勝又康仁 人事と組織開発 HR&OD

“だれもが自己実現できる社会をつくる”。 エン・ジャパンで評価・教育サービス責任者。専門は、組織、人材開発。来春、茅ヶ崎移住。ここでの発言は個人の見解であり所属組織とは関係ありません。 公式note→https://note.com/growthevaluation
固定された記事

組織開発のレベルを高めるためにぼくが実践してきたこと

組織開発はアートである。このことは、以前にnoteに書いたことがある。 組織開発は多様な課題を対象としており、多様なアプローチをとるものだからこそ、その実践の輪郭は…

200

ホワイトすぎて離職?時代に組織開発はどうあるべきか

コロナ禍の影響だからだろうか。新入社員の傾向が昨年と比べて大きく変わっているように思える。どう変わっているのだろうか。それは、以下の記事でも述べられている。 ホ…

人事評価の季節に心掛けたいマインドセット。他者比較でおこなう「相対評価」と過去の自分比較でおこなう「絶対評価」に寄せて。

新しい出会いと別れが訪れる、どちらかというとストレスフルな春という季節に、もうひとつ大きなイベントがやってくる。人事評価である。人事評価は半年、長ければ1年間と…

防衛機制の操り人形としてぼくたちは生きている

今年も早いもので3ヶ月が経つ。1年の4分の1がもうすでに過ぎ去ったと思うと、時の流れの速さに驚嘆する。「気づいたときには後悔しか残らなかった」そんな人生を送らないよ…

『マネージャーの実像』と組織開発、13のジレンマを超えて

はやいもので本格的にマネジメントに従事しはじめて4年の月日が経つ。ぼくが最初にマネジメントを経験したのは27歳の頃だったが、部下は3名で小さな営業所の所長として仕事…

心理的安全性のもうひとつのリアリティ

マネジメント経験が増えるにつれて、どんな人が成長していくかがわかってくる。それゆえに、自分が携わっている人材開発や組織開発という領域で、どんなサービスが提供でき…