leeswijzer

オモテの仕事は生物統計学の研究者,ウラの仕事は進化生物学者です.

鵜飼保雄さんの訃報に接し,かつての記憶をたどる

私が農林水産省の選考採用に合格して,4年半に及ぶ無給の “オーバードクター” 生活に終止符を打ち,つくば市観音台にある農業環境技術研究所(農環研)に赴任したのは,1…

大学非常勤講師の給料をめぐるあれこれ

いま話題になっているはてな匿名ダイアリー「残念ながら大学の非常勤講師の報酬額が安いのは「侮辱」ではない」(2019年11月17日)の記事中に「ある大学の専任教員が別の大…

高座心得 —— 噺と紙芝居について

ワタクシはこれまで数々の “お座敷” で “噺” をする機会を得てきた.参集したお客さんたちに「わざわざ来てよかった」と感じてもらえることが “噺家” としての研究者…

観音台の静かな日々 — 再雇用稼業備忘録

昨年3月に農研機構を退職して,4月に再雇用(「専門員」)の身分となり,はや一年余りが過ぎた.退職前後のことどもについては,備忘メモ書きしておかないときっとそのうち…

姉妹本3冊を書き終えて

2017年4月に出した『思考の体系学:分類と系統から見たダイアグラム論』を皮切りに,2018年4月刊行の『系統体系学の世界:生物学の哲学とたどった道のり』,そして翌5月刊…

蔵書はすべて売り払え

ワタクシもそろそろ年貢の納め時なので,長年にわたって蒐め続けた蔵書の山をどうしようかと考えることが(たまに)ある.最近の世知辛い大学や研究機関に寄付したいと言っ…