見出し画像

ライブハウスで知らないバンドを観る理由

私は、ライブハウスが好き。
音楽経験なんて、小学校でイヤイヤ通ったピアノくらい。

音楽のことなんてなにも分からない。

でも、ライブハウスに行くのが好き。
しかも、聞いたことないバンドに行くのが。

その理由は2つ。
夢を追いかけている人を見れる。
相手にどう問いかけることが、他人の目にどう映るかがよくわかるから。

バンドマンは、自分とその仲間の才能を信じて突き進んでいるように見える。
それは、バカにされることもあると思うんだけど、自分を信じるという1番シンプルで難しいことをやり遂げている。

バンドマンが、苦悩して作り上げた作品である曲を生で聴きながら、その人たちの気持ちを想像する。
そして、自分のイマを見つめ直せる素晴らしい時間。
本当にありがとうございます。バンドを一生懸命されてるバンドマンの皆さん。

もう1つは、他人からの見え方。
私が観に行くのはまだあまり有名じゃないバンド。
その人たちが、観客に対してどんな言葉を投げかけるのか?それがとてもスキ。

ほとんどのバンドは言う
[来てくれて、本当にありがとうございます]

でも、本当にそう思っているんだ!と伝わるバンドは意外と少ない。
やっぱりどうして、そう思うかや演奏中の表情、目線などいろんな部分が、相手の気持ちに伝わる挨拶になるんだと思う。

謙虚とも、感謝とも異なる
自分たちだけのことを考えることを超えた
相手に伝えたい。いまここに居られる感謝。

を本当に理解した人にしか出来ない、相手の心に突き刺さる言葉。

そんな言葉を発しているバンドは、
そのバンドだけのライブに行きたい!
応援したい!と気付いたらファンになっちゃう

私も、夢は違うけど
バンドマンみたいに相手の心に突き刺さるなにかを生み出したい。

まる子
ブログツイッターも見てください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

レールに乗った人生見つめ直して、台湾で自分も対峙する時間を増やしてます。 人間として、なりたい姿に近づけるよう日々思ったことを書きます。

チカラニナリマス!
115
25歳 バリキャリ営業→台湾ワーホリで、現地ベンチャー企業で週4正社員しつつ、日系ベンチャーから業務委託。「自分を幸せに出来る」働き方や生き方を模索中。BLOG:http://deeptaiwan.com/

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 18893本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (5)
ピッピさん
コメント本当にありがとうございます!
心根…。凄くしっくりきました!
思ってることが、さらに人に伝わると嬉しいですし、幸せですよね。
私自身も「心根」を持てるよう頑張りたいと思えました!
本当にありがとうございます😊
はじめまして。私もバンド大好きで多くて週一でライブハウス通ってるものです。
まる子さんの気持ちすごくわかります!本当に、いつもバンドマンには背中押してもらえます。
きゆかさん
コメントありがとうございます!
週一凄いですね!ライブって終わった後の高揚感が病みつきになって、帰り道で他のライブ取っちゃうことが多いです。笑
頑張ってる人を見るのは尊いですよね☺️
1年に1回は、友だちに誘われてライブハウスに行くんですけど、正直あまり乗り気ではなかったのですが、まる子さんの記事を読んで、
そういう見方・楽しみ方もあるのか!
と、思いました。次のライブが楽しみです🌟
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。