株式会社ライトハウス

漁業者に向けたプロダクトの開発運営を行っているスタートアップです。 ISANA:https://isana.lighthouse-frontier.tech/ WaaF:https://waaf.jp/ 運営会社:https://lighthouse-frontier.tech/

株式会社ライトハウス

漁業者に向けたプロダクトの開発運営を行っているスタートアップです。 ISANA:https://isana.lighthouse-frontier.tech/ WaaF:https://waaf.jp/ 運営会社:https://lighthouse-frontier.tech/

マガジン

  • ライトハウスからのお知らせ

    ライトハウスの活動報告やスタッフのブログをお届けします。

  • 【WaaF】サービス導入事例

    ライトハウスの人材採用支援サービス「WaaF」を導入している会社様の事例や、本サービスをきっかけに漁師になった方の声をお届けしています。

  • 【ISANA】サービス導入事例

    各船団のISANAの使い方をご紹介しています。 船団様によってさまざまな使い方があり、われわれメーカー側としてもとても勉強になることばかりです。

  • 水産NEWS

    水産業界に関する最新ニュースや役立つ情報をお届けします。

  • 【WaaF】サービス紹介

    人材採用支援サービス「WaaF」について、私たちの行っている取り組みをご紹介します。

最近の記事

エンジンの様子が遠隔でわかる「最新鋭の漁船」を紹介|長崎県 大中型まき網船団 海興水産株式会社の例

今回はライトハウスと協力して機関室の遠隔モニタリングシステムを導入した、長崎県の大中型まき網船団 海興水産株式会社の冨田さんにお話をお伺いしました。 同社の運搬船・第五十八神陽丸では、エンジンの回転数や冷却水の温度などをデータ化し、遠隔で常に値を監視しながら日々の保守管理に役立てています。 今回はそんな同社の最先端の漁船に導入されているシステムの事例をお届けします。 遠隔モニタリングシステムを導入した理由LH)冨田さん、本日はお時間をいただきありがとうございます! まず

    • 【次世代型衛星通信】スムーズなコミュニケーションがもたらす効果とは?福島県 まき網漁業 (株)酢屋商店の例

      今回はライトハウスが提供する次世代型衛星通信「イリジウム サータス」をご利用いただいている、福島県の酢屋商店さんにお話を伺いました! 同社ではイリジウムサータスの導入後、船と陸のスムーズなコミュニケーションができるようになり、日々の業務に役立っているそう。 今回は実際に沖で使用している株式会社酢屋商店 第一寿和丸の漁労長、局長と、同社で漁労部門の管理業務担当する白土さんにお話をお聞きしました! 衛星通信はどういう使い方をしていますか? 漁労長)カツオやマグロを獲りにい

      • ライトハウスのメンバーを紹介!全国の港を駆け回る熱い漢たち【セールスチーム編】

        こんにちは、ライトハウスです! 私たちは「未知を拓く」をテーマに、漁業者の皆様の役に立つサービスを作るIT企業です。 IT企業というと一日中机でパソコンと向き合っている印象を持つかもしれないですが、わたしたちは実際に会って話を聞く、アナログのコミュニケーションをとても大切にしています。 その中でもまだ面識のない漁業者さんとお話し、関係構築の第一歩となるコミュニケーションをとっているのが「セールスチーム」。 一般的にセールス=営業ですが、ライトハウスのセールスチームはた

        • 【WaaF】優秀な人材が集まる船団の採用戦略とは!?愛媛県 まき網漁業 大祐漁業株式会社の例

          今回は人材採用支援サービス「WaaF」をご利用いただいている、愛媛県の大祐漁業さんにお話を伺いました! 同社ではサービスの導入後、1年で10人以上の船員を採用しています。 今回は実際に入社した新人漁師さんと、同社で人事業務を担当する岡島さんにお話をお聞きしました! これまでの採用活動LH)大型まき網を3ヵ統もつ大祐漁業さんですが、もともと人材の不足はあったのでしょうか? 岡島)うちは総勢150名ほどいますが、近年は外国人実習生の割合が増えています。 実習生のおかげで船

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ライトハウスからのお知らせ
          株式会社ライトハウス
        • 【WaaF】サービス導入事例
          株式会社ライトハウス
        • 【ISANA】サービス導入事例
          株式会社ライトハウス
        • 水産NEWS
          株式会社ライトハウス
        • 【WaaF】サービス紹介
          株式会社ライトハウス
        • 【ISANA】サービス紹介
          株式会社ライトハウス

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【期間限定】次世代型衛星通信の無料トライアルはじめます

          こんにちは、ライトハウスです! 私たちは「未知を拓く」をテーマに、漁業者の皆様の役に立つサービスを作っています。 2022年より沖合遠洋漁業をもっと便利にするための下地づくりとして、次世代型衛星通信の取扱いをスタートしました! 従来型の衛星通信よりも快適かつ低コストで使えるということで、これまで多くの漁業者様よりお申し込みやお問い合わせをいただいております。 しかし、次世代型と聞いただけでは「これまでと何が違うのかよくわからない」「導入してどれぐらい便利になるのか想像

          乗船初日から船長になれる!ISANAが可能にする「実践教育」とは|徳島県 二艘曳網船団 (有)竹内水産

          徳島県の有限会社竹内水産では、新しい世代の育成にISANAを有効活用していただいています。 今回は同船団にて入社した初日から運搬船の船長を任されている谷脇さんと、次世代を担う若手漁師の村上さんにお話をお聞きしました。 いきなり船長になっていかがでしたか?LH)谷脇さんお久しぶりです!ISANA設置の日にお会いしてから約1年ですが、あれからお仕事は慣れましたか? 谷脇)最初はほんまに何もわからんかったけど、今はようやく慣れてきたかなー。 LH)順調そうで良かったです!そ

          ライトハウスが提供する「次世代型衛星通信」とは!?沖合遠洋でも気軽にLINEが可能に

          こんにちは、ライトハウスです! 私たちは「未知を拓く」をテーマに、漁業者の皆様の役に立つサービスを作っています。 弊社2018年よりISANAの提供をスタートし、船団内のコミュニケーション改善や、操業データの活用を可能にしました。 現在は多くの沿岸漁業者から支持を頂いている一方で、電波が届かない沖合遠洋についてはまだまだ未知の世界が広がっています。 沖合遠洋における未知を拓くためには、まず通信のベースとなる衛星通信の環境を整えていかなければいけません。 今回はその第

          中型まき網漁業の操業方法とは!?各地で使われる最新設備も紹介

          日本には約15万人の漁業者がおり、全国各地でさまざまな漁法にて操業を行っている。 今回はその中の西日本の沿岸まき網(19t)に焦点を当てて、操業方法を紹介していく。 ※本記事は海ペディアとの連携コンテンツです 基本構成網船1隻:12~15人乗り 運搬船2~3隻:2~3乗り/隻 灯船兼探索船1~2隻:1~2乗り/隻 船や乗組員の数は地区によって違いがあるものの、おおむね20~25人程度で船団が構成されていることが多い。 操業準備、漁場への移動まき網漁業では多くの船

          ライトハウスの新たな取り組みを紹介!漁業現場の課題を解決する最新技術とは

          こんにちは!ライトハウスです。 私たちは「未知を拓く」をテーマに、水産海洋業界における課題を解決するべく活動しております。 これまでは多くの方々に支えられながら、漁業者向けITサービス「ISANA」や、人材採用支援サービス「WaaF」といった事業を展開してきました。 今回はそんな弊社が現在開発をすすめている、全く新しい取り組みをご紹介します。 低価格でカスタマイズ可能なドローンボート現在ライトハウスでは、近い将来の実用化に向けたドローンボートの開発を行っています。

          ライトハウスの活動を紹介!水産業の課題を解決するITサービスとは

          こんにちは!株式会社ライトハウスです。 私たちは「未知を拓く」をテーマとして、水産海洋業界における課題をテクノロジーを活用して解決するべく創業したベンチャー企業です。 おかげさまで創業から5年目を迎え、日本全国の水産業に関わる方々とお仕事をさせていただくようになりました。 今回はそんな私たちが展開するサービスと、普段行っている活動をご紹介したいと思います。 職場は全国の海ライトハウスは前述のとおり、水産業界の課題と向き合うIT企業です。 創業者3人が集まり「未知を拓

          【ISANA】次世代漁師への英才教育に|広島県 二艘曳網船団 (有)作田水産の例

          今回は広島県呉市にある(有)作田水産の作田社長にお話をお伺いしました。 当船団では漁労機器としてだけではなく、息子さんの英才教育にもISANAを活用して頂いています。 LH:今日はお時間いただきありがとうございます! 作田さんといえば、去年ISANAを導入させていただいたとき、小学生の息子さんがタブレットを興味津々に触っていたのが印象的でした。 あれから1年、息子さんはスーパー漁師への階段を順調に登っているみたいですね! 作田:うん、学校が休みの日は俺の船に乗せて朝から沖

          【ISANA】船団のチーム力を最大化する操業方法とは|大阪府 二艘曳網船団 淀川丸の例

          今回は大阪湾で操業する二艘曳網船団 淀川丸の北村さんにお話をお伺いしました。 当船団ではすべての船にISANAを設置し、船団のチームワークを最大限に生かした操業を行っているそうです。 LH「お時間いただき有難うございます。本日は所有隻数3隻全てにISANAの機器を取付ていただくメリットについてお伺いしたいと思います。宜しくお願い致します!」 北村「うん。」 LH「北村さんはどちらの船に乗られていらっしゃいますか?」 北村「僕は真網に乗っています。」 LH「どういう

          【ISANA】お気に入り登録機能を活用した操業方法とは|兵庫県 二艘曳網船団 中徳水産の例

          今回は兵庫県岩屋で操業する二艘曳網船団 中徳水産の中山大輔さんにお話をお伺いしました。 当船団はISANAの「お気に入り登録」機能を有効に活用した操業を行っています! 今回は中山さんにお気に入り機能がどう操業に活かされているのかを伺ってきました。 LH:こんにちは。今日はお疲れのところお時間いただき有難うございます! 大輔:全然いいですよ。^^ LH:早速お気に入り機能について取材させていただきたいのですが、その前にまず中徳水産様の船団の構成をお伺いできますでしょう

          【ISANA】ポイント登録機能を活用した操業方法とは|東海地方二艘曳網船団の例

          今回は東海地区で操業する二艘曳網船団にお話をお伺いしました。 当船団ではISANAマップ機能にある「ポイント登録」を有効に活用して漁を行っています! LH「◯◯丸さんがISANAを導入いただいた経緯を再度お聞かせください。」 漁労長「魚群を探すのに、3隻が違う所を探し共有できるようにだね!漁場の西から東へと分かれて探すときもあれば、3隻が並んで同じようなポイント探すときもある。」 だいたい朝の2時ごろに港を出ていって、5時に網を入れるまでに魚の反応がどのあたりに出るの

          【ISANA】等深線を活用した漁場探索|九州地区まき網船団の例

          今回は九州で操業するまき網船団の漁労長にお話をお伺いしました。 当選団ではISANAのマップのオプションである等深線を使用し、効果的な探索を行っているそうです。 LH「ISANAの等深線は操業にどう活かされていますか?」 漁労長「自分は本船に乗っていますが、漁労長として探索船が何mの筋に沿って走っているかを把握したいと思っています。探索をする際に水深を意識することはとても大事だと思っているので、各船の船長にはどういう魚種がどういう稜線にいるか、等深線を見ながら目的を持っ

          【ISANA】ネットワークカメラを使った業務改善|島根県中型まき網 (有)共幸水産

          (有)共幸水産は、島根県隠岐地区で操業する中型まき網船団です。 当船団では運搬船にネットワークカメラを導入し、業務改善に役立てているとのこと。 今回は平木社長に導入してどう変わったかお話を伺いました。 LH 「ネットワークカメラはどの船に設置していますか?」 平木 「運搬船に付けています。」 LH 「どなたがネットワークカメラの映像をご覧になられていますか?」 平木 「私(灯船船長)と漁労長(本船船長)が主に見ているね。経理を担当している娘夫婦も私の出張用のタブレ