先制平和

南場のトップ目で先制平和のみをリーチすべきか?(後編)

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北 みーにん

 今回の記事は前週に公開した記事(https://note.mu/mahjong_math/n/nc0eb594561d1)の続編となります。前編の有料部分を前提として話を進めているので、そちらも併せて購入していただかないと理解するのが難しいかもしれません。

目次

・例題
(1) 基礎知識

(↓この先有料記事)
(2)2着目との点差を動かした場合
(↓ここからが今回の後編)
(3) 残り局数と親の位置を動かした場合
(4) 巡目を動かした場合
(5) 待ちの種類と見た目の待ち枚数を動かした場合

(3) 残り局数と親の位置を動かした場合

この続きをみるには

この続き: 1,890文字 / 画像3枚

南場のトップ目で先制平和のみをリーチすべきか?(後編)

麻雀数理研究会

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
私たち麻雀数理研究会は、麻雀に関する調査、数理的研究を行い、その結果を公開することで、麻雀文化を発展向上させることを目的とする団体です。代表はみーにん、会員はとつげき東北とnisiです。よろしくお願いします。

この記事が入っているマガジン

麻雀データ・戦術に関する記事
麻雀データ・戦術に関する記事
  • 61本

麻雀数理研究会の研究成果を著した記事です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。