Kyo Ichida

日本大好きなのにふと気付けば人生の三分の一パリ暮らしのデザイナーです。 デザイン・ウェブ制作会社 ABC Japon 代表取締役。 車イスだけどバンドでドラム叩いたりもしてます。人生無理。 https://www.kyo.com
    • ネコ闘病記

      • 11本

      愛猫ルルちゃん(オス14歳、サイベリアンっぽい雑種、体重10 → 8.5キロ)の口腔内の癌闘病記です。病気のペットを支える人、延命について悩むご家族に少しでも参考になる部分があれば幸いです。

    • 車イスのパリ日記

      • 4本

      脚が不自由なデザイナーがパリで暮らすようになったいきさつと日々について書いています。

片目の犬

ぼくが小学校三年生くらいだった頃、通っていた小学校の近くにときどき片目の犬が出没することがあった。 子供時代にたくさんあった怖いもののひとつだ。 大きな犬だし何し…

5か月前

にゃんこのいない生活

ルルちゃんがぼくたちの世界から去ってひと月が経った。 うちにルルちゃんが居ないなんて、ぜんぜん慣れない。 あれからずっと、長生きさせてあげられなかった敗北感のよう…

1年前

コロナに罹って死ぬ場合の遺言のようなもの

筆者はコロナショックで外出規制が続くフランスに住んで18年になります。イタリアで起きているような医療崩壊がここパリでも起こり、酸素吸入器などの機材が不足すれば、医…

1年前

にゃんこが教えてくれたこと

夜眠っている間、ルルちゃんが物音を立てる度に妻は飛び起きてオシッコの面倒を見たり世話を焼いていたので寝不足気味だった。 4月23日夜、前夜もあまり眠れていないので早…

1年前

うたかたのにゃんこ

点滴と注射をするようになってルルちゃんが安定したことで、期限付きだけれど再び平穏な日々。 苦痛を感じているような素振りはなくなって、注射が効いて調子が良いときは…

1年前

自宅で点滴と注射

ルルちゃんの声を聞いて妻も輸液に同意してくれたので、さっそくいつもの老獣医師に状況を説明して皮下輸液について相談。果たして必要なものを売ってもらえるかどうか。 …

1年前