margrete@高校世界史教員
するする読める~『烏百花 白百合の章』(阿部智里)
見出し画像

するする読める~『烏百花 白百合の章』(阿部智里)

margrete@高校世界史教員

阿部智里の「八咫烏シリーズ」の外伝の2冊目です。

↑kindle版


一言で感想をまとめるなら、するする読める作品です。前の『烏百花 蛍の章』でも、同じことを思いましたが。もちろんするする読めること自体は良いことなのですが、するする読んだ挙句、あまり心に残る部分がないとも言えます。


本編に盛り込めない、まさに外伝にあたる話の短編集です。確かにこれらの作品があることで、本編の裏側の事情が分かり、本編の理解が深まる部分もあります。反面、本編から零れ落ちるエピソードだからこそ、書かれなくても良いかなという話もありました。あえて、どれが本編の理解を深める作品で、どれが書かれなくても良かったかもと思うかは、書きませんが。


印象に残ったのは、まずは「あきのあやぎぬ」の中のエピソード。西家の御曹司の妻たちの着道楽は、ただの贅沢ではない、ということが語られます。というのは、「職人達に、縫い心地や、着心地などの感想を送る」、「よりよいものを提供するため、新作の反物は西家全体で試すことに決まっている」、「大量の装束を作り、その縫い心地や使いやすさを職人達へ伝えることで、西家の着道楽は歓迎されている」からです。

現代世界のセレブの皆さまの贅沢も、経済を回すだけではなく、そういう意味もあるのかなと思いました。


「おにびさく」の、「すぐに出来るようになった技はぞんざいにされる。長い時間をかけて出来るようになった技は、大切にされる」という言葉も印象的でした。勉強でも、例えば英語の文法とかで分からない部分があり、苦労して理解すると、完全に身に着いて忘れないので。


話全体として印象的だったのは、「なつのゆうばえ」。本編だと正直何を考えているのかよく分からず、そもそも登場シーンもあまりなくて不気味なキャラだった、以前の大紫の御前の若かりし頃が語られます。この話を読み、彼女の人間らしい面が伺えました。


見出し画像には、最終章の「きんかんをにる」にちなみ、金柑の写真を使わせていただきました。


↑単行本



この記事が参加している募集

推薦図書

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
margrete@高校世界史教員

記事の内容が、お役に立てれば幸いです。あなたのサポートはすべて、自由に旅行に行けるようになった時に行く旅行の軍資金に変わります。

margrete@高校世界史教員
非常勤講師として複数の学校での勤務経験がある、現役の教員です。専門は世界史です。