見出し画像

小説「リレキショ」

中村航さんの、恋愛小説ではない小説です。

最初から最後まで、主人公の男の子がなぜそこで暮らしているのか、なぜリレキショを書くことになり、バイトを始めることになったのか、などという背景が書かれていませんでした。
でも読み終わってから、それは必要のない設定だったから書かなかったのかも、と思いました。帯にも書いてありますが、大切なことは、名前でも、今までの生きてきた人とのつながりでもない。自分でどうしたいか考え、勇気を出して動くことだ。これを読んで、帯の言葉がすとんと落ちてきました。

この物語には、ぼく、ねえさん、ねえさんの友達の山崎さん、そしてウルシバラという謎の少女の4人が登場します。

「ぼく」以外の3人は、さまざまな面でとても個性あふれる、ステキな女性です。ぼくだけがなんだか薄い感じ。末っ子の男の子というか、現代っ子なイメージです。
「ぼく」はなんらかの理由でねえさんの家にお世話になり始め、バイトを始めます。それが「ぼく」にとっての勇気を出した行動。そこへ、勇気を出して「ぼく」にラブレターを渡しに、ウルシバラが登場するのです。
ねえさんと山崎さんは、楽しそうに成り行きを根掘り葉掘り。

いつもと同じ仕事、同じ風景でも、勇気を出して一歩踏み出せば、全く違った世界が現れることを、この物語で思い出した気がしました。

日常のような出来事を切り取ったような、パンの耳がないようなお話ですが、わたしはそのざっくりした感じが大好きです。


リレキショ
中村 航 著

2014/7/12 読了

この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
2
青森在住。1989年 青森生まれ。筑波大学卒。青森観光、終活、就活関係などなどwebライター。たまに冊子エディター。個人的興味は生き方、働き方、生涯学習、教育、思考、メディアなど。コーヒーとお肉が好きです。 マガジンにて短編的エッセイ文章も発信中。

こちらでもピックアップされています

雑食小娘の読了記録
雑食小娘の読了記録
  • 4本

印象に残っている書籍の記録です。 ジャンルは新書、雑誌、児童書、小説…雑食です。 図書館司書だったときの記録から、今までのいろいろ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。