TOMOHIKO KYOGOKU

ダンサー・振付家・演出家・京極WORKS(児童教育、発達障がい児療育、指導者育成 担当) https://kyogokuworks.com/ Youtube https://www.youtube.com/channel/UC-rMY93AyYgLDRtnZ0XJNjQ/
    • 「踊れない」ダンサーと「できない」子供たち

      コンテンポラリーダンサー、振付家でありながら長年「踊れない」と感じてきた筆者が、海外での経験や、発達障がい児との出会いの中で、「できない」という事の本質に迫ります。コロナ以降の世の中で、「できない」ことが持つ新たな可能性とは?

    • 地方移住4年目 ダンサー夫婦の “カタチのない生活”

      東京から兵庫県の田舎町に移住したダンサー夫婦が、様々なハードルを乗り越えて地域コミュニティーに入っていくまでの三年間の軌跡をまとめました。 これから地方移住を考えている方や、逆に移住者を受け入れる側の方々にぜひ読んで欲しいマガジンです。

    • コンテンポラリーダンスって何なんですか?

      近年日本でもメディアで取り上げられるようになってきた"コンテンポラリーダンス”とは一体何なのか?コンテンポラリーダンサー・振付家として10年活動してきた筆者が、改めて考えるコンテンポラリーダンス入門編。

    • 「グレーゾーン」発達障がい児とダンサーの交流から見えた世界

      発達障がい児と呼ばれる子供たちと、コンテンポラリーダンサー。「普通」に「できない」、「普通」が「できない」両者が、運動療育を通じて出会ったことで、互いに成長していく過程を綴ります。ダンサーとしての視点、療育者としての視点から、現代の子供たち、親達、私達が抱える「生きづらさ」の本質に迫ります。

固定された記事

京極朋彦(ダンサー・振付家)自己紹介その1

1 ご挨拶 はじめまして。 京極朋彦(キョウゴク トモヒコ)と申します。よく聞かれますが、本名です。 私は東京で生まれ育ち、京都の大学でダンスに出会い、卒業後 ダン…

この記事は
マガジンの購入者だけが読めます。

「踊れない」ダンサーと「できない」子供たち パート2 ~コンテンポラリーダンスと発達障がいの狭間で~

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

地方移住4年目 ダンサー夫婦の “カタチのない生活” パート10(最終回)

<“カタチ”がもたらした“カタチ”のない生活>ここまで、10回にわたり、3年間の私達ダンサー夫婦の地方移住生活を振り返ってきた。 ここに書き切れなかったことも沢山あ…

200

「踊れない」ダンサーと「できない」子供たち パート9(最終回) ~コンテンポラリーダンスと発達障がいの狭間で~

<「踊れない」ダンサーと「できない」子供たち>今まで私は「踊れない」ダンサーでありながら、ダンスで、振り付けで、人々の想像力を掻き立てる仕事をしてきた。 それは…

200

地方移住4年目 ダンサー夫婦の “カタチのない生活” パート9

< 京極WORKS 誕生>奥さんの“体操キー”と私の“アーティストキー”、2つの“ダブルキー”で挑んだ神河町での生活は、三年目を迎えて、少しずつ実を結び始めた。 ところ…

100

「踊れない」ダンサーと「できない」子供たち パート8~コンテンポラリーダンスと発達障がいの狭間で~

<コロナ以降の「普通」とは何か?>過去や現代、自己や他者の間を巡り「普通」とは何か?を探る旅をしてきたこの文章も、いよいよ終盤に入る。 「普通」とは何か?私達に…

100