セミナーの告知ページを作るコツ

こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。

僕が主宰している「自分のシゴト塾」でも、
セミナーの告知ページの書き方をお伝えしています。

告知ページというと、
「このイベントやセミナーでは、何をするのか」
ということを詳しく、書きたくなります。

僕も、かけ出しの頃はそうでした。

でも、実際は、対象となる方の悩みを
しっかり書くことのほうがずっと重要です。

つまり、、
どんな人が、このセミナーに参加すると
どうなれるのか?

これを伝えることが、とても大切なポイントの1つです。

覚えておくといい告知ページの常識


今日は、もうひとつポイントをご紹介します。

知らないと結構やらかしてしまいがちな、
重要なポイントです。

それは、

告知記事の中に、申込みリンク以外のリンクを
はらないこと。

なぜならば、ほかのリンクがあると、
募集ページから外に出て行って、
二度と戻ってきてくれません(涙)

だから本当は、ブログやホームページに
告知記事を載せるのではなく、

ランディングページという
告知専用のページを作るといいんです。

興味のあるお客さん候補となる方が、
着地=ランディングしてくれるページ
なので、ランディングページ。


ランディングページの特徴は、
申込みフォームへのリンク以外は
リンクを載せない、ということ。


だから、メニューバーもないし、
過去記事のリンクもありません。


ランディングページを作るのに
よく使われているもののひとつが、

ペライチという無料の
ホームページ作成サービス
です。

登録すると、1ページは
無料で公開できるので、

イベントの告知ページや
メルマガの登録ページをお金をかけずに
作ることができます。


「自分のシゴト」をしていく上で、
最も重要なのが、興味を持ってくれる
お客さんを増やしていくこと。

そのためには、自分のメディアを
育てることが必須です。


「自分のシゴト」をしていく上で、
必ず必要になるものです。

いますぐ登録してしまえば、
あとはいつでもメルマガやイベントの
告知ページが作れます。

ペライチの登録は、すぐできますよ。

必要な方はこちらからどうぞ。

この記事が、
「自分のシゴト」を通じて、
理想のライフスタイルを手に入れる
お役に立てばうれしいです。

ーーー
ただいま、参加受付中!
【7日間 無料メール講座】
「自分のシゴト塾」自然や暮らしを仕事にしよう!
ーーー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
また、新しい記事書きます〜
1
自然と人の役に立つ「自分のシゴト」をカタチにして、起業したい方向けに、サポートしています。 「好きで得意」を活かして、自分だからできることをテーマに起業するために、役立つ情報をお届けします。 また、参加体験を通じた学びの場を作るためのファシリテーションのスキルをお伝えしています。