放課後まほらbo

一般社団法人 東京学芸大Explayground推進機構のlabの一つ。「まほら」とは、「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という意味の日本の古語です。子どもにとって、親にとって、地域にとっても素敵な「放課後のまほら」を探究します。

放課後まほらbo第九話 「遊び」とは

【第九話】 ■遊びの3つの側面 ■身体的あそび ■認知科学で遊びを考える 放課後まほらboでは、「あそびは、最高の学び!」の構造化をすすめ、遊びを科学することで、こど…

人間さえいなければ地球は美しい?

こんにちは。「まほらbo」で国語を指導しているゆか先生です。6月のテーマは「環境」でした。まずはスライドで問題提示。 1 美しい自然、生き物のスライド、動画  子ど…

放課後まほらbo第八話 あそびの科学

【第八話】 ■あそびの危機 ■日本では ■あそびの復権   放課後まほらboでは、「あそびは、最高のまなび!」の構造化をすすめ、あそびを科学することで、子どもの成長と…

放課後まほらbo第七話 自己調整学習の効果

【第七話】 ■灘校の教育実践 ■求められている力 ■まほらboでの効果 放課後まほらboでは、子どもの自立した学習を目指し、自己調整学習の力を大切に育てることにしていま…

放課後まほらbo第六話 学習を支える鍵「メタ認知」とは

【第六話】 ■自分との対話 ■メタ認知の役割 ■メタ認知の育み方 放課後まほらboでは、子どもの自立した学習を目指して、「自己調整学習の力」を整えるため、自立の基礎と…

放課後まほらbo第五話「学習方略」が意欲を支える

【第五話】 ■オレ流という学習方略 ■「学び方」を学ぶ ■学び方と自己効力感 放課後まほらboでは、子どもの自立した学習を目指して自己調整学習の力をつけるため、「学び…