見出し画像

「経営の新しいスタンダード」の伝道師となる。ログラス営業部の3年間とこれから

株式会社ログラスが運営する「Loglass 経営管理」は2023年7月に3周年を迎え、サービスの実績としてはARR前年比3.2倍などを実現しています。

しかし、これまで公式noteでは、成長を支える各チームの舞台裏をお届けできていませんでした。
2023年3月に新プロダクトビジョン「MAKE NEW DIRECTION」を掲げ、ARR3.2倍を実現した「Loglass 経営管理」の土台には、どのようなチームが手を取り合っているのでしょうか。

この記事では、営業部 マネージャー・佐々木仁保に話を聞き、3年間のあゆみやチームの視点について紐解いていきます。

▼話を伺った人物
株式会社ログラス 営業部 マネージャー 佐々木仁保
新卒で大和証券株式会社に入社し、中小企業や富裕層向けの金融商品セールスを担当。その後、IT企業に入社し、大手企業を中心に連結会計システムやBIツールといったITソリューションのセールスを担当。ログラスではエンタープライズセールス及びセールスチームの採用活動諸々の立ち上げを担当。その後、営業統括マネージャーとして活躍中。

執筆記事:M-1グランプリ2022に出場して見えたセールスにも共通する大切なこと

お客様の経営課題の解決に伴走するパートナー

ーーまずは、チームの概要についてお伺いさせてください。

佐々木:
ログラスの営業部は、お客様の経営管理や、それにまつわる課題の解決に向けた支援をしています。

経営管理業務には、株主や経営陣はもちろん、経営企画から営業担当まで、社内外問わず多くのステークホルダーが関与します。すると、システム導入やオペレーションの改善など、「Loglass 経営管理(以下、Loglass)」をご導入いただく際の影響範囲も必然的に広くなるため、ご導入担当者様が意思決定をするまでに検討すべき事項も多岐にわたります。

そこで私達営業部は、ご導入担当者様の現行業務を伺いながら、課題の洗い出しや他社事例を踏まえた今後の運用フローの策定などを行います。Loglassの機能に囚われず、お客様のあるべき経営管理像をご一緒にデザインし、多くのステークホルダーの方にご安心いただける運用設計をご提案しております。

在籍しているメンバーとしては、大手メーカーや金融機関、人材業界や通信業界など、各所で大企業向けの法人営業を経験してきたメンバーが活躍しています。

ーー3年間のチームの歩みについて教えてください。

佐々木:3年前は代表取締役CEOの布川1名体制だった営業部も、あっという間に総勢数十名を超える体制となりました。

当初は各人がそれぞれお客様の声を拾い、必要に応じて全社にフィードバックする体制でしたが、組織化に伴い、お客様の声を漏らさず社内に持ち帰り、各業種・業態に合わせた最適な経営管理体制や手法を集約したうえでお客様にご案内できるようになりました。

後述するチームミッションにも紐づきますが、日夜「経営の新しいスタンダード」とは何か?をチーム内で考え、共有し、お客様にご案内するなかで、ご提案の機会をいただけるお客様は月間数百社を上回るようになってきました。

ーーこのチームで働く魅力について、教えてください。

佐々木:
ログラスの営業部で働く魅力、それはなんと言っても「お客様の経営に関わる提案ができること」だと思います。

率直にいえば、Logalssは「誰でも売れる」といったプロダクトではありません。というのも、ログラスのセールスには、お客様のビジネスモデルや経営課題を理解する力、そして、プロダクトのみならず「ログラスという会社自体が課題解決のパートナーである」と信頼いただくための関係構築能力が求められます。

これは難しいことですが、間違いなくセールスとしての地力を養うことができますし、様々なバックボーンを持つメンバーから各々の強みを吸収する機会が豊富にあるため、ログラスにご入社いただいた際には必ずセールスとして成長を感じられる機会をご提供できると思います。

「経営の新しいスタンダード」の伝道師となることが使命

ーーチームのミッションについて教えてください。

佐々木:営業部のミッションとして、下記のフレーズを標榜しています。

私たちは「経営の新しいスタンダード」を伝道師として世に広めていかなければいけない。それは最早使命である。

コーポレートミッションである「良い景気を作ろう。」を実現するために、私たち営業部は日本企業が非連続な成長を実現するような「経営の新しいスタンダード」を見い出し、伝道師として世に広めていくことをチームミッションとして掲げています。

このミッションにもとづいて「新しいスタンダードとは何か?」をメンバーそれぞれが問いかけあっています。その問いの中で出てくる新たな手法の種をお客様にご提案し、共感いただけるものを一つずつLoglassに取り入れる。最近はそのサイクルが徐々に生まれ始めています。

ーーチームの価値観やカルチャーについて教えてください。

佐々木:「自分たちが会社のT2D3(※)へのモメンタムを牽引する」という意識を全員が持っており、メンバーは皆、それを強く意識しています。
エンジニアがどれだけ良いプロダクトを作ってくれても、マーケティングチームやインサイドセールスチームがどれだけ良いリードを作ってくれても、セールスチームが結果に繋げられなければ、Logalssの価値をお客様に届けることもできなければ、会社のモメンタムを生み出すこともできないからです。

また、そのような、個人の数値に対するこだわりが強い一方で、会社全体や、チームのために貢献したいという想いを持った人が多いです。「自分の数字さえ達成できればよい」という考えではなく、「会社全体が事業成長するために、どうすればいいのか」を追求するのが、ログラス営業部のカルチャーだと考えています。

※SaaSスタートアップ企業の成長スピードを測る指標。サービスをスタートしてからの売上額が、毎年3倍、3倍、2倍、2倍、2倍(Triple, Triple, Double, Double, Double)と上昇し、「5年で72倍」の売上を目指すこと。

ーー「これからのチームの課題」と呼べるものは何だと考えていますか?

佐々木:チームの人数はこの3年で急拡大していますが、今後も引き続き組織の拡大を予定しています。それに応じた体制づくりは、今後も大きな課題になると考えています。経営の新しいスタンダードを見い出し、伝え続けられる組織であるためのオペレーションの整備、管理システムの導入、マネジメントラインの強化などは急務であると考えています。

ーーこれから、どんなチームを作っていきたいか。どんなことを意識していきたいかを教えてください。

佐々木:メンバー全員が常に、コーポレートミッションの「良い景気を作ろう。」やチームミッションの「経営の新しいスタンダードを世に広げていく」と向き合い続ける。そんなチームを作っていきたいと考えています。

日々のKPIに追われる中で視座が低くなってしまうことの無いよう、チーム内で日々ミッションに関する問いかけを行っていきます。既存メンバーはもちろん、新たにジョインしてくださるメンバーにも、ミッションを理解し、浸透していただくことを意識して活動していきたいです。

ーー最後に、今後このチームで働くことを考えている方にメッセージをお願いします。

佐々木:セールスとして成長したい、大成したい、そんな貪欲な想いを持っている方は、ぜひ同じ船に乗ることができれば嬉しいです。密度の濃い成長を感じられる時間が必ず過ごせる環境だと思っています。

特に、いまの事業フェーズでは「マネジメント経験を積みたい」「エンタープライズセールスで経験を積みたい」「新規事業開発の経験を積みたい」など、様々なベクトルの成長意欲に応える役割をご提供することができます。ご自身の成長を実現しながら、一緒に「良い景気」を作っていきましょう!

【ログラスをもっと知りたい方へ】

▼採用情報(ログラス Job Board)

▼Loglass Contents(ログラスに関する”発信情報” をまとめているページです)

▼ログラス 会社紹介資料

▼ログラスで働いている社員のことを知りたい方はこちらの記事をご覧ください

▼直近の成長率について知りたい方はこちら


この記事が参加している募集

企業のnote

with note pro

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!