ひなまつりに思う。女に生まれて、女を愛して。

ひなまつりに思う。女に生まれて、女を愛して。

まなき

今日はひなまつり。
私は三姉妹の長女。
雛人形は、実家にある。

実家はいわゆる「汚実家」で、
物がめちゃくちゃたくさん溢れ、
めちゃくちゃ汚い。

雛人形は私が小学生の頃から、
ずっと、出されたままになっている。

かろうじてティッシュで顔を隠しているが、
あまりにかわいそうだ。

けど、しまう場所もないし、
そもそもその前に立ちはだかる色々な物で、
雛人形の移動は困難である。

雛人形を出しっぱなしにすると、
婚期が遅れると言われるが、
私は今年33になるが、未婚で、
あながち間違ってはいない。

けど、妹2人はもう嫁いでいるから、
まぁ雛人形のせいではないだろう。

私には今、恋人はいない。

かつて恋人がいたこともある。

相手が男性なこともあったが、
女性なこともあった。

バイセクシャルだとか、
同性愛だとかのくくりと言えばそうかもしれないが、
そこには違和感を感じる。

たまたま好きになった人が、
たまたま女性だったというだけで。

きっと彼女が男性だったとしても、
愛しただろうと思う。

彼女が男性であったら、
もしかしたら。

今の日本の法律では、
同性では結婚ができない。

そういった意味では、
きっと彼女が男性であれば、
結婚を考えたのかもしれないし、
結婚をしていたのかもしれない。

だけど、それはやっぱり違う。

同性愛だろうと、異性愛だろうと、
愛が生まれることもあれば、
愛が途切れることもある。

だから、今、私は一人なのだ。

もちろん雛人形のせいでもなく、
相手が女性であったからでもない。

女に生まれたら、
男と結婚をし、
子供を産み、
育てる、

それが人間の義務であると言われる、なら、
私はダメな人間である。

女に生まれて、
女を愛することが、
生産性がないなど言われる世の中。

私は今のところ生産性のない、非国民なんだろう。

だけど、
それでも生きていく。

生産性がないと咎めることより、
幸せな人を増やすことの方が大切で、
それでこそ生産性が上がるはず。

私はこのまま「生産すること」ができないままだとしても、
その分、誰かを助けられる人になりたい。

妹は17で子供を産んだ。

「子供が子供を産みやがって」
と、見知らぬ人にベビーカーを蹴られたことがあった。

子供が子供を産んでも、
親だけで育てるだけが子育てではないと私は思う。

家族で一緒に育てたその子は、
この春、中学2年生になる。

よくここまで育ってくれたと思うし、
「子供が子供を産みやがって」
なんて言ってきたあの人より、
ずっとずっと、立派に育ったと思う。

生産性とは何なのか。

子供を産んでいない私には語る資格がないのかもしれない。

それでも、

この子が幸せになるといいなと願い、
寄り添い、今を迎えられていることは、
生産を支えたことにカウントしてもらえないのだろうか。

子供が子供を産んでも、
親だけで育てられなくても、
みんなで育ててもいいんじゃないの?

人の価値を、生産性がなんちゃらと切り捨てることより、
よほど意味のあることだと自分では思う。

女に生まれて、
誰を愛そうが、
愛さまいが、

女に生まれてよかったと、
私に生まれてよかったと、

そう思いたい。

そう思える自分であれるように、
今日も生きている。

まなき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
まなき

いただいたサポートは、書き続けるための軍資金にさせていただきます…!

スキありがとうございます!嬉しい…!
まなき
書く描くつくるで生きる人になりたい。文化服装学院卒業生。アパレルデザイナーや生産管理、オーダーメイドやお直し職人経て現在無職。服とハロプロとおいしいものが好き。衣食住ブログ「まなきのなるようにするさ!」→https://manakiteruko.com お仕事ぜひご相談ください◎