見出し画像

夢があってもいいじゃない。

僕には夢がある。

それもたくさん。

40歳にもなって「夢がある」なんていうと、少し子どもじみているように聞こえるかもしれない。

そういえば、あまり周りの友人や知人から「夢がある」というセリフを耳にしない。

それは、夢がないのか、それとも言わないだけなのか僕にはわからないが、どちらにしろ、人はいつしか大人になると「夢がある」なんて気安く人前で言わなくなるようだ。

ただ、僕は誰かが自分の夢の話をして、それを馬鹿にしたり、否定したりするような人とは友達にはなりたくない。そして、なる必要もない。

僕は、今現在、会社経営者である。

でも、一生、会社経営者でいなければならないとは思っていない。

20代でビジネスと出会い、趣味のように没頭した。

そして30代で起業し、日本から飛び出し、日本とインドネシアで事業を行なった。

そして、これからはインドネシアだけでなく、タイ・ベトナム・シンガポールで新しいビジネスを立ち上げたいと思っている。

ただ、これは僕の夢ではない。

目標だ。

目標は目標であって、夢ではない。

目標は道筋が見えている。 「こうやれば、こうなるはずだ。」というシナリオを描き、徹底して下準備をし、プロジェクトとして進めていく。

しかし、夢には道筋なんてものはなくていい。心の真ん中で「こうなりたい」とか「やってみたい」という感覚的なものでいい。

子どもが「アイドルになりたい」とか、「宇宙飛行士になりたい」とか、「お医者さんになりたい」とか言うように、思うがままに描けばいい。

夢が叶うか叶わないか、なんてそんなのはどうでもいい。

ちなみに、僕は会社経営者を卒業したら、小説家になろうと思う。

なぜなら、文章を書くことが好きだし、頭の中で物語を考えることが好きだから。

また、世界中の素敵な場所に住んでみたいという夢もあるので、そんな場所に住みながら、いろんな景色を見て、感じて、触れて、小説を書けたら最高だと思う。

さらに、自分のデザインでゼロから家を建ててみたいし、地元の仲間とハーレーを乗り回すおじさんにもなりたい。少年野球の監督になるのもいい。

てな感じで、僕の夢はまだまだ沢山あるんだけれど、僕はその夢を全部を叶えようとマジで思っている。

当然、叶えるためには、やるべきこともあって、そのやるべき事が前述した目標と合致してくる。

だからこそ、目標がより明確になるし、夢との終わりのない追いかけっこが楽しくなる。

それがいわゆる、「生きがい」なんだろうと思う。

皆さんはどうですか?

夢はありますか?

では、また。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
19
Like us co., LTD 代表取締役 / PT LIKE US BALI CEO / PT MIMPI BIRU BALI CEO/ 海外起業家 / 10歳ふたご娘のパパ/ 海外・リゾートウェディング /家族・仕事・生き方、その全てを自分らしく。

こちらでもピックアップされています

日々僕想う
日々僕想う
  • 24本

「自分らしく生きる勇気」を人生のメインテーマに、ビジネスもプライベートも自由に、楽しく生きている僕の日々思うことを綴る日記。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。