない…と思ってましたCLS高知。 はい、数年前から知ってました。 何度かオンラインで参加もしました。 でも、なんでわざわざみんな高知まで行くのか、正直意味がわからな

          スキ
          21

          【9月分追加】ライフMBA ワークショップ開催のお知らせ

          スキ
          8

          ピンポイントに知識を得るのはむしろ効率が悪い

          昨日、垣内さんの『デジタルマーケティングの定石』をおススメするツイートをしました。 ですが、なんでおススメなのかの理由が伝わってなさそうだなー、と思ったので、noteで解説した方がいいかなと。 というわけで、検索で知りたいことをピンポイントに知る、というかたちで知識を得るばかりだと、応用が効かないので、むしろ学習効率が悪いよ、という話を書きたいと思います。 ヒトは効率的に理解を深めるために、パターン認識を使います。 仕事でのパターン認識の基本形は、 状況 × 打ち手

          スキ
          18