マガジンのカバー画像

「時空を超えて出会う魂の旅」特別編

57
あらゆる過去世で、共に生きた私達。 今世、再会。 その奇跡に感謝しつつ、綴ります。
運営しているクリエイター

記事一覧

魂の縁に感謝(「時空を超えて出逢う魂の旅」特別編~印度支那~)

noteの皆様へ、感謝申し上げます。 私は、古の物語をもう一つ、この場を借りて共有できました…

272

「時空を超えて出会う魂の旅」特別編~印度支那㉝~

東南アジアのある地。 出家を経て、戒名「慧光」を私は授けられ”巨大寺院”に入門。 隣国の僧…

81

「時空を超えて出会う魂の旅」特別編~印度支那㉜~

東南アジアのある地。 出家を経て、戒名「慧光」を私は授けられ”巨大寺院”に入門。 隣国の僧…

90

「時空を超えて出会う魂の旅」特別編~印度支那㉛~

東南アジアのある地。 出家を経て、戒名「慧光」を私は授けられ”巨大寺院”に入門。 心通う少…

103

「時空を超えて出会う魂の旅」特別編~印度支那㉚~

東南アジアのある地。 出家を経て、戒名「慧光」を私は授けられ”巨大寺院”に入門。 心通う少…

87

「時空を超えて出会う魂の旅」特別編~印度支那㉙~

東南アジアのある地。 出家を経て、戒名「慧光」を私は授けられ”巨大寺院”に入門。 心通う少…

98

「時空を超えて出会う魂の旅」特別編~印度支那㉘~

東南アジアのある地。 出家を経て、戒名「慧光」を私は授けられ”巨大寺院”に入門。 心通う少年、「空昊(空)」、隣国の僧「碧海」と出会う。 新たな戒名「光環」を名乗り、故郷への旅に出る。 光環は、巨大寺院に向けて発つことを定めた。 支度はすぐに整った。 僧である光環、空昊は、その肉体以外に所持品が無いからだ。 しかし近隣寺院の都合があり、今しばらく蓮花の父母の家に滞在していた。 出発前に、母同然の茉莉と、もう少し話をしたかった。 茉莉の息子を介すことになるが、今生の別れと

「時空を超えて出会う魂の旅」特別編~印度支那㉗~

東南アジアのある地。 出家を経て、戒名「慧光」を私は授けられ”巨大寺院”に入門。 心通う少…

108

「時空を超えて出会う魂の旅」特別編~印度支那㉖~

東南アジアのある地。 出家を経て、戒名「慧光」を私は授けられ”巨大寺院”に入門。 心通う少…

108

「時空を超えて出会う魂の旅」特別編~印度支那㉕~

東南アジアのある地。 出家を経て、戒名「慧光」を私は授けられ”巨大寺院”に入門。 心通う少…

103

「時空を超えて出会う魂の旅」特別編~印度支那㉔~

東南アジアのある地。 出家を経て、戒名「慧光」を私は授けられ”巨大寺院”に入門。 心通う少…

104

「時空を超えて出会う魂の旅」特別編~印度支那㉓~

東南アジアのある地。 出家を経て、戒名「慧光」を私は授けられる。 ”巨大寺院”に入門。 心…

105

「時空を超えて出会う魂の旅」特別編~印度支那㉒~

東南アジアのある地。 出家を経て、戒名「慧光」を私は授けられる。 ”巨大寺院”に入門。 「…

102

「時空を超えて出会う魂の旅」特別編~印度支那㉑~

東南アジアのある地。 出家を経て、戒名「慧光」を私は授けられる。 ”巨大寺院”に入門。 「賢彰」率いる兄弟子集団と、波乱に満ちた修行生活を送る。 心通う少年、「空昊(空)」と出会う。 巨大寺院に訪れた隣国の僧、「碧海」と出会う。 隣国寺院からの査察団の一人として碧海尊師が巨大寺院に来て。 勉強会を開催してから、ほぼ一年が経った。 巨大寺院内は再び、修行に励む僧の寺院となっていた。 勉強会に僧を増やしても、さわり無いと判断をしたのだろう。 碧海尊師は、勉強会に新たに入会した