Lilith

ミストレスLilithの雑記帳。 BDSM、それは無彩色の倦んだ日々に添えられた彩り。…

Lilith

ミストレスLilithの雑記帳。 BDSM、それは無彩色の倦んだ日々に添えられた彩り。 私が私でいられる場所でもあったり 私に服従を誓う奴隷たちに幸多からんことを 大阪十三 クラブドミナにおります。

記事一覧

ニッチなフェチはとにかく愛でたい

皆様ご機嫌麗しゅう でもわたくしはご機嫌麗しくございません 毎年6月、というより梅雨時は気圧のせいか 頭痛持ちの私には鬼門でございます。 特に雨が降る前の 鉛色の…

Lilith
1日前
1

濃いめのオンナのにほひ

久々の更新です。 前回の答え合わせは… 【マゾの数だけ答えがある】 ですね。 「私が好きなのは◯◯なの。私と合わないなら最初からお断りね!」 というスタンスももち…

Lilith
7日前
1

春の夜、徒然なるままに

最近、色んな場所でSとかMという言葉を耳にする機会も多いのですが… それに関しての是非はここでは問いません。 ただ、あくまでも私の見解として認識頂ければと思います…

Lilith
2か月前
4

Interestingly

一応、X(twitter)もアカウント開設したのだけれど 実は私、「今◯◯してまーす!」系の投稿はあまり得意ではなかったりして… 自分にとって興味をそそられる事には知的…

Lilith
2か月前
5

週末女王様

私、普段は会社員をしていますの。 ですから、ボンテージスーツに身を包むのは週末だけになると思いますの。 週末の楽しみの為に、平日はお仕事をコツコツ、黙々と。 週…

Lilith
2か月前
4

鏡の中の悦楽

はじめましての方ははじめまして 女王様と聞いたらあなたはどんな人を連想するんでしょうね。 ボンテージにハイヒールで鞭とローソクを持って、M男に恫喝している怖い女…

Lilith
2か月前
7
ニッチなフェチはとにかく愛でたい

ニッチなフェチはとにかく愛でたい

皆様ご機嫌麗しゅう

でもわたくしはご機嫌麗しくございません

毎年6月、というより梅雨時は気圧のせいか
頭痛持ちの私には鬼門でございます。

特に雨が降る前の
鉛色の空模様と湿気を多く含んだ纏わりつくような空気の時は頭が重くて仕事が捗らないのですよ。
(そういう時に限って面倒な案件が次々と持ち込まれたりというのも安定のいつものパターン)

そんな時は気分転換に一服つけられたら、とも思うのですが

もっとみる

濃いめのオンナのにほひ

久々の更新です。

前回の答え合わせは…
【マゾの数だけ答えがある】
ですね。

「私が好きなのは◯◯なの。私と合わないなら最初からお断りね!」

というスタンスももちろんありといえばありなんだけど
一概にそうとも言い切れないのですよ。

どんな私になるかはマゾ次第よ?笑

とは言ったものの、私のやりたいように好き勝手にやる時もあるかもしれません。

私、気分次第で動くから
言動にも一貫性が無かっ

もっとみる
春の夜、徒然なるままに

春の夜、徒然なるままに

最近、色んな場所でSとかMという言葉を耳にする機会も多いのですが…
それに関しての是非はここでは問いません。

ただ、あくまでも私の見解として認識頂ければと思いますが、
そもそもSとはsadism、Mとはmasochismの意味なんですが
昨今では男女のラブアフェアに於いて
責める側がS
受ける側がM
という解釈が一般化していますが
なんだかイマイチ腑に落ちないというか
そういう事じゃないんだけど

もっとみる
Interestingly

Interestingly

一応、X(twitter)もアカウント開設したのだけれど

実は私、「今◯◯してまーす!」系の投稿はあまり得意ではなかったりして…

自分にとって興味をそそられる事には知的探究心を掻き立てられるのですが
興味のない事にはとことん無関心なので

諸説紛々な無数の情報が交差する、というより濁流のように押し寄せてくる事も少なくない、SNSには少し苦手意識があります。

自分にとって興味のない情報をシャッ

もっとみる
週末女王様

週末女王様

私、普段は会社員をしていますの。

ですから、ボンテージスーツに身を包むのは週末だけになると思いますの。

週末の楽しみの為に、平日はお仕事をコツコツ、黙々と。
週休3日制の部署もあるのだけれど
部署によりけりだから

私の部署はそうじゃないのがちょっと悲しい

人間、週に5日も働くなんて、働き過ぎではないかと思いますの。
一日8時間もお仕事をして、それで週に5日って
酷いわよねえ。

週に5日も

もっとみる
鏡の中の悦楽

鏡の中の悦楽

はじめましての方ははじめまして

女王様と聞いたらあなたはどんな人を連想するんでしょうね。

ボンテージにハイヒールで鞭とローソクを持って、M男に恫喝している怖い女性を想像する人が多いのではないかしら。

もちろんそういう女王様もいらっしゃいますけど
必ずしもそういうタイプとは限らないと思います。

他者の目に自分がどう映っているかを推察するのはなかなか興味深いものです。

対峙している相手は常に

もっとみる