『吃音 伝えられないもどかしさ』近藤雄生著
見出し画像

『吃音 伝えられないもどかしさ』近藤雄生著

「どもり」とも言われる「吃音」について、当事者だった著者のフリーライターが、多くの当事者のインタビューを基に、直面する問題や向き合い方を書いた本。

周囲にいるはずなのに、見えない存在にしているのはよくないと思いつつ、何もできてはいないのだが、まずせめて本で知ることから始めたい。

著者も書いているように、「吃音」が「障害」になるのは、社会、人々の受け止め方によるのだと思う。「素早くはっきり滑らかに発声して話す」だけをコミュニケーションの「標準」にすれば、吃音がある人だけでなく、さまざまな人たちが困難を感じてしまう。


この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わ~い!!
舞踊(コンテンポラリーダンス、バレエ、コミュニティダンスなど)/文学(小説、英語小説・洋書)/美術(コンテンポラリーアート、西洋美術)/映画/演劇/旅行/語学(英語、フランス語、中国語) ■ダンス評.com:https://dance-review.amebaownd.com/